出産方法別「自然分娩」の体験談 出産

自然の流れに任せて陣痛を待ち、経膣分娩する「自然分娩」。無痛分娩や帝王切開などと比べて多くの人が経験する出産方法ですが、自然分娩の流れや痛みの感じ方は人それぞれ。ここでは先輩ママたちの自然分娩の出産体験記をまとめて紹介します。

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

  • 出産直前で高血圧。入院→吸引分娩で無事に出産

    39週になっても子宮口は開かず、赤ちゃんもおりてこず、私自身もこんな時に高血圧になってしまいました。思うように血圧は下がらず、母子ともに危険ということで早めに入院し、翌日が出産日でした。
    それまでがスムーズだったので、直前でこういった事が起きて、本当に何が起こるか分からないと実感しました。「血圧を下げるにはお産しかない」と医師に言われました。
    翌朝8時に陣痛促進の点滴を打ち、30分後には陣痛が起きて、破水もしました。そのまま定期的にくる陣痛との闘い。助産師さんに背中をさすってもらい、また自分の手でも背中をさすりながらお産に励みました。
    午後を過ぎても子宮口がなかなか開かなかったので、吸引分娩となりました。私はつらくて結構な暴言を吐いてしまいました。
    夕方、赤ちゃんの産声を聞いた時はホッとしました。暫くぐったりとして、助産師さんに股を縫ってもらってから赤ちゃんを抱っこしました。温かくて、とても愛おしく感じました。血圧は1ヶ月ほど経ってようやく下がりました。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(大阪府/まめまめ/36歳)
  • 陣痛を経験したくて自然分娩に…夫と赤ちゃんとやり遂げた

    私もネットで“陣痛の痛み”を恐怖に思っていました。 しかし、「人生で1度くらい(陣痛)味わってみてもいいのかも。みんな(出産した不特定多数の方)にできて、私にできないはずがない」とも思い自然分娩を決意しました。 最悪、体力が尽きるなり、胎児が降りてこないなり、さまざまな理由で帝王切開に変更できると考えると、「死ぬ気で生まなきゃ」と思うこともなかったです。
    とは言え、怖いことは怖いので、ソフロロジーをYouTubeで何となく観賞していました。 陣痛の波が掴めると、何となく呼吸に集中できたような気がします。
    痛みで目をつむると目の周りの血管が切れてしまうと聞いたので、目だけはつむらないよう気を付けました。 私は陣痛の痛みより、いきみ逃しの方が大変に感じました。
    主人が立ち会ってくれたので、私と主人と赤ちゃんと3人で“やり遂げた”という気持ちでいっぱいでした。 陣痛は赤ちゃん発信と聞き、「つらいのは私だけじゃない」と、前向きに考えることができました。

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(静岡県/ろみひ/30歳)
  • 自然分娩で、痛みを乗り越え母親として実感を持てた!

    初産で高齢出産でしたが特に問題なく終わりました。予定日から1週間遅れての出産でした。タクシーで病院に駆け込み、陣痛の苦しみに耐えました。陣痛は痛いというより便意そのもので、出血もありました。ずっとトイレで大便をするような格好で耐えていました。悲鳴もあげていたので、一緒にいた家族は眠れなかったはずです。宿直の産婦人科のスタッフもうるさくて眠れなかったはずです。周期的に痛みが襲ってきてそれにふんばって耐えるの繰り返し。肛門にテニスボールを入れて便意に耐えました。途中嘔吐もしました。陣痛促進剤を投与してすぐ出産に至りました。
    出産の瞬間はするっと出てくる感じでした。呼吸法も教えてもらい、痛みの逃し方をうまく覚えました。看護師さんたちも先生も見守ってくれて、とても心強かったです。たまたま同室に誰もいなかったので個室同様に利用できましたが、出産後ほかの妊婦さんが入院してきてにぎやかになりました。
    授乳とミルクを与えて時間の記録をして、夜中に泣き出したらあやして、寝不足になりました。ノイローゼになる人がいるというのもわかる気がします。ママ友もできました。 もう二度と体験したくないと思いましたが、この痛みを乗り越えたからこそ母親としての実感を持つことができるとも思いました。
    無痛分娩も流行しているようですが、あまり感動がないのではと思います。 これが最初で最後の出産になるかと思います。

    妊娠36週以下/初めての出産 自然分娩(茨城県/うらら25/37歳)
  • 陣痛を甘くみていた!?お尻の骨を叩かれる感覚がつらかった!

    初めての出産なので自然分娩がいいなーと思っていました。子宮口8cm、痛みが3-4分間隔になるころから子宮口が開ききるまでが1番きつかった。痛みが逃しきれない。痛みの余韻があって休憩できる時間がなくなった。
    陣痛くる前は「早く陣痛来ないかなー、早く生まれてこないかなー」なんて言っていたのに、陣痛を甘く見ていた。お尻の骨を砕かれるような痛み。ゴゴゴゴゴゴと押し寄せてドカーンと骨を叩かれて痺れる感じが延々と続く。冷や汗も噴き出す。痛みで食べたり飲んだりする余裕もなく、ハンガーノック状態も加わり全身が震える。
    たまに見にくる助産師さんが「子宮口開き切ったら早そうね」「もうすぐだね」「破水したら教えてくださいね」と言って去っていく。あれ? もうすぐじゃないの? LDRの部屋にお産のセットが運び込まれて、あぁもうすぐなんだと期待するもなかなか開ききらず2-3時間は最大の痛みと戦う。この時ばかりは終わりが見えなくなって「あと何回耐えなきゃいけないんだろう」と夫に弱音をはいた。
    もういい加減にしてくれーと思っていたところついに全開!「膜が強くて破水しないですねー、破水のお手伝いしますねー」と手を加えて破水させてもらった(破水した感覚は分からなかった)。もう痛みを逃さなくていい! 痛みに立ち向かっていい! いきむってなんて楽なんだ!! ぐおーーーっと力入れてたら「頭出てきましたよっ」と。
    ぬっと丸くて髪の毛たっぷりの頭が見える、すでにギャーっと泣いてる。よかった、泣いてる! どぅるんと胴体が出てくる感覚、ここが1番「生んだんだ」と実感できた。
    頭が出てくる時はあまり分からず夫の「おおっ!」という声で分かった程度でした。なによりも会陰縫合が地味にピリピリと痛くて、その痛みを感じながら疲れ切った体の脱力感とでぼんやりしながら「この痛み、もうしばらくいやだな」と思いました。

