そのほかの出産「出産時の処置」の体験談 出産

初めての出産は何かと不安が大きいものですが、処置の内容やお産の流れを知っていれば安心してお産に臨めるはず!ここでは、陣痛促進剤や会陰切開、吸引分娩など、「出産時の処置」について先輩ママの体験談をまとめて紹介します。

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

  • 上の子の看病で疲れ切っていたため、陣痛促進剤を使っての出産に

    2人目の出産のときのこと。朝の5時に破水して、すぐに病院に電話をしました。ちょうど上の子が胃腸炎だった時で、ただでさえ看病で心身疲労しきっていたので、陣痛促進剤の使用を先生にお願いしました(自然分娩が理想だけれども、あのときの私は促進剤を使わないと、からだがもたなかった…)。
    上の子のときは、陣痛促進をせずに自然分娩で産みました。陣痛促進剤を使った今回は、痛みがめちゃくちゃあって、死ぬかと思いました。これでもかというくらいに子宮が痛くて、上の子の時とは比べ物にならないほど、本当に痛かったです…。
    特に助産師さんが手を膣にぐりぐり入れるときは、拷問にかけられているんじゃないかってくらいに、痛くて苦しくてしんどくて。促進剤を使うとこんなに痛みが強くなるのか!と、びっくりでした。でも、その甲斐あってか、すぐに生まれてきてくれたので良かったです。
    助産師さんがとてもやさしくて、温かみを感じる応対をしてくださったことにも、本当に本当に感謝しています。 ありがとうございました。

    妊娠38週/2人目の出産 出産時の処置(富山県/かぷ/28歳)
  • 巨大児で誘発分娩もまさかの「不発」!自然分娩での出産に

    我が子は38週時点で3800gありましたが、その時点では子宮口がまだ堅く、このままだと巨大児で出産が大変…ということで、急遽誘発分娩となりました。
    入院初日、子宮口を開くためにラミナリア悍を挿入しました。10本くらい入れたと思います。ぐえっという感じでしたが、痛みはありませんでした。その夜、生理痛のような鈍痛がありましたが、眠れないほどではありませんでした。
    そのまま自然に陣痛が来る人もいるようですが、私は来なかったので、翌日子宮口が3cm開いたところで陣痛促進剤の点滴を始めました。しかし、特におなかに痛みはなく、効果なしでした。
    3日目、4日目も陣痛促進剤を入れましたが、有効な陣痛は来ることがなく、結局そのまま退院となりました。まさかの「誘発不発」でした。稀に私のように不発になる人はいるようです。
    その後、予定日超過で自然陣痛が来て、無事4000g超の赤ちゃんを出産しました。赤ちゃんが大きかったため、長時間の陣痛に苦しみましたが、なんとか自然分娩で産めました。今となっては誘発不発はいい思い出です。

    妊娠41週以上/初めての出産 出産時の処置(東京都/ぱる/31歳)
  • 吸引分娩で超痛いお産でした…。産後も体力がなく疲労困憊

    吸引で羊水がなくてとにかく大変だったので、傷口も大きくて、産後大変だった。お産も時間がかかったので、かなり体力の回復が必要だった。とにかくお産は早いうちにしたほうがいい、ということがわかった。
    産後も体力がなくなっていたので、何をするにも大変だった。赤ちゃんのお世話はとにかく体力勝負! 睡眠不足が重なっていたのに、難産でもお世話ができると病院が判断したら、問答無用で赤ちゃんのお世話が始まる。体力があったほうがいい。
    あとは意外と出血量が多くて、寝不足で若干幻覚もみた。
    大部屋で母子同室はきつい…。自分の子どもが泣き止んでも、ほかの子どもの泣き声が聞こえるのでなかなか眠れないし、赤ちゃんを落とさないようにするのが精いっぱいだった。
    実際自分が難産になるかなんてわからないし、子宮の大きさや胎児の大きさもかなり影響するから予想できないが、ある程度用意をしといたほうがいいと思った。

    妊娠40週/初めての出産 出産時の処置(栃木県/こここす/33歳)
  • 人工破膜の感想をレポート!出産は体験して初めて知ることが多いもの

    破水は自然にするものだとばかり思っていましたが、産まれる直前までしなくて、助産師さんが人工的に破水(人工破膜)させました。「破水させますねー」と言われて怖かったのを覚えてます。中にナイフみたいなものを入れて切るんでしょうか? どんな感じだったかは、怖くて見ていません。人工破膜のあと、温かい羊水がどんどん出てきました。力を入れるたびにじょろじょろ出る感じで、はじめての感覚で震えていました。
    出産自体はかなり安産で、そこからすぐに生まれました。病院に着いてから、6時間くらいです。
    私の場合、破水からお産が始まったわけではなく、人工破膜はすでにもう子宮口もかなり開いてたときで余裕がなかったので、出産し終えた今もわからないことがたくさんあります。出産は自分が体験しないとびっくり驚くことばかりです。
    「2人目のお産もまた違うことがあるんだろうなー」と想像していますが、2人目以降も、願わくば1人目のように安産でありたいと思います。

    妊娠40週/初めての出産 出産時の処置(愛知県/あーちゃん/24歳)
  • 急遽吸引分娩で出産も、何も知らないのが逆に良かったのかも…!?

