出産場所別「大学病院・総合病院」の体験談 出産

大学病院や総合病院での出産は、最新の医療設備が整っていたり、医師や看護師の数が多かったりと、医学的な面で手厚いフォローが期待できます。先輩ママたちの出産体験記を読んで、大学病院・総合病院で出産するメリットやお産の流れをチェックしましょう。

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

  • 1人目と同じ、自宅近くの総合病院を選んで安心の出産♪

    私の周りの友人が何人も同じ総合病院で出産していて問題なかったので自分もここで出産しました。1人目の時も同じ病院でした。担当の女医さんの内診がとても上手で痛くないので、ここが良いなと思ったのと、自宅から近いというのも良いなと思った点です。LDRもありましたが、1人目の時もスピード出産で安産だったのでもったいないと思い、普通に分娩室で出産しました。
    今回も、陣痛がきて1時間ほどで病院に。そして、着いたらすぐに子宮口5~6センチ開いていたので分娩室へ連れて行かれ分娩台に。あっという間でした。
    「破水したらすぐ生まれるよ」と言われ、すぐ生まれそうでしたが、旦那が病院について1時間半ほどで出産。助産師さんもベテランの方で会陰切開することもなく無事安産でした。ゴールデンウィークの出産だったので、個室にしなくても個室状態でしたし、至れり尽くせりの出産で良かったです。

    妊娠38週/2人目の出産 総合病院・大学病院(福島県/まりまんま/36歳)
  • 緊急帝王切開で、すぐに手術に切り替えられる総合病院でよかった!

    料理がおいしくて有名な病院がいいとか、ホテルみたいなお部屋がいいなどで選ぶ人も多いと思いますが、私はとにかく近くがいいと思っていました。
    本当は水中出産希望でしたが、近くになかったため諦めました。近くの総合病院を探したところ2つあったのですが、姉が出産した総合病院を選びました。身近な人が出産したという安心感と値段の安さ、電話対応の良さが決め手でした。総合病院で探した理由は、出産した後に子どもを診察してほしい状況になった時、すぐにカルテを回してもらい小児科で診察してもらえると思ったからです。心配性の私にはその安心感は必要でした。
    結果、そういう状況になることはなく1ヶ月健診まで子どもの診察をお願いすることはありませんでしたが、それでも私の出産は緊急帝王切開だったので、すぐに手術に変更できる総合病院で良かったと思います。LDRのことは考えたことはなかったですが、予定通り普通分娩で出産していたら移動しなくていいのをすごくメリットに感じたかもしれません…。

    妊娠37週/初めての出産 総合病院・大学病院(東京都/Kママ/36歳)
  • 高齢出産だったので、何かあった時に安心な総合病院を選びました

    「妊娠したかも」と思って、最初に見てもらったのは自宅近くの産婦人科でした。しかし高齢出産&里帰り出産ということもあって、実家近くの総合病院で出産することにしました。
    こちらの病院はリニューアルしたばかりで、外来の待合も病室もきれいでした。病室は全室個室です。私が入院したときは、たまたま入院する人がいっぱいで、少し値段が高くて広い部屋に通常料金で入ることができました。簡易ベッドがついていて、夫も泊まることができました。テレビも大きかったです。
    病院内に陣痛室もあるのですが、全室個室なので使っていないらしいです。入院したら個室から分娩室にそのまま移動でした。アメニティ、着替えつきだったので、その分の荷物は減らせました。
    料理もおいしく、おやつも出ました。厨房はガラス張りになっていて、調理のようすを外から見ることができました。
    総合病院で良かったなと思ったことは、産後に少し鬱のような状態になった時、精神科の先生に診てもらえたのと、生まれた赤ちゃんをすぐ小児科の先生に診てもらえたことです。やや難産だったので、先生が4人ぐらい出産に立ち会っていました。出産は何があるかわからないので、何かあった時に他の病院へ救急搬送になるより、そのまま病院内で見てもらえるという安心感はあったと思います。