    妊娠40週 初めての出産 自然分娩(東京都/ちゃろみつ/33歳)
  • 自然分娩を選んだ理由は、何か起きた時に後悔したくないから

    自然分娩と無痛分娩で悩みました。最終的に自然分娩を選んだ理由は、痛いのが嫌という理由で無痛分娩を選んで、もし何かあったらずっと後悔すると思ったからです。
    もちろん、自然分娩でも危ないことは沢山あるし、無痛でも何も起こらず安全なお産になることが多いはずです。でも万が一、無痛分娩が原因で何か起きたときの事を考えると、痛いのを我慢するほうがずっといいと思いました。
    その結果、陣痛は叫び倒すほど痛くて、いきみ逃し用に持参したテニスボールを握りつぶすほどでしたが…無事に赤ちゃんが生まれました。
    どんな出産方法でも出産は絶対に安全と限らないと思います。でも、母子の安全を第一に考えて選ぶ帝王切開と違って、無痛分娩は自分の理想や希望、痛いのが嫌という思いで選ぶもの。次もしお産する機会があったとしても、万が一のことを考えて、私はやっぱり選ばないかな…と思います。
    本陣痛の時は「こんなに痛いなら次は無理!」と思っていました。でも、生まれてきたかわいい子どもを見ていると、いつの間にかどんな痛みかすっかり忘れて、今は「3人くらい子どもが欲しいな」と考えています。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(大阪府/こし/30歳)
  • 促進剤が嫌で赤ちゃんに声かけした結果、自然分娩で産めました!

    妊娠中は特にトラブルもなく、予定日前の健診では「もういつ生まれてもおかしくない」と言われていましたが、そのまま予定日超過…。予定日の健診で「もう生まれると思うけど、1週間後に生まれてなければ、陣痛促進剤で産みましょうか」と言われました。
    促進剤を使うのが嫌だった私は、懸命に近所を歩き回り、予定日の翌日に薄いおしるしが来ました! しかし、その後もおしるしが続くだけで、陣痛は来ず…。
    夫が2連休となる前日の夜、今なら立ち会いできるし、次の日も面会にこれる絶好のタイミングだと思い、夫と一緒におなかのちびちゃんへ「もう出て来て良いんだよー」と必死に声をかけました。 その結果、予定日から3日後に陣痛が始まり、病院に着いた時には子宮口が7cm開いていて、即入院に。2時間後には分娩室にいました。
    そして、分娩室に入ってから1時間。陣痛に耐え、会陰切開はしたけれど、促進剤を使うことなく、自然分娩で産めました!

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(静岡県/チップ/31歳)
  • 帝王切開になる可能性がありドキドキ…逆子が治ってホッとしました

    できれば無痛分娩がよかったのですが、近くの病院では取り扱っていませんでした。少し離れた病院でやっていましたが、個人病院なのと、自宅から30分以上かかるのが不安だったので諦めました。
    自然分娩で産むつもりでしたが、妊娠34週で逆子になり「治らなかったら帝王切開で産むかもしれない」と言われて不安になりました。幸い次の週には正常位に治りましたが、この週数で逆子になるのは珍しいといわれ、また逆子になる可能性もあるとのこと…。その後も、赤ちゃんがまたひっくり返らないか不安な気持ちで出産まで過ごしました。
    結局その後は逆子に戻ることはなく、妊娠40週で自然に陣痛がきたため、自然分娩で出産しました。陣痛が始まって病院に入院してから、まず陣痛促進剤の内服薬を1時間に1回、6錠飲みました。最後に飲んでから、陣痛を促進するために足湯をしました。しかし、子宮口が十分開かなかったので、翌日も陣痛促進剤を点滴で入れました。半日してようやく広がって、分娩室に移りました。
    助産師さんに声を出さずにお尻の穴に集中して、押し出すようにいきむことをアドバイスされました。陣痛が来たら、息を整えて2回ほどいきむ。陣痛が来るまで休憩して、また陣痛来たらいきむ…これを何回も繰り返し、やっと出産できました。

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(岐阜県/みみ/35歳)
  • 無痛分娩の予定だったが、助産師さん&先輩ママの話で自然分娩に

    私は痛みに弱く、出産するときには絶対無痛分娩にすると心に決めていました。しかし、ここ数年、無痛分娩による死亡報道があり悩みました。
    産院選びでは無痛分娩を行なっている病院を選びましたが、助産師さんから「いきみ方がわからなくて長引くと胎児の心拍が下がってしまい、結局帝王切開になることもある」という話を聞きました。その後、母親学級で先輩ママが「3日間無痛分娩したが、生まれず帝王切開になった」と言っていたため、最終的には自然分娩で産むことに決めました。
    実際のお産は、10分間隔の軽い陣痛が2日くらい続いてから破水して、6時間後に出産となりました。子宮口が7cmから全開大になるまでが、一番痛かったです。立ち会い出産にするのが恥ずかしくて悩んでいましたが、主人にお尻をテニスボールで押してもらわないと痛くて我慢できず、結局立ち会いになりました。
    いきんではいけない時に少しいきんでしまったことと、骨盤に赤ちゃんの頭がハマってしまった時間が長かったため、子どもは生まれた時すぐには泣かず、少し処置をしてから泣きました。いろいろ悩み、出産時のトラブルもありましたが、自然分娩で良かったと思っています。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(北海道/まり/26歳)
  • 無痛分娩希望でしたが、近くに病院がなく自然分娩に