    私のお産は破水から始まりました。破水してから子宮口もかなり開いていたので「今日中に出産ね!」と言われていましたが、結局そこから24時間かかりました。「もう産まれる、もう産まれる」と言われ続けたのに、産まれない辛さ…。イキんでもイキんでも生まれない。
    私はヨガを毎日練習していたので、呼吸による陣痛逃しと体力には自信があったのでなんとかなりましたが、普通の人なら絶対無理だと思います!
    最終的には赤ちゃん降りてこないため吸引分娩となりましたが、先生が来て5分で産まれました。「それならもっと早く吸引してー!」とその時ばかりは思いました。
    吸引分娩がどんなものか知らなかったので、掃除機をイメージしていましたが、産んだ後に調べて一人でびっくりしていました。出産といえば普通分娩か帝王切開かの2択だと思っていた自分が恥ずかしいです。何も知らずに産んだから吸引分娩でも耐えれたのかもしれません。どっちがいいかわかりませんが、とにかく私は何も知らなくてよかった!と思います。

    妊娠41週以上/初めての出産 出産時の処置(奈良県/よしみちゃん/33歳)
  • 1人目も2人目も子宮口が開かず、バルーン&促進剤を使用しました

    5年前の出産では、子宮が開かずバルーンと促進剤を使って予定日の5日後に男の子を出産しました。今回は2人目の出産でしたが、5ヶ月頃に妊娠糖尿病になってしまい、インスリンや血糖値を測りながらの出産に…。今回も予定日まで子宮口が開かなかったのですが、病気の関係で予定日に入院して出産することに。
    入院してすぐにバルーンを入れ、すぐに子宮口が5cmぐらいに広がったため、夕方から分娩室に入りました。その日はそのまま1日分娩室で過ごしましたが、陣痛にはならず、結局翌日から陣痛促進剤を使って出産しました。
    促進剤は朝から少しずつ量を増やしていって、昼頃には陣痛が1分間隔に。午後から分娩室に移動することに。分娩台にのぼってまもなく少量の破水をしましたが、すぐに膜が破れて全破水したのがわかりました。前回同様、子宮口が開くまで時間がかかったものの、破水から出産までは50分ぐらいで出産となりました。産まれてきてすぐに元気な産声を上げてくれて感動したのを今でも覚えてます。
    産後は出血が多かったため意識がもうろうとしました。初めての輸血も経験しましたが、先生や看護師さんがいろいろと処置してくださり、翌日には先生方が驚く程回復できました。そして、出産から2日後には、息子と同室になりました。

    妊娠40週/2人目の出産 出産時の処置(神奈川県/チデラブ/36歳)
  • 微弱陣痛で陣痛促進剤&吸引分娩で出産しました!

    初めての出産は、予定日当日の朝にきた陣痛から始まりました。陣痛かどうかも不安でしたが、明らかな痛みがあったのとすでに10分間隔だったので電話して病院へ。
    病院についてすぐ診察してもらうと、子宮口はすでに3cm開いてました。しかし、医師から3cm開いている割には陣痛が弱く、“微弱陣痛“である事を伝えられました。このままではたぶんすごく時間がかかるとの事で、医師と相談し、陣痛促進剤を打つ事に。
    10時に促進剤の点滴をスタートするとすぐに陣痛が強く始めました。2時間ぐらいかけてだんだん強い痛みになっていき、耐えられない痛さに。「もう無理!」と思っていた時に、破水しました。
    しかし、その後何度いきんでも、なかなか頭が出てこない赤ちゃん。あまりに出てこないので吸引してもらい、促進剤を打ち始めて約3時間後、無事に3200gの赤ちゃんが産まれました。吸引分娩だったため、産後は頭部が変形していましたが、数ヶ月で元に戻りました。

