>
>
> 妊娠週数の数え方・妊娠初期はいつからいつまで?

妊娠週数の数え方・妊娠初期はいつからいつまで? 妊娠初期

妊娠週数の数え方と月経周期・排卵日

妊婦さんの写真

昔から「十月十日(とつきとおか)」といわれるように、妊娠期間(最後に生理があった日から分娩に至るまでの期間)は10ヶ月程度であることは知られていました。しかし、その後の統計で、妊娠期間は「280±15日」であることが分かりました。

これをもとに、WHO(世界保健機構)では、「1週を7日とし、妊娠持続を40週とする」「妊娠歴の1ヶ月を28日とし、妊娠持続を10ヶ月とする」「正常な妊娠持続日数を280日とする」などを定めました。この定義によると、最終月経開始日は「妊娠0週0日」となり、妊娠2週の開始日(妊娠2週0日)は14日目、妊娠4週の開始日(妊娠4週0日)が28日目で、妊娠4週目は妊娠2ヶ月目にあたります。妊娠40週0日(妊娠40週の開始日)は280日目にあたり、この日が分娩予定日となります。分娩予定日は、あくまでもお産になる目安の日で、産まれるはずの日ではありません。

表「妊娠週数の数え方」最終月経から妊娠5週まで

しかし、この定義では「排卵日がいつなのか=赤ちゃんがいつできたか」が定義されていないため、生理不順などで排卵が遅れている場合は、胎児の発育が遅いと判断されてしまいます。そこで現在は、最終月経開始日から14日後の「妊娠2週0日」を排卵日(=赤ちゃんができた日)として妊娠週数を計算しています。月経周期(生理が始まった日から次の生理が始まるまでの期間)が28日の人の場合は、すぐに妊娠週数が計算できますが、月経周期が28日より長かったり、周期がばらばらな人の場合は、正確な週数が分かりません。そこで、それぞれの場合の妊娠週数の数え方を紹介します。

月経周期が28日で一定している人の場合

最終月経開始日を「妊娠0週0日」として、そのまま妊娠週数を出します。

月経周期が35日で一定している人の場合

月経周期が35日の人は、月経周期が28日の人に比べて、排卵日(赤ちゃんができた日)が7日遅れているという考え方をするため、妊娠週数も7日遅らせて計算します。

妊娠初期はいつからいつまで?妊娠週数カレンダー

妊婦さんの写真

妊娠期間は3ヶ月単位で、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の3つの期間に分けられます。
・妊娠初期は妊娠4週〜15週(妊娠2ヶ月〜4ヶ月)
・妊娠中期は妊娠16週〜27週(妊娠5ヶ月〜7ヶ月)
・妊娠後期は妊娠28週〜39週(妊娠8ヶ月〜10ヶ月)
をいいます。

妊娠2ヶ月の赤ちゃんとママの様子

この時期に注意すること

・専門医の診察を受ける
・出血や腹痛を感じたら、すぐに病院に行く
・アルコールとタバコをやめる
・妊娠中に受診する検査を確認する

妊娠3ヶ月の赤ちゃんとママの様子

この時期に注意すること

・4週に一度、定期健診を受ける(〜23週まで)

・市役所の市民課または各出張所の窓口に妊娠届を提出して、母子保健手帳を受け取る

→妊娠の診断を受けると(流産の心配が少なくなり、分娩予定日が決まると)、担当医か助産師から母子手帳をもらってくださいと言われると思います。母子手帳は遅くとも妊娠8週頃にはもらった方がいいでしょう。または、妊娠反応が出たら、その直後の診察で予定日が決まらなくてももらっていいのかも知れません。母子手帳とともにもらえる妊婦健診の補助券は、さかのぼっては使えないからです。

・流産しやすい時期なので、気をつける

→初期流産の確率は10〜15%ですが、妊娠8週と診断されれば、その後の流産の確率は1〜2%と低くなり、安全度は高まります。

・水分を十分摂りましょう

→自分でつわりを確認できるのは「尿の色」です。濃い色にならないように、水分を十分に摂取しましょう。水分が摂れない場合や、水分を摂っても尿の色が薄くならない場合は、妊娠悪阻(「妊娠中のつわり」を参照)の可能性も考えられます。すぐに専門医に相談しましょう。

・働いている人は、勤務先に妊娠の報告をして、通勤時にはマタニティマークをつける

妊娠4ヶ月の赤ちゃんとママの様子

この時期に注意すること

・専門医と相談のうえ、妊娠15週から妊娠体操を始めることができる
・母親学級の申し込みをする

監修:堀口貞夫先生(元愛育病院院長 産婦人科医)

powerd by babycome