出産方法別「予定帝王切開」の体験談 出産

あらかじめ手術日を決めて計画的に出産する「予定帝王切開」。「予定帝王切開はいつ決まるの?」「手術前の準備や費用は?」など、気になる疑問は「みんなの出産体験記」で解決!ここでは先輩ママたちの予定帝王切開の出産体験記を紹介します。

  • 予定帝王切開は、産むのは一瞬でしたが産後がツラかった…

    予定帝王切開だったので、前の日から絶飲食に。すごくドキドキしながら当日を迎えました。出産当日は、昼頃に足がむくまないように靴下を履き、手術着に着替えて、14時頃に手術室へ移動しました。麻酔を腰に打つと、すごく鈍い痛みが走り、どんどん下半身の感覚がなくなりました。少し息が苦しくなり、酸素マスクをつけました。
    手術が始まっても触られている感覚はありました。おなかをぐいぐい押されて、25分で娘が誕生! あっという間の出来事でビックリしましたが、無事出てきてくれてホッとしました。
    娘は先に部屋を出ていき、私はそのあと30分ほどかけておなかの傷を縫ってもらいました。その後、自分の病室に戻ると、旦那が来てくれました。母子同室だったので、娘を連れてきてもらいましたが、動けないので看護師さんが色々してくれて助かりました。
    次の日痛み止めを飲んだら胃が荒れてしまい、翌日ようやく新しい病室で娘の世話が始まりましたが、傷跡が痛すぎて歩くのもやっとでした。
    次も帝王切開なので、この痛みをまた経験するのか、と今から心配です。でも、かけがえのない命が生まれてくれたことは、今でもすごく感謝しています。

    妊娠38週/初めての出産 予定帝王切開(青森県/ちゃむ/25歳)
  • 予定帝王切開の前日にまさかの陣痛が…!予定より早めのお産に

    38・39週になっても赤ちゃんが降りてきていないため、病院でレントゲンを撮ったところ、児頭骨盤不均衡という事でした。そのため40週に帝王切開を行うことになりました。
    前日に入院して必要な準備をして、ゆったりとした気持ちで過ごしていました。夕飯までの間、おなかがすき過ぎておなかが痛いときのような感じがしましたが、違和感はありつつもそのまま夕飯を食べました。しかしその後、定期的にくるおなかの痛みに違和感を感じて、20時過ぎに看護婦さんを呼びました。
    すると、まさかの陣痛が来ていると…。まだまだ我慢できる痛みでしたが、時間はどんどん過ぎていき、21時頃に予定よりも早く帝王切開で出産するという判断になりました。麻酔科の先生がきたり、びっくりしつつも家族を呼びました。
    22時半過ぎに手術室に入り、準備が進められました。夜中だったため、担当の先生が駆けつけるまで時間がかかりましたが、無事赤ちゃんが生まれました。まさか帝王切開の予定日前日に陣痛がくるとは思わず、びっくりな出産となりました。
    術後は後陣痛との戦いがつらかったですが、子宮収縮の痛みが取れれば、あとは大丈夫でした。
    2人目の出産はそれから2年後に同じく予定帝王切開でしたが、1人目の子を思うとすごく色々とスムーズだったなと感じます。