    妊娠40週/初めての出産 出産時の処置(福岡県/keiko/34歳)
  • ソフロロジーを試すも、陣痛の痛みに耐えられず吸引分娩に

    破水からお産が始まったのですが、陣痛がなかなか来ず、破水の翌朝から陣痛促進剤を2時間おきに服用しました。3つ目の服用後あたりから少しずつおなかの張りを感じるようになりました。
    6時の晩御飯の時間には定期的な痛みでご飯が進まず、だんだんと陣痛が進んでいることを感じました。その後は陣痛が来たら夫にさすってもらいながら痛みに耐えていましたが、なかなか5分間隔から間隔が狭まらず、子宮口も開きません。夜中の1時を回る頃には分娩室に移ったのですが、なかなかお産が進まず、眠気と痛みと戦っていました。
    明け方4時ごろ、少しずつ子宮口が開いて痛みの感覚も狭まり「もう少し、もう少し」と周りの助産師さんにも励ましてもらいました。私はあまりの痛みでのたうち回りながら、出産の時を待っていました。そして子宮口もしっかり開き、いきみも開始。陣痛は続いても50秒と言われてますが、私の場合、陣痛がおさまるまえに次の陣痛が来て、あまりの痛みに半分パニックになりながらいきんでました。
    私の産院はソフロロジー法を進めており、母親学級などで何度も練習していました。陣痛の間にソフロロジーの呼吸も実践しましたが、それでも痛みは耐え難いもので、叫びながら「吸引にしてください」と言ったのを覚えています。先生も来て吸引の準備にかかり、会陰切開をしたのですが、麻酔もあまり効いてないようで「痛いー!」と叫びました。
    そして8時過ぎ、最後のいきみに合わせて吸引、頭が出たのを感じました。その後はそのまま体も出てきて我が子を抱かせてもらいました。初めて我が子を抱いた時、お互い頑張ったねと1番に思いました。
    その後胎盤を出す際、お腹を上からぐーっと押されましたがそれも非常に痛かったです。「やり遂げたー」という達成感とともに眠気と疲れがどっと押し寄せ、そのまま分娩台の上で2時間寝ました。お産は想像より遥かに痛かったですが、その後の我が子のかわいさは格別でした!

    妊娠38週/初めての出産 出産時の処置(長崎県/ればんぬ/24歳)
  • 陣痛促進剤が効きすぎて、1度もいきまずに出産しました!

    妊娠高血圧症候群になってしまったので、体重管理のために、臨月は間食禁止と過食をしないことを心がけていました。加えて日々の運動として、2時間以上はウォーキングしていました。もちろん妊婦健診に行くときもウォーキングで、片道40分歩いて通っていました。しかし、そんな生活をしていたある日、血圧が高くて「即入院してください!」と言われてしまいました…。
    翌日、血圧は正常値に戻りましたが、医師は「もうこのまま赤ちゃんを産んでってね」と…。当時の私はまったく生まれる気配なし! 心の準備もできないまま、医師に言われるがままに陣痛促進剤を点滴することに。でも、陣痛促進剤が効かない人もいると聞いていたため、点滴中もまったく緊張感はありませんでした。
    血圧が上がるといけないからと、半分寝たようなぼーっとした状態で過ごすことを決めた途端!…なんか痛い。気のせいかと思いましたが、本当に寝れないくらい痛い! ものすごく痛くて、身体を丸くしてナースコールを押したはいいが、声も出せないほどでした。
    そのまま分娩台に上がると、1度もいきまず、赤ちゃんがスルッと出てきて無事出産できました! あとで聞くと、ナースコールを押した時点で頭が出ていたとのこと…。促進剤が効き過ぎたから、いきまなくて済んだのかなと思います。でも、促進剤は効きすぎると危険だということは産後数年後に知ったのでした。

    妊娠38週/初めての出産 出産時の処置(新潟県/さ/27歳)
  • 陣痛促進剤&人工破膜で分娩台に上がってからは超スピード出産に

    3人目の妊娠で予定日を超過して計画分娩を希望しましたが、子宮口が開いていないということと、2人目の妊娠時よりも赤ちゃんが大きすぎるわけではないということで、自然に陣痛がくるのを待つことに。
    しかし、待っても自然に陣痛は来ず。ついに41週4日の健診で「週末も陣痛が来なければ、週明けの月曜日に入院して次の日に誘発しましょう」と言われました。
    その後も今か今かと待っていましたが結局陣痛は来ず…。出産当日は朝8時から陣痛促進剤を点滴して陣痛を誘発しました。いざ陣痛がくるとなるとあれほど待っていたのに怖い…。だんだん等間隔になってくる痛みを紛らわすために、裁縫をしながら主人と会話して、とにかくリラックスするよう心がけました。昼食もほぼ完食しました。
    その後「内診しましょう」と分娩台にあがると、医師が「赤ちゃんの頭は降りてきているので自然に分娩できると思います。破膜しますね」となかをぐりぐり…。「破水したな~」と感じたのもつかの間、どんどん陣痛の感覚が短くなり、痛みもMAXに!!
    結局、破膜してから赤ちゃんが出てくるまで「2時間かかるかな??」と言われていたのに、わずか40分ほどで出産を終えました。

