妊娠10ヶ月 妊娠36週,37週,38週,39週(妊娠後期)のからだと心の変化 妊娠10ヶ月

もうすぐ予定日

この時期に入ると、子宮の位置はかなり下がってきています。胃の圧迫感がなくなり、食欲が出てくる代わりに、膀胱が圧迫されるので頻尿になります。 妊娠10ヶ月 「ママの状態」

予定日はあくまでも推定であり、その日に必ず生まれるというものではありません。実際に生まれるのは予定日の前後2~3週間の間と、その幅はかなり広いので、余裕を持ってその日を待ちましょう。この時期に入ると、子宮の位置はかなり下がってきています。胃の圧迫感がなくなり、食欲が出てくる代わりに、膀胱が圧迫されるので頻尿になります。おなかが大きく前に突き出てきます。36週(10ヶ月)にはいると、健診は毎週になります。

分娩は陣痛によって始まりますが、その2週間ぐらい前から子宮収縮が時々おこるようになります。「子宮の収縮」は、実感としては、おなかが張る感じ。このおなかの張りがだんだん規則的になり、我慢できない痛みをおぼえるようになり、その間隔が次第に短くなってきたら、いよいよ分娩の時が近づいています。でも、あせることはありません。常に自分の状況を冷静に判断して、そのときを落ち着いて迎えましょう。
兆候を感じても、自分で判断できないことも多いと思います。そんなときは、もし違っていたら…などとあまり心配しすぎず、遠慮なく病院に電話を入れて相談してみましょう。一度病院へ行ったけれども、陣痛が収まってまた自宅にいったん帰ってくる、などというケースも珍しくないのですから。外出の予定なども、あまり無理をしすぎず、たとえ約束があっても、体調の異変を感じたら、断る勇気も必要です。いつそのときがきても大丈夫というくらいのゆとりをもって、毎日を過ごすようにしましょう。

2015.8更新

妊娠10ヶ月の体験談

  • 出産直前まで名前の候補が決まらずイライラ…

    今回は男の子ということもあり、名前を決めるのに苦労しました。案を出してもなかなか主人が納得せず、かといって主人が案を出すわけでもなく…。出産間近なのに決まらず、イライラしていました。ギリギリになってようやく決まりましたが、名付けは本当に大変です。

    妊娠10ヶ月 38週 赤ちゃんの名づけ(京都府/たま/37歳)
  • 2人目妊娠直後は心配ばかりだった上の子。出産間近の成長に感激

    上の子が1歳になったばかりの時に2人目を妊娠しました。上の子はまだ歩けず伝い歩きをしており、スプーンやフォークも使えない時でした。
    「私が出産で入院したら、誰がこの子にご飯を食べさせてくれるだろう?」「おじいちゃん、おばあちゃんはそこまで面倒見てくれるだろうか?」と心配で仕方ありませんでした。
    でも、出産間近の頃にはスプーンやフォークは上手に使えるようになり、1人で座って1人でご飯を食べられるようになりました。ママのおなかに赤ちゃんがいることがうっすら分かるようで、ママを困らせないおねえちゃんになっていった上の子。出産が近くなると、私のおなかを撫でたり耳をくっつけるようになりました。
    第2子出産前の、上の子と過ごした2人きりの時間を忘れないようにしたいです。

    妊娠10ヶ月 上の子がおねえちゃんに(茨城県/みかん牛乳/34歳)
  • 妊娠中、2つまで絞った名前の候補。出産後に決定!

    2人目は妊娠4ヶ月くらいで性別が分かりました。男の子なので名づけにはかなり悩みましたが、字画や響きなどで候補を出して、最終的に2つまで絞り、出産してから顔や声を聞いて決めることにしました。
    立ち会い出産を希望しており、そのときに上の子に決めてもらおうかと思っていましたが間に合わず、1人での出産だったので私が決定しました。
    自分なりにたくさんの思いを込めて名付けたので、息子が自分の名前を好きになってくれたらいいなと思っています。

    妊娠10ヶ月 40週 赤ちゃんの名づけ(大分県/ミィミ/34歳)

妊娠10ヶ月の超音波画像

  • 妊娠10ヶ月 36週2日
  • 妊娠10ヶ月 37週0日

    ブチャ顔

  • 妊娠10ヶ月 36週4日

    今回から赤ちゃんの心拍とお腹の張りを測った。入院の説明もあり。

  • 妊娠9ヶ月 36週0日

    妊娠初期の頃は、太白山へ登山もできた。
    後期はなかなか、無理だけど歩かせるように努力しないとさ^^

powerd by babycome