    第1子が陣痛促進剤での出産で、とても痛くてかなりしんどかったので無痛分娩を選びたかったのですが、近くに無痛分娩の環境が整っている病院がなく、電車で1時間以上かかる病院しかなかったので自然分娩でいどみました。
    旦那の会社からの距離や子どもの保育園の距離を考えると、無痛分娩は選べませんでした。とにかく自然分娩で安全に出産したいということで、一生懸命希望にあう病院を探しました。妊娠経過も特に問題なかったので、自然分娩になりました。
    2人目の出産は里帰りできず、1人で産まないといけないかもしれないという覚悟をしていました。しかし、たまたま母がきていた時間に陣痛が始まり、夜のお産になったので旦那も立ち会えたため、安心して産むことができました。病院の場所や出産方法も重要ですが、気の許せる相手がいることが本当にありがたかったです。

    妊娠40週/2人目の出産 自然分娩(栃木県/こここす/34歳)
  • 3人目は自然分娩で、上の子ども達が立ち会いました!

    1人目2人目とそれぞれに違う出産エピソードがありますが、今回は1人目が4歳、2人目が3歳のときに自然分娩で生んだ、3人目の出産について紹介します。
    夕方6時ごろから陣痛がきたので、あわてて子どもたちに夕飯を食べさせて、お風呂に入れて…。そんなことをしていたら、あっという間に5分間隔で陣痛が来ていて、いざ病院へ!
    到着時にはすでに子宮口が8cm開いていました。旦那は1人目の出産で倒れたので、今回は分娩室には入らず、私の母と子ども達が一緒に入りました。でも落ち着きのない子ども達は、分娩室の中をウロウロ。私は子どもたちを心配しながら、痛みと戦う状態に…。
    分娩台に上がって40分。私がいきみ始めると、4歳の長男はうちわを扇いでくれ、3歳の娘は私の手をギューっと握ってくれました。そして3回いきむと、スポンっと出産。分娩室に響く赤ちゃんの泣き声。長男も長女もずーっと赤ちゃんを見つめて笑顔で「かわいいね。ママお疲れ様」って言ってもらえて、本当に幸せな出産ができました。
    子どもの立会いは賛否両論あるけれど、私は今回の出産で、きょうだいの絆、親子の愛がより一層深まったと思っています。

    妊娠39週/3人目の出産 自然分娩(埼玉県/うなまま/25歳)
  • 陣痛が来た時は自宅で1人…赤ちゃんの頭が大きくて助かった!

    私は3人のママですが、いずれも自然分娩で産みました。1人目も2人目もなんだかんだハプニングはありましたが、無事出産。そして、3人目はスピード出産に! でも、今思えばちょっぴり怖かったなって思います。
    陣痛がきたときは、上の2人はおばあちゃんの家にいました。旦那は仕事で家におらず、私は自宅に1人…。不安がいっぱいでしたが、もう少しで旦那が仕事が終わる…と、陣痛の間隔を見ながら1人で耐えました。2人目が微弱陣痛で時間がかかったので、無駄足を踏ませたくなかったのもあります。
    どんどん間隔が短くなって来て、旦那が仕事を終わる時間になるとすぐに電話をし、自宅で帰りを待っていました。でもなかなか帰って来なかったので、病院に電話しました。その時点ですでに陣痛間隔が10分をきっていたため、すぐ病院に来るように言われました。「救急車を呼んでも構わない」と言われましたが、ちょうど旦那が帰宅したので、すぐに病院へ向かいました。
    不安のあまり家では座れず、ずっと歩いていたこともあり、病院について内診してもらうと、子宮口はすでに8cm開いていました。羊水が思った以上にあり、人工破膜をすると勢いよく赤ちゃんが出てしまうとのこと。自然に破水するのを待ちました。
    すると、赤ちゃんも頑張ってくれて無事破水! そして、赤ちゃんとご対面。しっかりカンガルーケアをしてあげられました。 3人目にしてようやく安産に。上手に出産にのぞめたお陰で、会陰の傷もほとんどなく、少し縫うだけで済んで、親孝行の赤ちゃんでした。なにより、ほとんど負荷がかかっていなかったこともあって、赤ちゃんの頭の形がめっちゃよかったです!(笑)
    産前は赤ちゃんの頭が大きくて「お産が大変かも…」と言われていました。でも、「この子の頭が小さめだったら…もしかしたら病院へ行く前に出てきちゃってたかもね」と産後に言われて、初めて頭が大きくてよかったと思い、病院までおなかにいてくれた我が子に感謝しています。

    妊娠40週/3人目の出産 自然分娩(愛知県/ゆぅちゃん/31歳)
  • 高血圧で緊急入院するも、その後は順調で、自然分娩で生めました

    妊娠中に血圧が高くなり、妊娠高血症症候群と言われてしまいました。妊娠後期の診察で病院に行ったときに急に血圧が上がり、緊急入院に…。先生からは「このあと血圧が下がらなければお薬を投与して、最悪の場合帝王切開になります」という説明を受けました。急なことで心配になり、その日は1日落ち込んでいましたが、幸い翌日には退院することができました。
    その後も「いつまた同じようになるかわからない」と思って慎重に過ごしましたが、結局自然に陣痛がきて入院の流れになりました。
    微弱陣痛になってしまい「陣痛促進剤を打ちますか?」と聞かれましたが、なるべく自然に産みたいと思っていたので、薬はやめました。結果的には促進剤も使わず、血圧も安定し、自然分娩で無事に出産できました。
    妊娠中は本当に何があるかわからないですが、生まれてきてくれた我が子を見て「あの時の心配はなんだったのだろう」と不安が吹き飛びました。