    妊娠41週以上/3人目の出産 出産時の処置(群馬県/かんちぃ/31歳)
  • 和痛分娩でも陣痛は痛い…!陣痛の痛みで会陰切開にも気づかず

    私は痛みが苦手だったので、1人目のお産のときは「和痛分娩」をしてもらえる産婦人科をお産場所に選んでました。
    お産当日、分娩台に上った私は定期的に来る痛みを逃がすのが苦手で、たった数分でも痛いと口に出してしまうほどでした。助産師さんが院長に『先生、そろそろ麻酔お願いします』と電話して、先生から『今から麻酔打つから楽になるよ』言われて期待していました。しかし打っても痛みは無くならず『先生おなか痛いです』というと、「これは和痛分娩だから腰やお尻の痛みを取るだけ。痛みを和らげる麻酔だよ」と言われたのです。それまでわたしは痛くないお産がしたいと思い通っていたのですが、まさか陣痛の痛みが残るとは思わず…。お産の途中から「こんなはずじゃなかった」と思うようになりました。
    赤ちゃんが下に降りて来たときが痛みのピークで、助産師さんに『頭が見えてるよーもうすぐ会えるよー』と言われてもなかなか頭が出ず、何度も何度も踏ん張りました。しばらくすると頭が出て、そのあとはスムーズに体まで出て来たのを覚えています。
    あまりにも陣痛が痛すぎて、途中で会陰切開されたのも気づいてなかったのですが…お産が終わり縫合されるときにかなり痛かったです。麻酔が切れそうだからと追加で注射してもらったのですが、それでもやっぱりチクチク縫うのはとても痛かったです。縫ってる間はかわいい我が子がとなりにいるから少し緩和されたのを覚えています。

    妊娠38週/初めての出産 出産時の処置(福岡県/くまごろぉ/33歳)
  • 陣痛促進剤が効かず、種類を変えたら今度は陣痛が強すぎる!?

    36週2日で高位破水がわかり、急遽入院。三人目の出産だったのですんなり生まれるかと思いきや自然に進むことはなく、入院2日目に陣痛促進剤(オキシトシン)の投与開始。「まぁ、そのうち陣痛くるでしょ」と陣痛室で呑気に読書をしていました。
    しかし…3日目が過ぎても微弱陣痛のみで、子宮口も3cm以上は開かない。そして4日目…陣痛促進剤をプロスタグランジンに変えて午前10時頃から投与。助産師さんが子宮口を刺激してくださったり陣痛を促すアロマをたいてくださったり、乳房マッサージで自ら子宮収縮を促していたら昼過ぎくらいにようやく強い痛みを伴う陣痛が始まりました。
    陣痛はあまりに痛くて読書もできなくなり、駆けつけてくれた主人に腰を押してもらって、いきみ逃しを試みるも苦しく、大声で叫び続けました。
    夕方、様子を見に来た助産師さんが陣痛モニターを見て異常に気付き、先生を呼びに。私はよくわからないまま先生が来るのを待ちました。そして、先生から「過強陣痛だね」と言われ、陣痛促進剤の投与中止。「このまま陣痛が収まってしまったらまた明日」と言われて絶望感に襲われる私。まだ子宮口が5cmほどしか開いていなかったため、「こんなに痛い思いを明日もするのは嫌!今日絶対生みたい!!」と陣痛室で絶叫。
    その後も幸い、陣痛はそのまま続きましたが、子宮口が開かず、助産師さんが手でグリグリ刺激。肝心の赤ちゃんがなかなか下りてきてくれないので、陣痛室でいきみ、少しずつ下りてきましたがまだ分娩台には上がれないレベルとのこと。立ち歩きながら陣痛を待ち、陣痛の波が最高潮のところで足を開いていきむ! それでも赤ちゃんは下りてこず、一か八かで分娩台に移動することになりました。
    この時点ですでに21時でしたが、そこは経産婦。分娩台に上がったら20分弱、3回のいきみであっさり出産しました。会陰切開もする暇なし! 今までの出産で一番過酷でしたが、出産の瞬間はうれしくて大泣きしました。

    妊娠36週以下/3人目の出産 出産時の処置(/ぱぽ/38歳)
  • 吸引分娩ってこんなに痛いの!?

    34時間という長い陣痛期間を経て、やっと分娩台に乗りました。いよいよ最後だーという思いでいきみにも力が入ります。ところが、頭は見えていたのですが、陣痛期間が長かったため赤ちゃんの心拍が弱まってしまいました。先生に「吸引にしましょう。吸引にするとあと1回のいきみで生まれます」と言われ、あと1回で赤ちゃんに会えるというよろこびでいっぱいになりました。ところが、吸引分娩の痛いこと!! 見えている頭に吸引するのではなくて、器具を中に入れて吸引するんです。「先生、痛いです!!」と叫ぶほど。私にとっては、陣痛よりも痛かった一瞬でした。

    その他(山梨県/K.M/32歳)

もっと見る

powerd by babycome