そのほかの出産「難産」の体験談 出産

難産だったママたちの出産体験談をまとめて紹介します。「24時間以上続いた陣痛…」「お産が進まず、緊急帝王切開に!」など、壮絶な難産エピソードとともに語られる赤ちゃん誕生の喜び・感動。お産に不安を感じるママにこそ読んでほしいエピソードです。

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

  • 陣痛が来て入院したけれど痛みが落ち着いてしまい、34時間の難産に…

    朝おしるしがあり、散歩したり階段を上り下りしたりしていると、15時頃から痛みが…。動けないほどではないし、陣痛間隔を計ってみてもまばらだったので「前駆陣痛かなぁ…」と思いながら過ごしました。
    23時頃から痛みがひどくなり、産院から「陣痛間隔が5分になったら連絡してください」と言われていたため電話しました。しかし「まだ大丈夫そうね(電話の声で判断しているそうです)」と言われ、そのあとも主人にテニスボールで腰をさすってもらいながら過ごしました。
    その後も電話しましたが、自宅待機を続けるようにとのこと。3度目の電話でようやく「もう3回も連絡いただいてるので、来てください」と言われ、もしかしたら帰される可能性もある中、夜中3時頃病院へ。
    病院について内診してもらった結果、子宮口が3cm開いているということで、そのまま入院しました。帰されなくて良かったです! 看護師さんに「テニスボール忘れました…」と話したら、「今からやってたら、本番それどころじゃないよ」と言われ、テニスボールを使うのがまだ早かったことを知りました。
    その後はひたすら腹式呼吸をして過ごしていましたが、次の日の朝には陣痛が落ち着いてしまいました…。その日は丸一日、陣痛が来たり収まったりして過ごし、次の日の午前中に陣痛促進剤を打ってもらいました。そこから一気に子宮が開いて、13時に出産しました。 病院へ行ってから34時間後、分娩台に乗ってからは約30分で生まれました。

    妊娠39週/初めての出産 難産(神奈川県/たけはる/32歳)
  • 帝王切開ですぐに出てくるはずの赤ちゃんが出てこない…!?

    第1子が逆子で帝王切開だったのもあり、第2子も予定帝王切開でした。第2子の出産時の事です。「手術終了までは約1時間で、赤ちゃんもすぐに出ますよ」と言われていたこともあり、術中は手術室の時計をずっと見ていた私。麻酔科の看護師さんがずっと横に付いて、話しかけてくれました。
    しかし、言われた終了時間に近づいても、肝心の赤ちゃんが出てくる気配がありません…。いつのまにか、執刀医が2名から3名に増えて、産婦人科部長の先生も加わっていました。専門用語が飛び交う中でも、看護師さんはずっと話しかけてきます…。私は看護師さんの話なんか上の空で、先生の話が気になって仕方ない。そんな状況の中で執刀医の先生が「横方向への切開だけでは赤ちゃんが出せないから、縦にも切るよ!」と…。私はもうなんでもいいから赤ちゃんを出して!という気持ちで「お願いします」と答えました。結局、手術開始から1時間半で生まれました。
    その後、意識が遠のいてくのを感じ、気づいたら手術室を出るところでした。私の血圧が50くらいまで下がってしまい、昇圧剤を使うなどの処置をして、手術終了まで4時間かかったそう…。術後も自覚症状はなかったのですが、ヘモグロビン数値が5.9まで下がり、ひどい貧血に。看護師さんには「あなたが今こんなに元気なのが不思議!」と言われる有様でした。なかなかの難産だったみたいです。

    妊娠38週/2人目の出産 難産(福島県/RKママ/39歳)
  • まさか私が緊急帝王切開…!?経過は順調だったのに思いがけず難産に

    つわりはあったものの、妊婦生活はいたって順調! 痛みに強い私は、出産も簡単!…と思っていたのですが…思いもよらない大変な難産となりました。
    出産予定日に陣痛が始まり、夜11時ごろに夫と病院へ行きました。陣痛は5分間隔でくるものの、なかなか子宮口が開かず、そのまま朝になりました。次の日も一日中陣痛に苦しみ、ご飯を食べても陣痛で吐いてしまう、水を飲んでも陣痛で吐いてしまうという状態に。それでも子宮口は6cmしか開かず、まだ生まれる様子はありません。
    陣痛に苦しみながらまた朝になり、飲まず、食べず、寝れず…。それでも陣痛は絶え間なくやってきて、体力も限界に。先生が膣から手を入れ、人工破膜でパンっと破水させてくれましたが、それでも子宮口は8cmまでしか開かず、まだ赤ちゃんは出てきません。
    その夜、おなかの赤ちゃんの心拍が3回下がり、危険な状態に…!「私はどうなってもいいから赤ちゃんを助けて!」心の中でそう願っていました。
    看護婦さんがバタバタと走り回り、まさかの緊急帝王切開の手術が決定! 陣痛に苦しみながらも、手術のサインを震えながら書きました。局部麻酔が効かず、全身麻酔でしたが、無事元気な赤ちゃんが生まれました。