    妊娠40週/初めての出産 総合病院・大学病院(岐阜県/みみ/35歳)
  • 1人目で出産トラブルを経験した結果、2人目も総合病院を選択

    2人目の出産で総合病院を選んだのは、1人目の時になりゆきで総合病院で産まざるを得ない状況になった経験からです。妊娠中に妊娠糖尿病になり、血糖・体重・運動のコントロールについて、細かく指導を注意を受けていました。2人目の出産時は34歳ということもあり、だんだん出産時のリスクも上がっていたので、総合病院を選びました。
    総合病院のいいところは、土日祝でも必ず産婦人科医が2人以上いる点です。また、病院内に小児科やNICUがある病院だったので、産後赤ちゃんに何かが起こった時でも、すぐに小児科医に対応してもらえる点も良かったです。他の病院に救急搬送されることもないので、安心して産むことができました。
    1人目の出産時に、私自身の骨盤の開きが少ない体質&赤ちゃんの頭が大きかった関係で、産道のなかで赤ちゃんが仮死状態になってしまい、小児科医があわてて蘇生させてもらったという経験をしています。小さい病院だったらどうなっていたかと思うと、少し遠くても安心できる総合病院を選びたいと思いました。結果的には、意外としっかりと掃除などもされており、とてもきれいな病院で良かったです。

    妊娠40週/2人目の出産 総合病院・大学病院(栃木県/こここす/34歳)
  • 産科・小児科があり安心&実家からも近い総合病院を選択しました

    私の場合、旦那さんの仕事が忙しかったので、自宅で陣痛が起こった時に1人で育児を行うことに不安があり、里帰り出産を希望した。そのため、里帰り先の都道府県で出産場所を選択することにした。
    最終的に選択したのは、自分が生まれた総合病院だったが、総合病院にしたのはそれだけが理由ではない。もし自分のお産やおなかの中の子どもに何らかのリスクが生じたとしても、総合病院だと最後まで診てもらえるという点。そして、出産時に子どもに何らかのトラブル(低出生体重児など)が生じたとしても、小児科の診療体制が充実しているため早急に対応してもらえる点から、総合病院を選択するに至った。
    また、里帰り期間中に自分や子どもに何らかのトラブルが生じた際、救急体制が整っている点、育児中に不安なことが生じても産科・小児科が充実しているので診療・相談にのってもらいやすい点も、出産場所を決定する際の決め手になった。里帰り先からどの時間帯でも車で15分以内にスムーズに到着できる場所、ということも重視した。

    妊娠39週/初めての出産 総合病院・大学病院(大阪府/ねぎとろ太郎/31歳)
  • 陣痛室から分娩室へ、自分で歩いて移動するのがツラかった…

    予定日に計画出産する予定だったので、朝から促進剤を投与しながら、陣痛室で待機していました。陣痛室はテレビもあるし、タブレットも用意されていて、ゆったりとした気持ちで過ごせました(だんだんと陣痛がきて、テレビは見れなくなりましたが…笑)。
    助産師さんも常に一緒にいて、お産の進み具合を伝えてくれたり、腰をさすってくれたり、色々とサポートしてくれました。ただ、立ち会い予定だった主人が陣痛室には入れなかったのが残念でした(もちろん、分娩室には入れたのですが)。
    子宮口が8cmを過ぎた頃、自分で歩いて分娩室に移動すると聞いて、びっくりしました。「少し痛みが治まる時が必ず来るから、その時教えてね!」って言われ、本当に移動できるのか不安でした。「この状況で私は歩けるの?」って感じでしたが、助産師さんに抱えられながら、陣痛と陣痛の間になんとか歩いて分娩室に移動しました。
    分娩室に入ってからは、15分くらいで生まれました。