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(愛知県/くぅーしゃん/31歳)
  • 目覚めるとすでに5分間隔の陣痛!2回目なので慌てず対処できました

    自然分娩の場合、1番リラックスしている夜から明け方に陣痛が来る場合が多いと聞いた事があります。私は2人産んでいますが、どちらもまさにそんな感じです(笑)。2人目の出産の時は早朝に「おなかが痛いな…」と思って起きたら、すでに5分間隔でした。すぐに病院に電話して、用意してあった荷物を持って行きました。
    私の場合、陣痛はひどい下痢のような痛みでした。そして間隔を調べて、陣痛だと確信しました。前回と同じように陣痛計測用のアプリを事前に入れていて、事前練習もしていたので、慌てずに使いこなせました。
    自然分娩を選んだのは、陣痛促進剤を経験した友達に「陣痛の波が自分のタイミングに合わなかった場合、休めない」と言われたから。そして、無痛はリスクとお金がかかることと、注射嫌いな私には厳しいと思ったのでやめました。
    今回は2回目でMAXの痛みを知っていたため、産む直前までご飯の心配をするほど余裕でした(笑)。夫の立ち会いは、してもしなくてもどっちでも良いかな、といった感じでした。頼りになるのは助産師さん! 旦那は押すところも検討違いで、頼りになりませんでした…(笑)

    妊娠39週/2人目の出産 自然分娩(愛知県/ぐっふぃー/32歳)
  • 悲しいニュースを見て無痛分娩を諦め、自然分娩を選択しました

    私は自然分娩で産みました。当初は無痛分娩を希望していたのですが、妊娠初期に無痛分娩で母子が亡くなってしまったという悲しいニュースを見たことと、里帰り先が地方で無痛分娩の経験が豊富な病院や医師が少ないという理由から、無痛分娩を諦めました。また、帝王切開でからだに傷が残る出産方法は避けたかったので、自然分娩を選ぶことにしました。
    自宅で寝ている早朝に陣痛がおき、陣痛が強くなってきたタイミングで産院に電話をして移動しました。入り口に置いてある車椅子を使って分娩室へ連れて行ってもらい、分娩台へ乗りました。分娩台に乗ってからは、看護師さんが準備してくださるのを陣痛に耐えながら眺めるだけでした。準備が一段落すると点滴を打ちに看護師さんが来てくれました。出産間際に担当医が到着し、ものの数十分で出産となりました。

    妊娠37週/初めての出産 自然分娩(兵庫県/ハル/28歳)
  • 24時間以上かかったけど、希望通り自然分娩で出産できました

    私は妊娠発覚から出産直前まで一貫して「自然分娩」を希望していた。「無痛分娩」も関心があったが、総合病院で取り入れているところが少なかったのと、直近で死亡事故による裁判が執り行われているというニュースを目にしたため、希望しなかった。
    妊娠30週から34週まで逆子だったため、「帝王切開」の可能性もあったが、36週の健診時には正常位に治っていたため、当初の希望通り「自然分娩」で出産することができた。
    前駆陣痛を含めると出産には24時間もの時間を要したが、陣痛促進剤や吸引などの医療行為を行うことはなかったし、助産師さんいわく「安産」だったらしい。子宮口が開くのにものすごく時間がかかっただけで、破水してからは1~2時間程度で出産、頭が出てきてからは数十分で出産することができた。
    ただ、陣痛は想像していた以上に過酷で、体力的にも精神的にも限界ギリギリのところまで追いつめられていたので、お産の間に何度も「もう無理だから帝王切開で出してください」と言っていたらしい。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(大阪府/ねぎとろ太郎/31歳)
  • 36時間以上の陣痛に耐え、4000g超の赤ちゃんを自然分娩で出産!

    私の場合、赤ちゃんが4000gと大きかったため、子宮口が全開になるまでが本当につらかったです。5分間隔の陣痛の中、子宮口がなかなか開かず、赤ちゃんも降りてこない状況が36時間続きました。やっと産める状況になり分娩台へあがってからは、約1時間で出産しました。
    陣痛で体力を消耗していたため「早く生まれるならもう何でもいい!」と思っていました。会陰切開も吸引分娩も、説明があったか覚えていませんが、さくっとやられ、最後はドゥルンと生まれてきました。
    妊娠中は会陰切開なんてしたくないと思っていたのに、いざその時になると「どうぞ!」という感じでした。会陰切開も赤ちゃんが大きい分、普通の人より深く切られたみたいで、治るのに時間はかかりましたが、今では通常どおりになりました。
    陣痛中はずっと、主人に腰をさすってもらっていました。よく頑張ってくれたと思います(翌日筋肉痛になったそうです)。
    巨大児を産むのは普通の出産の2倍大変と言われますが、どんな子でも産むのは大変ですし、自分と他の人の痛みを比較できるわけがない、と思って頑張りました。

    妊娠41週以上/初めての出産 自然分娩(東京都/ぱる/31歳)
  • 無痛分娩の希望は叶わなかったけれど、信頼できる病院で産めました!

