そのほかの出産「出産時のトラブル」の体験談 出産

微弱陣痛や回旋異常、へその緒が赤ちゃんの首に巻きついていたなど、ママや赤ちゃんに起こった「出産時のトラブル」についての体験談を紹介します。出産方法別「緊急帝王切開」の体験談もあわせてチェックしてください。

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

  • 産後にお股から血が吹き出して…!あまりの痛みで出産がトラウマに…

    1人目の時は微弱陣痛から11時間かかり、6時間ほど自宅で陣痛が進むのを待ちました。病院に着いてからも部屋で陣痛に耐え、やっと生まれたと思ったら、なんかお股がヒリヒリしてて…。看護師さんに伝えて見てもらうと、血がピューっと吹き出して焦る看護師さん。ドキドキしていると先生がきて「ちょっと切れちゃってるね、縫うからね」と麻酔なしで縫われました。本当に痛くて、出産以上の痛みで足がぶるぶる震えました。
    処置を終えて部屋に運ばれて、点滴と尿道に管を入れられました。もう何をされているのかわからずボーッとしていたら、お股に握りこぶしくらいの血腫ができているとのこと…。4日ほどベッドから動けず、入院も長引き、本当にツラかった記憶しかないです。退院後もしばらくは円座クッションがないと座れませんでした。
    初めてのお産でこんな経験をしたので、2人目を生む覚悟ができず、7年も間があいてしまいましたが、今年トラウマを乗り越えて2人目を出産しました。今回はスーパー安産でした!

    妊娠40週/初めての出産 出産時のトラブル(千葉県/あっち/28歳)
  • 切迫早産の末、新生児仮死で生まれてきた我が子…奇跡的な回復に感謝!

    妊娠32週に入った日の夜、激しいおなかの張りと激痛で急遽病院へ。診察の結果、切迫早産とのことで、緊急入院になった。
    子宮収縮抑制薬のひどい副作用と闘いながら、なんとか妊娠36週を迎えた。その週だったら産後の受け入れができるとのことで、即日点滴オフ。すると、その数時間後に陣痛が始まった。
    陣痛室に移るも、なかなか先に進まず、何度も嘔吐し、汗だくになりながら22時間が経過した。赤ちゃんの心拍が下がったり戻ったりしていたので、緊急帝王切開の準備をされつつも、最終的には人工的に破水させて自然分娩で産むことになった。
    分娩台に上がってからは、立ち会ってくれた旦那のサポートでなんとか呼吸を繰り返し、おなかを押されながらいきんだ。最後は吸引分娩となったが、生まれた我が子は重症新生児仮死だった。アプガースコア(出産直後の新生児の健康状態を表す指数)は、1点から2点。出産直後は泣くこともなく、全身蒼白でだらんとしていたそうだ。私も1.6Lの多量出血で満身創痍だった。
    すぐさま人工呼吸器をつけられた我が子は、私と対面したあとすぐにNICUのある病院へ搬送された。1ヶ月入院して検査もしてもらったが、本当に奇跡的に大きな異常は見つからなかった。現在7ヶ月の息子は、元気にスクスク成長中。最新の小児医療技術は本当にすごい!
    元気な産声を聞けることがどんなに奇跡的で幸せなことなのか、改めて考えさせられた出産だった。

    妊娠36週以下/初めての出産 出産時のトラブル(埼玉県/pon/31歳)
  • 出産にはトラブルがつきものと覚悟はしていたけれども…

    2人目の出産のときのこと。子どもの想定体重が少なく見積もられていたためか、自然分娩で陣痛が強くならない状況でも、先生がなかなか促進剤を打ってくれませんでした。15時に本陣痛がきてからも、まったく陣痛が進まず、3時間以上たった明け方4時になって、ようやく陣痛促進剤を使用することになりました。
    やっと陣痛がのってきて赤ちゃんが降りてきましたが、頭がひっかかってなかなか出てこれず…。結局当直の先生を起こして、吸引の準備が進められました。しかし、想定体重が少なかったため、吸引分娩準備のために起こされた先生が「吸引の必要はないんじゃないか」と何度も言っていました。
    結局、吸引にて出産。生まれてから体重を計測すると想定体重より600gほど重く、赤ちゃんが意外と大きかったので、やはり吸引が必要だったみたいです。先生と私のいきむタイミングがうまくいったようで、比較的頭の大きい子どもでしたが、するっと抜けてきました。頭が抜けた瞬間、子どもが「ぷはっ」と言った声を聞いて、やっと終わったと一安心しました!

