ベビカムトップ
>
妊娠・出産
>
妊娠6ヶ月
> からだと心の変化

妊娠6ヶ月 妊娠20週,21週,22週,23週(妊娠中期)のからだと心の変化 妊娠6ヶ月

20~23週のころ、おなかがせり出しこむら返りがおこりやすい 妊娠6ヶ月 「ママの状態」

20~23週のころおなかがせり出し、こむら返りがおこりやすい。ほとんどの人が胎動を感じるようになる。

おなかが少しずつ目立ってくるころ

この頃になると、ほとんどの人が胎動を感じるようになっているでしょう。一般に、経産婦さんほど胎動を初めて感じる時期は早く、初産婦さんほど遅い傾向にあるようですが、これは、初産婦さんは「これが胎動だ」と気づくまでにある程度時間がかかる、ということのようです。おなかも少しずつせり出してきますので、重心が変化し、どうしても姿勢が悪くなりがちです。姿勢が悪いと、おなかに負担がかかりますし、腰痛の原因にもなります。意識的に背筋を伸ばし、姿勢を正しく保つように心がけるとよいでしょう。逆に、あまりおなかを突き出しすぎても、腰によけいな負担がかりますから注意してください。
また、この時期の妊婦さんに多い症状として、足の付け根から下腹部にかけて、シクシクとつれるような痛みを感じることがあります。この頃になると、子宮が急に大きくなるために、子宮の筋肉が緊張したり、子宮を支えるじん帯が引っ張られて起こるものです。妊娠の経過が進むにつれて、少しずつ改善されていく痛みですから、あまり心配はいりません。

妊娠中に風邪を引いたら

妊娠中は、薬の成分が胎児に影響を及ぼすことがありますから、自己判断だけで市販の薬を飲むのはやめましょう。風邪薬は症状を抑えるだけのものなので、からだの自然な防御反応を邪魔しないで体力を回復するために、昔から伝わる「生姜湯」や「葛湯」などを飲んでゆっくり休養をとるのがいちばんです。
しかし、高い熱がでたり、頭痛やせきなどのつらい症状が出ている時は細菌やウイルスの感染が考えられるので、妊娠していることを必ず告げたうえで医師の診察を受けるようにしましょう。妊娠中~後期でも、例えば解熱鎮痛剤、湿布薬などにも使用されているインドメサシンは胎児に影響することがありますので、注意が必要です。

2015.8更新

妊娠6ヶ月の体験談

  • 子宮頸管が短く、絶対安静に!旦那のサポートで乗り越えました

    仕事を辞めて主婦業に専念していましたが、妊婦健診で子宮頸管が17~24mmしかないと言われ、絶対自宅安静となりました。
    「食事、トイレ、洗面、シャワー以外はできるだけ横になっていること」と言われ、座るのもおなかが張るので厳禁。張り止めの薬を飲み続けました。家事はすべて旦那にお願いすることに…。旦那は仕事もあるので本当にかわいそうでしたが、赤ちゃんのために家事はしないことにしました。
    幸い1週間後の健診では30mmまで戻り、入院は免れましたが、気をつけないと17mmまで短くなってしまうことには変わりないので、引き続き自宅で絶対安静となりました。

    妊娠6ヶ月 23週 自宅安静(埼玉県/ぴょこたん/32歳)
  • 胎動か確信を持てないまま妊娠6ヶ月に。医師の言葉に不安も…

    妊娠5ヶ月の終わり頃から、おなかの下の方でガスが動くような感覚はたびたびありました。そろそろ胎動を感じる時期だとは聞いていたものの、経験のないことだったので、確信はまったくありませんでした。
    6ヶ月の初めに受けた健診で、胎動があるか先生に聞かれましたが「まだよくわからない」と答えると、「2週間以内にしっかりと胎動を感じることがなければ、すぐに受診してね」と言われて、少し不安になったことを覚えています。結局、その数日後の妊娠21週に入った頃に、ポコッと動く胎動があり、ひと安心でした。

    妊娠6ヶ月 21週 胎動(兵庫県/ポッポ丸/33歳)
  • 切迫流産→切迫早産で自宅安静…体重が増えすぎて我慢の日々

    おなかが張りやすく、切迫流産で入院後に今度は切迫早産になり、自宅安静に…。怖くてなるべく動かないようにしていたら、体重が増えすぎてしまいました。つわりが収まると食欲がすごかったので…。食べたものを記入して我慢しつつ、ミニトマトなどで飢えをしのいで耐えました。

    妊娠6ヶ月 体重管理(愛知県/ぬに/43歳)

妊娠6ヶ月の超音波画像

  • 妊娠6ヶ月 22週1日
  • 妊娠6ヶ月 20週4日

    初めて胎動があってびっくりしたけどすごく嬉しかった。

  • 妊娠6ヶ月 22週3日

    助産師外来を受診。

powerd by babycome