    産むなら絶対に無痛分娩が良かったのですが、近くで無痛分娩をやっている病院はとてつもなく混雑していて、先生はもちろん受付すらもかなりのピリピリムード。とてもここでは産めないと思い、他を探しましたがどこも無痛分娩の予約は争奪戦のようでした。
    無痛分娩は泣く泣く諦め、里帰りして地元の病院で自然分娩することに決めました。先生はとても親身で優しく「こんなに良い病院があったなんて」と里帰りにして本当に良かったと思いました。
    自然分娩の痛みは想像以上でした。胎児が4000g(!)という巨大児で、頭がつっかえて中々出てこなかったので、なおさらです。無痛分娩にすれば良かったと、分娩台の上でひたすら後悔していました。
    「もう自力では産めない、帝王切開にしてください」と頼みましたが、そうはいきませんでした。最後は結局吸引分娩でなんとか無事に出産することができました。
    初めての出産は不安だらけでした。出血があったり、おなかの胎児が大きくなりすぎたりとトラブルもありました。でも、無痛分娩の希望は叶いませんでしたが、信頼できる病院に出合うことができ、すべての不安を解消してもらって、出産の日を無事に迎えられることができて本当に良かったです。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(東京都/shizu/32歳)
  • 「陣痛は自然の麻酔みたいなもの」経験できて良かったです

    本当は無痛分娩が良かったのですが、お産した病院が推進していなかった(実績があまりない)ことや出産費用が高くつくこと、麻酔の知識がなく怖かったので、自然分娩にしました。妊婦健診で特に異常がなく、陣痛というものを一度経験してみたかったという気持ちもあります。
    結果として、自然分娩で良かったと思います。お産はなかなかできない経験ですし、出産時の痛みもよく聞く「鼻からスイカ」のような耐え難い痛みではありませんでした。医学の知識はないですが、陣痛って自然の麻酔みたいなもので、だんだんと痛みのレベルをあげていって、最後に赤ちゃんが出てくるときの痛みを麻痺させてくれる、すごい仕組みだと感じました。
    私の場合、陣痛の痛みは我慢できるレベルでしたが、力んではいけないのが工夫がいる部分でした。赤ちゃんの頭が出てきて、力んでいいってなるまで、力を抜いて「ふぅふぅふぅ」って痛みを逃がすのが大変でした。

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(徳島県/よっち/35歳)
  • 陣痛促進剤で誘発予定が、急にお産が進み、自然分娩で出産しました!

    上の2人は予定日に自然に陣痛がきて出産しました。しかし、第3子は8ヶ月から切迫早産で自宅安静になったにも関わらず、歩いたり、床掃除したり、スクワットしたりしても産まれず、予定日超過に…。臨月から高血圧になり、起床時には血圧が130~140だったので、予定日を3日過ぎたところで誘発分娩のため入院することになりました。
    入院時点では子宮口が1cmしか開いていなかったので、ラミナリアを29本挿入し、翌朝に促進剤の点滴をする予定でした。しかし夜中2時に急に陣痛が始まり、3時には破水、子宮口も4cmまで開きました。朝方にさらに痛みが強まり、もうLDRに横たわっていられないほどに…。メガネも床に落ちて、目が見えなかった記憶があります。
    朝8時の診察で子宮口の開きは5cmでしたが、診察が刺激になったようで、急にお産が進みました。そのままいきみ感が強まり、なんと10分後には子宮口が全開になり、出産しました! 先生も助産師さんも急な出産に驚いていましたが、私自身も展開が早すぎてびっくりして、赤ちゃんが産まれてからも放心状態でした。結局、促進剤は使わずに陣痛がきたため、自然分娩で出産になりました

    妊娠40週/3人目の出産 自然分娩(東京都/ぽこぽこぽんた/35歳)
  • 初めての出産は自然分娩でした。最後は吸引でするっと生まれました!

    40週5日目の夜中に陣痛が10分きるくらいの間隔で来たけれど、朝方には陣痛が遠のいてしまい管理入院をしました。
    病院内では陣痛を促すように院内をお散歩し、部屋の中でも体操をして、足をあたためてマッサージをしました。それでも、陣痛はくる気配はなく、日をまたぎました。
    夜中3時、助産師さんによる3時間に一回の健診をしてもらっていると、急に陣痛が来ました。そこからはあっという間に、悶えるような痛みが定期的に来て、子宮口もあっという間に7cmも開きました。ただ、陣痛がきて30分くらい経過した時に、赤ちゃんの心拍が下がり始めているとのことで、急いで分娩台へ移動。「吸引します」と言われて、1回目に力んだ時にハサミでチョキンと会陰切開され、2回目に力んだら、吸引してもらった影響もあってか、するっと出産できました。その後は、初産だったからか後陣痛も特になく、切開して貰った傷も痛むことなく、あっという間に回復することができました。

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(栃木県/さんにんのまま/34歳)
  • 痛みで意識がもうろうと…過呼吸や嘔吐も乗り越え、出産!