    妊娠40週/初めての出産 予定帝王切開(東京都/kazu/31歳)
  • 逆子が治らず、予定帝王切開に。出産に感動も、産後はつらかった…

    もともと私は自然分娩希望でした。しかし、30週頃に赤ちゃんの体位が逆子と診断され、34週まで逆子が治らず、予定帝王切開に決定しました。帝王切開の日取りを決めてからも自然分娩を諦めきれず、お風呂上がりには10分から15分程度逆子体操を行い、温かい飲み物、おなかにむかっての声かけも続け、ダメもとで鍼灸にも通いました。が、赤ちゃんの体の向きが左右に変わる程度で、とうとう帝王切開の日にちを迎えることになりました。
    前日入院を含め、予定帝王切開は1週間の入院生活とのこと。担当の先生は「手術当日もエコーで検査して帝王切開するか決めますからね」と言ってくれました。けれど、前日入院した時点ですでに腹を括っていたため「もうどうにでもなれ!」という感覚でした。
    手術当日、私の手術時間は朝イチの8時30分だったので、朝起きてからソワソワしないですみました。主人に見送られ、自分の足で手術室に向かい、手術台にあがりました。ここまで育てた我が子を「出す」というかは「出してもらう」という表現だな、とぼんやり考えながら、下半身の麻酔が効き始めそこから15分程度でおなかを切られました。
    看護師さんや先生達の「もう少しですよ」の声で状況を把握していましたが、麻酔のぼんやりした感覚があるものの、痛みはもちろんゼロ。顎の向こう側から「生まれましたよ!」の声を聞いてすぐ、儚くも悲しいとも嬉しいとも思える赤ちゃんの産声が聞こえました。
    今まで妊娠生活のなかで本当に赤ちゃんがいるのか実感を感じていなかった私でも、産声を聞いて涙がこぼれました。「良かった。ありがとう。生まれてきてくれて、ありがとう」と。
    しかし、産後は術後1日目から3日目まで赤ちゃんへの授乳で寝られなくなる&手術後の痛みに苦しむことに。手術当日まで「出産はとても美しいもの」と思っていましたが、その苦労を産前の私に教えてあげたくなるほどでした…。

    妊娠38週/初めての出産 予定帝王切開(東京都/モリタモヒ/27歳)
  • 予定帝王切開で出産しました。手術の傷跡より後陣痛がツラかった…

    妊娠前に子宮の手術を受けたため、自然分娩はできず、予定帝王切開しか選択肢がありませんでした。妊娠中に受けた卵巣腫瘍摘出術がつらかったので、帝王切開にも不安があり、手術中は看護師さんから適宜声をかけてもらって気を紛らわせていました。
    開腹後に医師から「おなかを押します」と声がかかって、2回ほどおなかを強く押されました。「頭が出るよー」という声とともに、赤ちゃんの「オギャア!」という元気な泣き声が耳に入り、安堵しました。
    生まれてすぐに息子は小児科医と助産師のケアを受け、私は遠目にその様子を見ていました。ケア後、閉腹術中の私の顔の横に赤ちゃんが連れてこられ、赤ちゃんと束の間の対面。その後、赤ちゃんは先に病室に移動しました。
    帝王切開で息子を1番に抱っこできないことが残念でしたが、赤ちゃんを安全に産むことが最優先だったので、そこは割り切りました。術後はおなかの傷口より後陣痛の痛みがつらく、我慢せずに痛み止めを服用しました。出産翌日の夜から母子同室になり、痛みを気にする余裕がなくなりましたが、赤ちゃんのおむつ替えと授乳でとにかく眠れないことがキツかったです。

    妊娠38週/初めての出産 予定帝王切開(東京都/あろは/37歳)
  • 1人で帝王切開に臨む恐怖と戦いましたが、今では良い思い出です

    予定帝王切開で腰に麻酔を打つのが怖くて怖くて…。新米先生だったのか、6回も注射針を刺し直したのが本当に恐怖でした…。痛みはあまり無かったのですが、針が刺さってると意識すると、冷や汗ものでした。
    陣痛で強烈な痛みを体験したという友人たちの話を聞いても「麻酔の恐怖がない分、そっちの方がいい!」と、ずっと思ってました。でも、今では予定帝王切開で良かったと思っています。私は出産前に主人が亡くなり、自分の両親も親戚もいないため、文字通り一人で子どもを産みました。病院になんとか事情を説明して、一人での出産を認めてもらいましたが、緊急帝王切開だったとしたら、もっともっと大変だったはずだからです。
    肝心のお産の瞬間ですが、赤ちゃんが取り上げられた時は麻酔のせいでボーっとしていて、あまり感動しませんでした。でも、意識が回復してから、本当に生まれてきてくれてありがとうと思いました。
    これから麻酔する方へのアドバイスは、とにかく「針」とか「刺す」イメージは考えない! 体の力を抜いていれば、お医者さんがうまくやってくれます、大丈夫です。

    妊娠38週/初めての出産 予定帝王切開(愛知県/abe/33歳)
powerd by babycome