    妊娠40週/2人目の出産 総合病院・大学病院(神奈川県/やめひい/30歳)
  • 妊娠糖尿病&高齢出産だったので、安心できる大学病院を選びました

    私がお産したのは、実家近くにある大学病院でした。産休前は職場に近い個人病院の産婦人科に通っていましたが、妊娠糖尿病と診断されたのと、高齢出産でリスクが高かったので、里帰り先は内科・小児科・精神科・産婦人科の揃った大学病院にしました。
    初診は紹介状があってもかなり時間がかかり、なかなか予約がとれない状況だったので大変だったけれど、母親学級や専門的な知識を学ぶ勉強会も多く、とても役に立ちました。
    マタニティーヨガや産後のお菓子やお祝い膳がなかったので、それは残念でしたが、意外と病室はきれいだし、トイレもきれいだったので、そんなに不自由は感じませんでした。
    なんといっても、大学病院は健診や検査の費用も全体的に安かったし、毎回の健診も自己負担なしで済んだのが良かったです。

    妊娠40週/初めての出産 総合病院・大学病院(栃木県/こここす/33歳)
  • 特にこだわりはなく、実家近くの総合病院で出産

    私は実家の近くの地元の総合病院を選びました。理由は近いのと、定期健診で特に異常なしだったので、新生児集中治療室みたいな設備はいらないと思ったからです。あと、そこの産婦人科の医師は地元の新聞にも掲載されていたりして、同業者も認めるような経験豊富な医師だったので、若い医師より安心感がありました。
    私は女性医師より男性医師のほうが気を使わなくて良いので、「女性医師でないと!」みたいな感覚はありませんでした。正直言って、なんの変哲もない、最新施設もない普通の病院でしたが、地元民はたくさんそこで産んでいますし、こだわりはなかったです。
    健診で待つのが嫌だったので、ギリギリまで個人病院で診察を受けて、紹介状をもらって、そこに移りました。ただ、個人病院では待ち時間はなかったのに、出産した病院は予約していても健診で1時間待ちはザラで、臨月の身にはきつかったです。本当は個人病院で出産までできたら良かったのですが、私の地元では個人病院は診察のみでした。

    妊娠40週/初めての出産 総合病院・大学病院(徳島県/よっち/35歳)
  • 至れり尽くせりのスタッフの心遣いや連携に安心…!

    自宅から近く、産婦人科と隣接して小児科もあるため、生まれてからも診察がスムーズだと思い、総合病院に決めました。分娩予約をすると、出産までの前期・中期・後期の流れがわかる冊子と、呼吸法が収録されたCDをもらいました。数回にわたり母親学級や両親学級の開催、有料ですがマタニティーヨガのレッスンなどもありました。母親学級では、空室の個室や新生児室、分娩室も見学できたので、出産をイメージしやすくなったと思います。スタッフの人数が多くて安心でしたし、役割が分担されて連絡も行き届いており、安心感があって良かったです。
    産後は処置と休息が終わってから、部屋まで車椅子で連れていってもらえました。バースプランにそんなにこだわりがなかったのですが、「出産後の体調により母子同室かそうでないかを判断」と希望していたためか、入院1日目は体力回復のため、検温と問診と食事(部屋)以外はひたすら寝かせてもらえました。2日目以降は初乳をあげたり、教わりながら実際に子どもを沐浴させたりしました。まだ母乳の出がイマイチだったので、ワタワタしながら夜間にミルクをあげたり授乳したりしました。
    「眠れていないのでは?」という助産師さんの配慮で、数時間の仮眠のために子どもを預かってくれたりもしました。入院中のご飯もおいしく、まさに至れり尽くせりでした。

    妊娠40週/初めての出産 総合病院・大学病院(愛媛県/れみ/31歳)
  • 設備が整った総合病院で出産。料理もおいしく、費用も安くて◎!