    深夜0時頃から、20分~30分おき位におなかの痛みを感じ始めました。「陣痛かな?」と思いましたが、出産予定の病院では初産は5分間隔にならないと病院へ行けなかったので、眠れないまま痛みに耐えていました。
    早朝4時頃、おなかの下の方で「パリン」と音が鳴ったような感覚がした途端に破水しました。急いで病院に連絡し、そのまま入院に。子宮口はまだ開いていないとのことで、様子見となりました。
    朝9時に診察の際も、まだ子宮口が開いていないので、歩いたりするようにすすめられました。定期的なおなかの痛みはあり、辛かったけど必死で歩きました。11時頃、歩くのも辛くなってきたし、痛みの間隔も短くなってきたので、ナースコールをしましたが「陣痛はそんなにちゃんとしゃべれる感じではない」と言われました。個室の病室だったので、痛みに耐えながら病室内をまた必死に歩きました。
    昼食がきましたがおなかの痛みで半分も食べられず、痛みで余裕がなくなってきたので、12時頃ナースコールをして痛みで泣きながら陣痛室に行きました。その時点では子宮口は3~4cmで、出産は早くても深夜だろうと言われました。この痛みをあと12時間も耐えるのかと思い愕然としました。
    13時頃、痛みで過呼吸になり、震えが止まらず、声を出してもいいから、しっかり息をはくように指示されました。「子宮口が順調に開いてきたから夜くらいには産まれるかも」と言われましたが、痛みで意識がもうろうとしていて、夜まで私が生きていられるのかと思うほどでした。14時頃、痛みがひどく嘔吐。痛みで体をじっとさせていることが困難になってきました。進みが早く、夕方には産まれるかもと言われました。
    14:30過ぎ頃から力をいれていきみたくなってきました。その様子をみた助産師さんが子宮口を確認したら、まさかの全開。10回位いきんで15時に出産。スピード出産でした。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(神奈川県/スプリングフレグランス/35歳)
  • 微弱陣痛で入院して4日。急きょ人工破水で出産することに!

    1人目は自然分娩で産んだので、2人目は無痛分娩にしようかと思いました。しかし、無痛分娩も陣痛が起きてから痛み止めを使うとのことだったので、多少なりとも陣痛を味わうならば自然分娩にしようと思い、結局2人とも自然分娩で産みました。
    出産予定日の1週間前に健診に行くと、陣痛らしきものがきていて、経産婦ということもあって即入院になりました。ところがなかなか陣痛間隔が狭まりません。隣りのベッドにいた人は次々と出産していき、入院4日目には精神的に参ってしまいました。
    半ベソで看護士さんに「なかなか生まれないので家に帰りたい」とお願いしたのですが、念のため内診したら子宮口が5cmほど開いていたよう。自宅から産院まで車で30分と言ったら「経産婦さんなので、また陣痛が来たらたぶん間に合わなくなるので…今日産んじゃいましょう!!」と言われてビックリ! 結局、人工的に破水させ、そこから1時間半後に無事に出産しました。
    始めに通っていた産院が、妊娠7ヶ月で廃院となり、受け入れ先の産院が自宅から遠いこの産院しかなかったので、元の産院だったらまた違った出産になっていたのかも、と思いました。

    妊娠39週/2人目の出産 自然分娩(埼玉県/おかめ/40歳)
  • 講義で聞いた無痛分娩のリスクが気になり、自然分娩を選択しました

    大学に通っていた時にある講義で先生が出産について話してくださいました。医療系で医薬品に携わる学科だったため、無痛分娩に使用する医薬品も含め話してくださいました。確かに母親の負担も軽減されますが、その反面リスクもあること。血圧が下がったりなどのリスクがあることなど、さまざまなことを聞いたことを思い出し、自然分娩を選択しました。
    ある日、陣痛が一定の間隔で来ていたので、夜中に病院へ向かうことに。出産場所が高速道路を使って30分のところにあるので旦那さんに運転してもらいました。しかし、途中でうたた寝をしていたら、病院へ着く頃には陣痛がおさまってしまいました…。
    その2日後に陣痛が一定の時間にきたので、また夜中に病院へ。この時には直ぐにLDRへ案内してもらいました。立ち会い出産希望だったので、旦那さんには最後まで付き添ってもらいました。途中から母が来て母も最後まで付き添ってもらいました。
    初産だったので経産よりも長いと聞いていましたが、20時間を超える出産でした。あんなに痛い思いをしたのに我が子を抱くと痛みなんて吹っ飛んでしまいました。出産後は父や妹も来てくれました。ちょうどクリスマスの日でしたので、LDRでケーキを食べるという特別な体験をしました(笑)

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(愛知県/ちい/27歳)
  • お産の理想イメージを考えていたけれど、実際はうまく行かず…

    第一子の妊娠中は、こちらの分娩方法の希望に沿ってくれる産院だったこともあり、ベッドではなく布団での分娩や、フリースタイルなど、より自然な分娩もいいなぁと思っていろいろと調べて検討していました。私の産院ではやっていませんでしたが、「水中出産もなんだか素敵!」と思っていました。
    しかし出産が近くなると、赤ちゃんが大きめで頭も大きいことがわかりました。私が元々骨盤が狭めということもあって、徐々に出産に対する不安が強くなり、「無事に産まれてくれれば何でもいい!」と、最終的にはオーソドックスな自然分娩を選択して産院に伝えました。
    そして、予定日ちょうどに陣痛がきました。妊娠中はずっと「出産はなによりも自分らしく…赤ちゃんを感じながら自然に進めたらいいな」と思っていたのですが、実際の出産はそんな状態になりませんでした…。子宮口が開くまで18時間かかった結果、最後の6時間くらいは、痛みのピークと疲労もあり、理性がなくなってしまいました。助産師さんが部屋から出ていくときに「行かないで~」と腕を掴んでしまったり、ベッドの柵やベッドサイドの棚をなぜか持ち上げてしまったり、助産師さんからトイレに行く必要はないと聞いていたのに何度もトイレに行ってしまったり…すごく本能的、野性的な自分になってしまいました…。。
    そんなこんなで最後には疲労で声もでず、酸素マスクをつけて吸引分娩をしてもらうことに。助産師さんたちにお腹を押して貰い、無事に出産できました。
    理想のお産のイメージを持っていても、いざ出産となると痛みや疲労で気持ちが疲弊するもの。事前にバースプランなどをしっかり決めても私だったら無理だったなとつくづく思いました。その後二人目はわりと安産で出産できたので、二人目以降や安産タイプの人なら余裕もあり更に自分の産みたいプランに沿って進めたりしやすいかなと思います。