    妊娠40週/2人目の出産 出産時のトラブル(栃木県/こここす/34歳)
  • 出産直後にトラブル発生!2週間母子離れ離れで過ごしました

    妊娠中に貧血傾向&蛋白尿がずっと「プラスマイナス」だったため、腎機能が心配され、計画出産することになりました。結果、無痛分娩で無事に元気な男の子を出産しました。お産自体は麻酔がしっかり効いて、痛みをほとんど感じることなく快適に出産できました。
    が、出産直後に子宮収縮剤を投与中に、呼吸困難に陥り、救急車で大学病院に運ばれました。検査をすると、おそらく出産が原因の心不全を起こしている可能性があるとのこと…。卵巣静脈血栓も見つかりました。2週間、まだ抱っこもできていない赤ちゃんと離れ離れで入院し、とても寂しかったです。
    また、入院中には病室で助産師さんもびっくりするくらいの大量出血を起こし、子宮動脈塞栓術や輸血を行いました。注射が大キライな私にとって、採血や点滴の毎日はとても苦痛でした。
    1人目の出産は自然分娩で24時間かかり大変でしたが、2人目もとても大変でした。やっぱり出産は命がけですね。 心不全と血栓の治療のため、今でも通院は続いてます。でも赤ちゃんが元気でなによりでした。

    妊娠38週/2人目の出産 出産時のトラブル(東京都/さゆ/33歳)
  • 微弱陣痛・回旋異常・癒着胎盤…出産トラブルのフルコースでした

    初めての出産のときの話です。妊娠8ヶ月のときに切迫早産で2週間入院し、退院後も37週になるまで自宅安静になりました。しかし、たびたび熱が出るようになり、異変を感じて受診すると、腎盂腎炎とのこと。出産予定日の18日前に、再び5日間入院しました。
    退院してからは、実家に戻って陣痛を待ちました。そして予定日に破水がおこり、すぐに陣痛が来て病院に行きました。
    病院に着くなり子宮口はすぐに全開になりましたが、肝心の赤ちゃんは降りて来ず…。痛みの限界に達したため、担当医を呼んで「何とかしてください!」と頼みました。陣痛開始からようやく9時間後、分娩室へ誘導されました。
    しかし、分娩台に乗ると微弱陣痛に…。陣痛促進剤を打っていきんでいると、今度は赤ちゃんの回旋異常で吸引することになりました。
    いろいろ苦労しましたが、分娩台に上がってから2時間後、無事我が子が産声をあげてくれました!
    その後、赤ちゃんの処置を眺めていると、今度は胎盤が出てこないという事態に…。無理やり上からおなかを押され痛みを感じながら、1時間ほど胎盤と格闘。しかし「胎盤を無理に剥がして大量出血になると母体が危ない」との事ことで、自然に剥がれるのを待つことになりました。看護師さんたちの中では、私は爆弾持ちだったようで、ナースコールを押すと息を切らしながら走って、私の部屋まで駆けつけてくれました(苦笑)。
    結局、分娩2日後に全身麻酔で手術を行い、無事に胎盤を取ることができました。産後、大量出血になっていれば命の危機だったそうです。
    そして迎えた退院予定の日の朝。今度は我が子に発熱と心臓に雑音があるということでNICUへ。急いで向かうと、保育器に入っている我が子…。先天性心疾患ということで、約2週間入院・治療したのちに退院できましたが、未だに病院通いです。手術をすれば治るそうですが、その手術は3歳頃でないとできないみたいなので、今はその時を待っている状態です。
    私の場合、出産トラブルのフルコースだったように思います。初めての出産にしては、刺激がありすぎました…(苦笑)。

    妊娠40週/初めての出産 出産時のトラブル(和歌山県/ろろ/24歳)
powerd by babycome