妊娠6ヶ月 妊娠20週,21週,22週,23週(妊娠中期)

【産婦人科医監修】妊娠6ヶ月(20週・21週・22週・23週)の赤ちゃんの様子やママのからだの変化をまとめました。妊婦健診のポイントや先輩ママの妊娠体験談・超音波写真も。赤ちゃんの性別や里帰り出産、妊娠中の便秘についてもチェック!

  • おなかの赤ちゃんの様子

    1ヶ月で1.5倍の大きさに

    23週末になると身長約30cm、体重約600~700gにもなり、超音波エコーでも、赤ちゃんの全体像が映らなくなります。

    詳細はこちら
  • からだと心の変化

    おなかが少しずつ目立ってくるころ

    この頃になると、ほとんどの人が胎動を感じるようになっているでしょう。

    詳細はこちら
  • 健診のポイント

    毎月の妊婦健診

    初期~中期の通常の健診内容は問診、子宮底長・腹囲の測定、超音波診断、体重・血圧測定、尿検査、むくみのチェックなどが一般的です。

    詳細はこちら
  • ケア&アドバイス

    赤ちゃんの性別が判明!

    産婦人科によっては、胎児の外性器の形がはっきりしてくる6ヶ月目頃から性別を知らせてくれます。

    詳細はこちら

妊娠6ヶ月の体験談

  • エコーで男の子と判明。女の子を希望していたけど、今は早く会いたい!

    第1子は女の子を希望していましたが、6ヶ月くらいのエコーで男の子のシンボルがはっきり見えました。先生は「90%男の子ですね」と。そこまで気にしているつもりはなかったのですが、たまたまいっしょに来ていた義母いわく「診察室から出てきた私の顔がとても暗かった」そうです。でも、今は本当に男の子でよかったと思っています。男の子の方が「ママっ子で優しい」「後継問題がなくなる(変わった苗字だから存続できる)」など…。ちなみに男の子ジンクス「つわりがひどくない」「揚げ物が食べたくなる」「おなかの周りの毛が濃くなる」「おなかが前に出てくる」「顔がきりっとした」は、ほとんど当たっていました!

    妊娠6ヶ月 おなかの赤ちゃんの性別(岐阜県/eb/28歳)
  • 子宮頸管が短く、絶対安静に!旦那のサポートで乗り越えました

    仕事を辞めて主婦業に専念していましたが、妊婦健診で子宮頸管が17~24mmしかないと言われ、絶対自宅安静となりました。
    「食事、トイレ、洗面、シャワー以外はできるだけ横になっていること」と言われ、座るのもおなかが張るので厳禁。張り止めの薬を飲み続けました。家事はすべて旦那にお願いすることに…。旦那は仕事もあるので本当にかわいそうでしたが、赤ちゃんのために家事はしないことにしました。
    幸い1週間後の健診では30mmまで戻り、入院は免れましたが、気をつけないと17mmまで短くなってしまうことには変わりないので、引き続き自宅で絶対安静となりました。

    妊娠6ヶ月 23週 自宅安静(埼玉県/ぴょこたん/32歳)
  • 胎動か確信を持てないまま妊娠6ヶ月に。医師の言葉に不安も…

    妊娠5ヶ月の終わり頃から、おなかの下の方でガスが動くような感覚はたびたびありました。そろそろ胎動を感じる時期だとは聞いていたものの、経験のないことだったので、確信はまったくありませんでした。
    6ヶ月の初めに受けた健診で、胎動があるか先生に聞かれましたが「まだよくわからない」と答えると、「2週間以内にしっかりと胎動を感じることがなければ、すぐに受診してね」と言われて、少し不安になったことを覚えています。結局、その数日後の妊娠21週に入った頃に、ポコッと動く胎動があり、ひと安心でした。

    妊娠6ヶ月 21週 胎動(兵庫県/ポッポ丸/33歳)

妊娠6ヶ月の超音波写真

  • 妊娠6ヶ月(22週1日)

  • 妊娠6ヶ月(20週4日)

    胎動?胎動だ!

  • 妊娠6ヶ月(22週3日)

    助産師外来

powerd by babycome