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(東京都/おかどど/35歳)
  • 逆子でも経膣分娩で出産しました!無事に出産できたことに感謝

    通常、逆子は帝王切開で産むのが一般的ですが、私の場合は逆子でしたが経膣分娩で生まれました! 里帰り出産先の病院でちょうどベテランの先生が赴任したばかりで、その先生は逆子でも経膣分娩で取り上げた経験が豊富だったようです。その先生が来るまでは逆子は帝王切開していたそう。でも、私は逆子を経膣分娩で産むのが不安で、陣痛中も「何かあったらすぐ切ってくださいね」って言ってました。
    出産の経過は普通と少し違い、赤ちゃんのおしりがしっかり降りて来るまではいきめないです。でも見事に先生は取り上げてくれました!逆子でも、片足位といって片足だけ伸ばした状態の我が子。足とおしりから出てきたそうです。そして最後に頭。その瞬間、私は声量MAXで「イターーイ!」と叫んでいました(今思うと恥ずかしい限りですが…)。看護師さんがお腹をぐいーっと押し、先生は鉗子を使ってましたが、あっという間の出来事でした!!
    後で聞くと「ダブルセットアップ」といって、帝王切開の準備もしてくださっていたそうです。その場にはベテラン先生以外にも当番ではない看護師さん多数、小児科医2名と、なかなかVIPなお産でした。無事に産ませてくれて感謝しかありません。
    逆子の経膣分娩はリスクが高いので今ではほとんどが帝王切開になります。でも帝王切開でも無事に産まれてくれることが何より大事です。珍しいと思うので投稿させていただきましたが、経膣分娩にこだわる必要は一切ありません。いま妊娠中のみなさんが元気な赤ちゃんと会えますよう祈るばかりです。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(愛知県/ぽむりーな/34歳)
  • 前駆陣痛・おしるし・本陣痛…まさに教科書通りの流れの自然分娩

    不安に思っていた高血圧にならずに、希望通り自然分娩をすることができました。1人目は陣痛促進剤を使い、非常に痛い思いをしたので、今回は「どんなに長引いても陣痛促進剤は使いたくない!」という思いでいました。
    お産の流れは本当に教科書通りの定型。3日前に前駆陣痛、2日前におしるし、そして当日に本陣痛という流れで、この日に生まれるなぁと予想した通りの出産でした。
    陣痛は痛かったですが、1人目の促進剤を使った時の方が倍くらい痛かったと思います。全開大と言われた時も「このくらいの痛みでもう全開大?」と思いました。
    1人目の時は「早く出てきちゃうからいきまないで!」と助産師さんから言われ、いきまずに勝手に出てきたのですが、今回の出産では「叫ばないでいきんでね!」と助産師さんから言われて「え、どうやっていきむの?」と少しパニックになりました。
    どんな出産になるかは当日にならないとわかりません。あまりイメージを膨らませすぎると、ギャップでパニックになります。自然に「まな板の上の鯉」状態で、何も考えずに望んだ方がいいのではないでしょうか。

    妊娠37週/2人目の出産 自然分娩(新潟県/さ/27歳)
  • 「二人目だから早く生まれる」は嘘だった…!

    二人目の出産だったので初産より早く産まれてきてくれると思っていました。本陣痛になり病院へ行くと「すでに子宮口が3センチ開いているので分娩台に行きましょう」と言われました。「二人目だしあと2時間くらいで産まれるかも」と助産師さんに言われ旦那も呼びましたが、陣痛は定期的にくるが赤ちゃんがなかなか降りて来ず、結局そこから8時間くらい陣痛に耐えました。
    結局、産まれた赤ちゃんは4000グラム超えの赤ちゃんでした。大きい赤ちゃんだったから、なかなか降りてきてくれなかったんだと助産師さん達に言われました。
    赤ちゃんが大きかったせいか出血も酷くて出産した次の日くらいまではフラフラ立ちくらみがしてました。
    「二人目だから産まれるのが早いよ!」などと聞いていたので油断していたのですが私の場合は違っていました。二人目だからといって早く楽に産まれるとは限らないと身をもって実感しました。大変だったからこそ記憶によく残るよい思い出にもなっています。

    妊娠41週以上/2人目の出産 自然分娩(埼玉県/ねこ/32歳)
  • 羊水が減って緊急入院!促進剤や吸引をしながらも自然分娩で出産

    陣痛が来ないまま羊水が少なくなってしまい、緊急入院しましたが、胎児の心拍があったので帝王切開ではなく自然分娩での出産になりました。陣痛促進剤を使って、16時ごろには骨盤が開いて子宮口も4cmまで開きましたが、いったん中止して、翌日の朝から再開とのことでした。薬を止めたのに夜もおなかが少し痛かったです。
    夜は他の赤ちゃんがいる部屋で寝たのでなかなか眠れず、体力が回復しないまま翌日の朝9時から陣痛促進剤の投与が開始されました。13時ごろからまた激痛に襲われ16時ごろには子宮口が8cmまで開きました。羊水がないので、中から羊水が押し出して子宮口が一気に広がることがなく、激痛の陣痛の中でじわじわと子宮口が開くのを待っているしかありませんでした。そして、ようやく18時に子宮口が全開に。18時30分には分娩台に移動し、20時に生まれました。
    胎児の頭が大きかったのと、3500gという大きさ。おまけに初産。羊水の押し出す力がなかったのと、旋回異常で分娩台のうえでも相当の苦労を強いられました。結果的に助産師に思いっきり腹をおされて「いきみがへたくそ」と言われながら吸引されひっちゃかめっちゃかで生まれてきました…。