    出産場所は自宅からなるべく近いところが良いと思っていました。その中でも大きい病院だと安心だと思い、総合病院を選びました。なぜなら、第1子が早産で、第2子も同じようになる事を覚悟していたからです。経験上、色々と設備が整ったところの方が何かあった時に良いと思い、総合病院にしました!
    「個人病院だと料理が豪華」と聞いた事もありますが、総合病院でも産後の食事は普通の病院食より、はるかにおいしいです。産後は栄養をしっかり取らないといけないので、栄養バランスの取れたおいしいお料理を出してくれます。
    費用も個人病院より安くて、浮いた費用で産後に子どもの物を購入できて、とても良かったと思います!
    先生との相性などもあると思うので、どのタイプのお産施設が良いかは一概には言えませんが、やはり自分が安心して過ごせて納得できるところが良いでしょうね。

    妊娠37週/2人目の出産 総合病院・大学病院(大阪府/らんころ/33歳)
  • 高齢出産なので安心のためにNICUのある総合病院を選びました

    普段からお世話になっていた婦人科の医師のアドバイスもあり、1.高齢出産であること、2.万が一の事態になった時、NICUが整備していること、3.陣痛が起きた時、なんとか一人でもタクシーなどで向かえる距離であること、という3点から、お産する施設は総合病院に決めました。万が一の事態の時にNICUが整備しているという点は、出産する上で非常に心強かったので良かったです。
    残念な点は、産後は4人部屋だったのですが、私以外は入院中の妊婦さんだったということです。深夜など色々な時間帯にナースコールの音や人(看護師など)の出入り、検査のための機材が移動する音などがしました。そのたびに母子共に起きてしまったり、赤ちゃんが泣き出したりという状況に…。自分の病室に戻れず、寝不足と疲労で、心身ともにキツかったです。
    個室利用でない場合は、産後の病室の同室者についてなど、事前に病院側に確認しておくことをオススメしたいです。

    妊娠40週/初めての出産 総合病院・大学病院(神奈川県/めぇ~/44歳)
  • 医療の安全性から総合病院を選択!産後のトラブルでも安心でした

    妊娠期は、いつ何が起こるか分からないため、医療の安全性を優先し、総合病院の産科での出産を選んだ。一人目の時は近隣の産婦人科だったが、他の患者さんから医師がインフルエンザにかかり、入院後に連携病院に回された話を聞き、複数名医師がいる体制の病院の方が安心だと判断した。
    実際、出産当日から退院まで原因不明の発熱があり、夜間に他の科の医師の診察にも応じてもらえて良かった。産科医師も複数名いる為、何かあった時の体制がとれており安心だった。また、時間外で電話した時も、電話交換の方が対応に慣れており、困る事はなかった。
    総合病院の安心感は高いが、他の総合病院で出産した方の話を聞くと、病院によって医師の対応に差がある為、自分の相性に合う所を選ぶのが一番だと思う。妊娠期は仕事をしている期間に通院する回数の方が多いため、仕事先から通院しやすいかも目安になるが、いざ出産となると自宅からの通院時間が短い方が安心。産後の1ヶ月健診でも、赤ちゃんの移動の負担が少ない方が良いので、自宅からの通いやすさも選択の一つにするとよいと思う。

    妊娠40週/2人目の出産 総合病院・大学病院(神奈川県/まりちゃん/37歳)
  • 初めての母子同室でメリット・デメリットを体感しました

    初めて母子同室の産院で出産しましたが、結構しんどかった。1日目・2日目はハイになっていたからかよかったのですが、3日目から5日目にかけて疲れがドッときました。ひっきりなしに人が入ってきてとても忙しい入院生活でした。パパの助けがないと大変です。エステやごはんなど、至れり尽くせりでしたが、上の子のことも気になり、次は自宅出産してみたいなぁーと思いました☆
    母子同室は赤ちゃんにおっぱいをあげられるのはとてもいいと思います。上の子のときは退院するまで別室だったため、おっぱいをあげれず、乳頭混乱をおこして退院後に母乳を嫌がりましたから…。母子同室は、ごはんをたべる暇もありませんがとても充実していましたよ☆
    上にお子さんがいる場合は、大きな部屋をおすすめします。ソファーがあるかないかで、みんなの疲れが全然違います。ほんとに。パパも上の子も、ソファーで休めたから、長く居られたと思います。ベットの貸し出しは別に費用がかかるので、それなら大部屋で…と思います。

    妊娠39週/2人目の出産 総合病院・大学病院(福岡県/イブママ04/30歳)
  • 2回病院を転院。結果的に自宅近くの総合病院で良かった!

