バースプラン「その他」の体験談 出産

どのような出産にしたいかという妊婦さんの希望を伝えるバースプラン 。「へその緒をカットしたい」「胎盤を見たい」「赤ちゃんはパパに最初に抱っこしてもらう」「会陰切開はしない」など、その内容は十人十色!ママたちのバースプランの体験談を紹介します。

  • 立ち会い出産&ビデオ撮影を希望!事前準備が功を奏しました

    妊娠中に「子どもが生まれるから」と、4K対応のビデオカメラとミラーレスカメラを購入。その後、夫に出産への立ち会いをお願いしました。最初夫は「怖いから…」と嫌がっていましたが、「出産は2人でするものだから!」と説得して、無事立ち会ってもらえることに。夫にビデオカメラで陣痛から出産、母子同室、退院までを撮影して、記録に残してもらうことにしました。
    里帰り出産だったので、もし夫が出産に間に合わなかった場合も考えて、ビデオカメラの使い方を母にも伝授し、預けておきました。
    実際、出産当日は想像以上に陣痛から出産までの時間が短く、遠方で働いている夫が病院に着いた頃には出産は終わっていました…。しかし、事前に使い方を伝えていたことが功を奏して、機械に不慣れな母がお産の瞬間を一生懸命に撮っていてくれました! その映像を見て、夫は感動して、私に感謝してくれました。
    人生で何度もないお産の瞬間を映像として残しておくことができて、良かったと思っています。

    妊娠37週/初めての出産 その他(兵庫県/ハル/28歳)
  • 夫&上の子の立ち会い・カンガルーケア・誕生時の写真撮影を希望

    バースプランではいくつか希望を出していました。主人と上の子の立ち会い出産とし、もしほかの家族が駆けつけたとしても、LDRには2人以外は入室させない事。産後のカンガルーケア。そして、赤ちゃんが生まれた瞬間を自分で写真撮影したいという事。産院からはどの希望に関しても、母体と赤ちゃんの状態次第という事を大前提に、許可を貰えました。子どもの立ち会いに関しては「ずっと付きっきりは難しいと思うから、機嫌をみながらにしましょう」ということでした。
    陣痛が始まり、病院に到着したのは夜中。主人と上の子が仮眠をとれるようにと、ベッドが2部屋ある個室を用意してもらいました。2人が隣りのベッドで眠っている間、ただひたすら陣痛に耐えました。陣痛がピークになったので、とりあえず私だけがLDRに移り、そこでまた1人陣痛と戦いました。
    「いよいよ生まれそう!」というタイミングで、助産師さんが主人と上の子を起こして連れてきてくれました。寝起きなのに上の子が「ママがんばれ!」とたくさん言ってくれて、すごく励まされました。
    「もう赤ちゃんの頭が見えるよ」と言われ、そこから何度かいきんだら産声が聞こえたので、すぐさまカメラを渡してもらい、赤ちゃんが生まれた瞬間を無事に撮影できました。まだへその緒がついた我が子が、大きな産声をあげるようすが伝わってくる、とってもいい写真がとれました。何度見返しても、出産当時の感動がよみがえってきます☆
    その後は、赤ちゃんのおへその処置などをしてもらってから、カンガルーケアをしました。家族だけでLDRでゆっくりでき、とても幸せな時間を過ごせました。

    妊娠39週/初めての出産 その他(福岡県/ままん/31歳)
  • 1人目で感動した「フットバス」を2人目もバースプランでお願い

    1人目の時は、9月という暖かい時期の出産にもかかわらず、寒くて痛くてたまらなかった初めての出産。そこで、助産師さんがフットバスを勧めてくれました。お湯に足をつけると、体が温まり、リラックスできたことが忘れられなかったので、「2人目のバースプランでもぜひ!」とお願いしました。
    さて、陣痛がきて15時半に産院へ行くと、子宮口がすでに5cm開いていました。いい具合にお産が進んでいたようで「この調子なら、今日中に生まれそうだね」と言われました。予想外にお産の進みが早かったので、フットバスをやるかどうか聞かれましたが、どうしてもフットバスはやりたかったので「ぜひともお願いします!」と。
    そして、いざ足湯へ! 足から順にじわーって身体中が温まり、陣痛がきてもうまく痛みを逃すことができました。足をつけてベッドに腰掛けていたので、力をうまく入れられたのもあるかもしれません。
    10分くらい足湯を堪能して、いざ分娩へ! からだが温まったのが良かったのか、そこから一気にお産が進んで、産院到着後2時間半で赤ちゃんと対面できました。
    助産師さんいわく、体に力を入れすぎて冷えてしまうことがあるようです。体が温まり心もリラックスできるフットバスは、最高です!!

    妊娠38週/2人目の出産 その他(栃木県/おらんだぁす/39歳)
  • 1人目で叶わなかった「生後すぐの手形・足形」を希望!

    1人目を出産した後、生後数日での赤ちゃんの成長の早さにびっくりしました。1人目の時にも、生後の手形・足形をとりたいと思っていたのですが、産院での用意がなく、退院後とることに。でも新生児と2人きりの生活の中でなかなか時間が取れず…。しかも赤ちゃんの手形・足形をとることって意外と難しい! 結局、手形・足形を取れたのは、退院後数日経ってからでした。十分に小さな手足の証を残すことはできましたが、生後間もない本当に小さな手足ではないので、ちょっぴり後悔が残りました。
    その経験もあり、2人目の出産時にはバースプランで「生後すぐの手形・足形がとりたい」旨、病院に伝えました。また、お産前に用意していた入院バッグの中にも、一番取り出しやすいところに手形用のインクと紙を入れておきました。
    しかし、2人目を産んだ産院では足形をとることはもともと病院のサービスに入っていたのですが「手形は分娩室ではとれません、出産後自室でご自分でとってください」とのこと…。自信がなかったのですが、出産後体調が回復するとすぐにチャレンジしました。
    一人ではなかなか難しく、試行錯誤していると、たまたま巡回に来た看護師さんが「あ!なんか素敵なことしてる!!」とお手伝いしてくれ、無事に小さな手形をとることができました。今思えば、母子同室になった瞬間にすぐに看護師さんにお願いすれば、さらに小さな手形を残せたとは思いますが、入院中に手形をとることが実現できたので満足しています。

    妊娠38週/2人目の出産 その他(東京都/はとみ/38歳)
  • 母子同室のおかげでお世話の不安を払拭!産後の生活もスムーズに

    私の病院では、バースプランで母子同室を希望できました。新生児はミルクや母乳を飲んだら、1時間に1回くらい便や尿をして、寝て、夜泣きも「ほにゃあほにゃあ」みたいな声で、本当にかわいかったです。
    最初は赤ちゃんを触るのも怖くて、落としたらどうしようと不安になりました。ゲップも上手にできなくて諦めたり、オムツのテープのきつさもよくわからなかったり…。それが数日すると、だんだんお世話に慣れて、生活リズムもわかってきました。
    母子同室にしたおかげで、赤ちゃんをどうやってお世話したら良いかという不安を払拭できて良かったです。たまに新生児室に預けてゆっくり寝れたし、家に帰ってからもお世話のやり方がわかっていたので、わりとゆっくり過ごせました。
    今思うと1人目(長女)は本当に育てやすい赤ちゃんだったと思います。母乳だけで2歳くらいまですくすく育って、本当に楽でした。今も兄弟のなかでは一番賢いし、かわいらしいので、わりと産まれたときのイメージ通り育っている気がします。

    妊娠40週/初めての出産 その他(徳島県/よっち/35歳)
powerd by babycome