    妊娠40週/初めての出産 初めての出産自然分娩(栃木県栃木県/とんとん/32歳)
  • 本陣痛がなかなか来ず、陣痛促進剤&吸引分娩で出産

    自然分娩、無痛分娩が選べる産院でしたが、無痛分娩は何か問題が起こった時に後悔することになると思い、自然分娩で出産することにしました。
    予定日は12月上旬でしたが、11月下旬から前駆陣痛が始まりました。夜中に不定期に来る前駆陣痛に耐えること約1ヶ月、予定日を10日ほど過ぎても本陣痛は来ませんでした。周囲の人からも「まだ生まれないのか」という連絡が多々あり、また初産ということもあり、とても不安な毎日を過ごしました。
    予定日を11日過ぎた夜中に突然破水のようなものを感じ、すぐに病院へ行きました。診察の結果、破水ではありませんでしたが、予定日を11日も過ぎていたので、翌朝までに本陣痛が来なかったら陣痛促進剤で出産することになり、そのまま入院しました。
    入院して3時間経過した頃から本陣痛が始まりました。子宮口が全開になるまでに約10時間かかりました。子宮口全開になっていきむのですが、なかなか出てきません。全力でいきんでいた時は意識がもうろうとしていて、とてもつらかったです。
    いきみ始めて3時間半経過した頃、陣痛が弱くなってきたようで、陣痛促進剤で誘発することになりました。しかし誘発してもなかなか陣痛が強くならなかったので、吸引分娩することになり、3度大きくいきむと同時に引っ張ってもらってようやく我が子に合えました。我が子に合えた感動と安堵感で号泣しました。出てきてからは不思議とハイテンションになってさっきまでもうろうとしていたのが、嘘みたいでした。

    妊娠41週以上/初めての出産 自然分娩(福岡県/こな/33歳)
  • 自然分娩で「産みの苦しみ」を旦那&母と共有できました!

    初めての出産だったので、事前にいろんな体験談を読んだり聞いたりしていたことが実際に体験できることが少しだけ楽しみでもありました。我が子を抱くときは痛みを乗り越えてからの方が感動が大きいのかなと思い、迷わず自然分娩を選びました。
    私の出産した病院は、何人でも立ち会いOKだったので、旦那と母のチームプレーに支えられて出産したのですが、自然分娩だったからこそ、その二人の存在の大きさを強く感じましたし、旦那も出産って大変なんだ…と身をもって感じてくれたようです。母も、自分のお産がとても軽かったようで、私の苦しむ姿を目の当たりにして「出産って本当にすごいことだと再認識した」と言っていました。
    私たちは出産当日まで性別を聞いてなかったので、みんなで赤ちゃんを覗き込んでワイワイできたのも思い出です(私はヘロヘロで起き上がれませんでしたが)。二人目のときも、自然分娩で娘に立ち会わせたいなと、思っています。

    妊娠39週/初めての出産 自然分娩(東京都/ミーママ/29歳)
  • 逆子や予定日超過…帝王切開の可能性がある中での自然分娩

    兄弟を作ってあげたかったため、出産回数に限度がある帝王切開は避けたいと思っていました。しかし、妊娠後期の妊婦検診で逆子と言われて大ショック! 逆子体操で元に戻りましたが、出産時までもしまた逆子になったらと心が休まりませんでした。また予定日を過ぎてしまい、また帝王切開の可能性が出てきてひと悶着。普通に産むことって本当に貴重で奇跡なんだと実感しました。最終的には幸運にも自然分娩できましたが、誰でもいつでも帝王切開の可能性はあると思います。
    私は自分は自然分娩できるだろうという漠然とした自信があったため、降って湧いた帝王切開の可能性にきちんと向き合う事ができず、場面場面でオタオタしてしまいお腹の赤ちゃんにも心配かけてしまったと今でも思います。うつ病かもしれないと思うくらい、当時は帝王切開の可能性に心乱れてしまいました。
    もしまた妊娠する事があれば帝王切開の可能性が出てきても「元気な子供が産めたらなんでもいい!」とどっしり構えたいと思います。

    妊娠40週/初めての出産 自然分娩(愛知県/rarara/32歳)
  • ほんとうに楽しかった自宅出産

    【私にできることは呼吸だけ】私の出産は本当に楽しかった。自宅で彼と母と妹が立ち会ってくれ、助産師さんを交えて世間話をしながらの出産でした。子どもの「生まれよう」とする力を信じながら、私には何ができるかと考え、子どもにきちんと酸素補給をすることだと思ったので、「この呼吸が子どもに届くんだ!」と、とにかく呼吸を乱さないようにしました。
    【助産師さんのやさしい言葉】いよいよ「いきみ」の時。何よりもありがたかったのは、助産師さんがかけてくれた「上手、上手よ!」の言葉でした。初めてのことで、これで合っているのか、自分ではわからなかったけれど、助産師さんがかけてくれた言葉で「これでいいんだ~」とリラックスすることができました。あの時、「こうするのよ!」「こうして!」なんて厳しく指示されていたらきっとパニックになっていたと思います。
    【感動にまず母が大泣き】「生まれたわよ!」の声と同時に聞こえてきたのは、母の泣き声。あまりの感動に母は大泣きをしたのです。それから子どもが私の胸の上に乗せられ、元気に泣き出しました。拍子抜けするくらい楽な出産だったので、私の第一声は「これならまだ2、3人産めます!」でした。おなかにもう1人2人入っていても、たて続けに産めそうだと思ったのです。子どもには「頑張ったね、とっても上手に出てきてくれてありがとう!」と声をかけました。また出産する機会に恵まれたら、自宅で楽しく出産したいと思います。

    自然分娩(神奈川県/K.K/35歳)
powerd by babycome