    実家近くの病院で産む予定が、産科が終了することになり、近くにある別の病院に転院することに。しかし、新しい病院で4Dエコーをしたところ、赤ちゃんに病気が発覚し、大きな病院で産まなければいけなくなりました。
    その時に紹介された総合病院が、偶然にも自宅と息子の幼稚園の近く! 結果的に、通院や産後の娘の検査、息子の幼稚園のお迎えなど、行動しやすくなり、出産当日から退院日までも主人がすぐに来ることができたので、娘が私達の動きに気を遣ってくれたんだなと思いました。
    総合病院は食事が美味しくないと聞いていましたが、まあまあ口に合いましたし、看護師さんや医師も頻繁に顔を出していろいろ話しを聞いてくれました。娘も新生児集中治療室で丁寧かつ的確な処置をして頂いたお陰で、ミルクの飲みや体重の増えも良く、睡眠もたくさん取れたようで、結果的に私と一緒に退院できました。
    娘はこの後2回手術で入院しましたが、親切なスタッフさん達に囲まれて、不安はなく、心地良い入院生活になりました。

    妊娠37週/2人目の出産 総合病院・大学病院(愛知県/ろけっと/34歳)
  • お産の途中で赤ちゃんが心臓停止に…!総合病院でよかった!

    私は総合病院で出産しました。何かあった時の処置を素早く受けられると思ったからです。そして実際に、分娩の最中、赤ちゃんの心臓が止まりました。止まったとは言われませんでしたが、きっと私がパニックになるのを避けたのでしょう。
    紫色で産まれた赤ちゃんは、すぐに連れていかれ、酸素を繋がれました。すぐに回復したので、入院期間は短かったですが、自分の処置をしてもらいながらも、赤ちゃんが心配でした。胎盤が出てからも寝たまま回復するのを待つのですが、ハイになっていて、疲れも痛みも感じませんでした。
    結果的には赤ちゃんに異常があったので大きな病院でよかったのでしょうが、助産院で出産することに憧れます。
    別の話ですが、陣痛室と分娩室が隣りの部屋だったので歩いて移動したのですが、ほんの数歩の距離がめちゃくちゃ遠く感じました。スリッパも履かずにフラフラと移動しました。
    それまでも初産だからか、とにかく子宮口がひらかず、ほぼ1日苦しみました。しまいには陣痛が一旦止まったりして…。病室まで歩いたりして、ようやくお産が進みました。出産はトラブルがつきものですね。

    妊娠39週/初めての出産 総合病院・大学病院(神奈川県/いんぷ/36歳)
  • 切迫早産で入院中に破水。助産師さんのサポートがうれしかった!

    27週の時に切迫早産で入院し35週の時、夜中に破水と出血で目が覚めました。最初は破水だとわからなかったのですが、チョロチョロ何か出ている感じがして全然止まらないのでおかしいと思い、トイレへ駆け込みました。結局破水で、モニターを付けることに。その後、おなかの張りが増え、徐々に痛みも増してきました。
    病室から陣痛室へ移動しましたが、この日は陣痛室が一杯だったため陣痛中から分娩室にいることになりました。友達から陣痛中はご飯食べれないって聞いていましたが、私の場合まだ余裕があったみたいで朝ご飯もお昼ご飯も全て間食してしまいました。
    お昼過ぎになっても、なかなか子宮口が開かないので助産師さんから「病棟の廊下を歩こうか」と提案され、病棟内を主人と母と一緒にお散歩しながら陣痛がきたら廊下で陣痛に耐えながら歩きました。そのかいあって、30分ほど歩いてようやく8cmまで開きました。
    その後、分娩台に上がってから2時間、母と主人に立ち会ってもらい、無事に出産しました。初産だったため子宮口が開くのに時間がかかりましたが、助産師さんがすごく優しくサポートしてくれたのでこの病院で出産してよかったです。