    妊娠40週/初めての出産 難産(三重県/らむちゃん/34歳)
  • 仮死状態で生まれた我が子!助産師さんも「稀に見る難産」とコメント

    朝、破水して入院することになった。その後は何もなく、夕方陣痛が始まったが、生理痛と変わらない痛みで余裕だった。だんだんと痛みが強くなってきて「順調に行けば朝までには生まれそうだね」と言われた。しかし、夜中2時頃から5分感覚の陣痛と戦ったのに、子宮口は朝7時になっても3cmしか開いておらず…。
    その後、陣痛の合間にトイレ行ったが、便座に座った瞬間に陣痛の波が襲ってきた。どうしたら良いかわからず、そのまま前屈みに倒れてしまった。ドアも開けられず、人生で初めてトイレの中で「助けてー!」と叫んでしまった。
    それから陣痛の合間は寝てるというか、気を失ってるような感じ。痛みの波が来たときは腰をかなづちでガンガン打たれてる感覚&胃腸炎で下痢を我慢している感覚だった。助産師学校と併設してる病院だったので、研修に生徒が来ていて、ひたすらお尻を押さえてもらい、腰をさすってもらった。
    やっと先生が来た時も子宮口の開きは悪かった。内診で子宮口を刺激されたが、あまりの痛みに暴れ、助産師さんたちに押さえ付けられて絶叫した。後から聞いたら待合室まで響いていたと(苦笑)。
    その後、精神的にも体力も限界を感じて自ら帝王切開を望んだが、LDRから手術室に移動する間に子宮口が開いて、赤ちゃんが頭まで出ていた。「このまま切っても出血多量で傷口も大きくなる。赤ちゃんもすでに頭が出ており、押し戻すような状態で子宮から出すのは危険だから、吸引分娩に変更する」と言われた。
    頑張って力めと言われても麻酔をしたので力も入らず…。さらに、児頭骨盤不均衡で吸引でも出せず…。
    おなかをガンガン押された挙げ句、赤ちゃんの心拍数が下がってしまったようで、手術室は怒号が響いた…。「早く小児科の先生呼んで!」「新生児室の空きは…!?」
    何が何だかわからないうちに、赤ちゃんが生まれて来たものの、泣き声が聞こえない…! 仮死状態で、吸引してお尻を叩かれてやっと泣いた長男坊。その後わかったことだが、回旋異常も起こしていたと。「稀に見る難産でした」と助産師さんにも言われました。

    妊娠40週/初めての出産 難産(秋田県/ゆきやまま/33歳)
  • 切迫早産からの超過産。帝王切開の予定もなんとか経膣分娩で産めました!

    不妊治療をしてようやく妊娠。妊娠4ヶ月目で地下鉄でマタニティーマークをつけて立っていたら、鞄をぶつけられて、その帰り道に出血し救急車で搬送されました…。切迫流産とのこと。どうにか切り抜けましたが、その後も切迫早産に。
    「出産予定日の1ヶ月前に生まれるかも」と言われていたのですが、結局予定日を3週間過ぎても陣痛が来ない。海綿で子宮口を広げ、点滴と注射で誘発分娩することに。しかし、子どもの心拍が落ちて危険だと、帝王切開の準備をすることに。その後、子宮口が少し開き、赤ちゃんの心拍も少し戻ったので、分娩台に乗ってみようとなる。しかし、まったく出てこなくて、今度は吸引分娩に…。
    その後、子どもの心拍が危険になり、私の意識も飛んでしまった。「あと一回いきんで出なかったら、帝王切開になる」と言われて、思いっきりいきんだら…生まれた!
    お尻の方まで裂けてしまったので縫い合わせることになったが、麻酔がきかず、叫びながら縫う羽目に…。1ヶ月の間、傷跡がものすごく痛くて、座れませんでした。
    子どもは黄疸が強くて一時要注意っぽかったけれど、何とか今は大丈夫です。産前は切迫早産で母乳マッサージができなかったので、産後母乳がまったく出なくて、子どもの体重は離乳食までほとんど増えず、焦りました。「難産だったね」とよく言われます(^^;

    妊娠41週以上/初めての出産 難産(山形県/ミニオンママ/31歳)