    妊娠36週以下/初めての出産 総合病院・大学病院(大阪府/えりひま0419/34歳)
  • 産院での出産。分娩台までが遠かった…

    第一子は陣痛室から分娩が近くなると分娩室に移動し、分娩後はそのまま数時間分娩台の上で回復するスタイルの産院で出産しました。 初めての出産で、産道がなかなか開かず難産、とても苦しい出産でした。
    長時間陣痛が続いた結果、低血糖で何度か失神したのですが、夜中の出産で人が足りていないのか、主人がナースコールするも来てもらえず、自力でプリンやアイスをシェイクして点滴代わりに糖分を摂取。 ようやく看護師さんに来てもらえたら即分娩室へ移動するよう指示されたのですが、もう歩く気力も体力もなく、膝がガクガク笑ってしまいなかなか進めませんでした。噂には聞いていましたが扉の向こうの分娩室が本当に本当に遠く感じられました。

    妊娠40週/初めての出産 大学病院・総合病院(愛知県/rarara /32歳)
  • 個人病院で出産予定だったのに、出産当日に大学病院へ緊急搬送!

    私自身が先天性の病気があり、赤ちゃんの時に手術をしていたため「大学病院で一度見てもらってきて」と言われ、大学病院へ。「今の所、ほぼほぼ問題なく出産できるだろう」と言われたので地元でも有名な個人病院での出産を決めたのですが、出産の一週間前から風邪をひき、前日の夜には38度の熱が出た事と、子供がなかなか降りてこないという事で、出産当日に急遽大学病院に緊急搬送される事に!
    私も旦那さんも両親も少しテンパリ気味でしたが、あれよあれよと大学病院に搬送され、出産する事になりました。初めての出産で、初めての場所で、初めましての先生や助産師さんに、お手伝い頂いての出産。しかし、大きい病院という事もあり、先生・助産師さんの安定した指示や、小児科も完備で万全の体制で出産できました。
    元々出産予定だった個人病院では、普通のお産は個室完備・ご飯はホテル並みの豪華な物で出産一時金+10万円程だと聞いていました。大学病院では大部屋での入院生活でしたので、それより安く抑えられると思っていたのに、退院当日お会計で出産費用を見て驚愕…! 緊急搬送という事もあり出産一時金+18万円程かかりました。次出産する時はよく調べてよく考えてから病院を選ぼうと思いました!

    妊娠40週/初めての出産 大学病院・総合病院(奈良県/リンリン/30歳)
  • 妊娠糖尿病のリスクから大学病院で出産。治療は大満足もサービスは…

    出産場所は実家近くの大学病院でした。本当は実家から10分程度の距離にその地域で有名な産婦人科がありましたが、妊娠糖尿病で30歳を超えているのでリスクが高いとのことで、家から1時間以上遠い大学病院での出産に臨みました。
    結果的に小児科や内分泌課など専門医が数多く在中する病院だったので治療に関しては申し分なく満足してます。ただどうしても大学病院なので普通の産婦人科のようにお金を出せばよりよいサービスを受けられる方針ではありませんでした。
    個室はハイリスクの患者のために常にあけている状態なので特に問題のない妊婦に関しては4人部屋。しょっちゅう赤ちゃんの泣き声に悩まされなかなか安眠できず…。看護師さんも「基本お母さんが健康なら赤ちゃんをみててください」というスタンスでしたので正直つらかった。ただ、母乳第一という感じではなくスタッフの方もとてもやさしく感謝してます。
    ご飯は出産後のお祝い膳もなかったのでがっかりでしたが、まあまあおいしいかなというレベルの食事ですこしほっとしました。アレルギーはないけれど、牛乳嫌いだといったらすぐにヨーグルトに変えるなど、そういった処置はとても早かったです 。

    妊娠40週/初めての出産 大学病院・総合病院(栃木県/とんとん/32歳)

もっと見る

powerd by babycome