風疹(三日ばしか)(ふうしん)

どんな病気?


三日ばしかともいわれ、細かい発疹が全身に広がる病気です。子どもでは比較的軽症です。

症状


発疹は淡紅色の細かいもので、全身に広がりますが、およそ3日で消えます。発熱はないことも多く、成人にくらべ、子どもでは一般に軽症です。
 それでも、のどが赤くはれたり、痛んだり、眼球結膜の充血が目立つことがあります。とくに耳のうしろのリンパ節がはれて痛むのが特徴。
 それらの症状がすべてそろう典型的な例では診断も容易ですが、溶連菌感染症(「溶連菌感染症」)に似ていることもあり、きちんと診断するには抗体検査を必要とすることもあります(「血液を調べる」)。
 まれな合併症としては、髄膜炎(「髄膜炎」)、脳炎(「急性脳炎」)や血小板減少性紫斑病(「特発性血小板減少性紫斑病」)などがあります。潜伏期間は2~3週間です。

原因


風疹ウイルスの感染によって起こります。

治療


これといって特効薬はありません。熱が高いなら解熱剤を利用するなど対症療法を行います(「解熱剤の使い方」)。

家庭でのケア


軽症のときはとくに問題はありません。
 熱が高いときは、乳幼児用イオン飲料、果汁など、子どもが喜んで飲むものならなんでもかまいません。水分補給を心がけて脱水症状を防ぎます。
 水まくらなども気持ちよさそうなら、使ってもよいでしょう。
 高熱が長引いたり、強い頭痛が続くときは、入院が必要になることもあります。
 また、寝室を別にしてきょうだい感染を防ぎ、保育園や幼稚園、学校は、発疹が完全に消えるまで休み、他人にうつさないようにしましょう。入浴は熱が下がってからにします。
グラフ「風疹の熱、発疹の出方と特徴的な症状」
表「予防接種のスケジュール表」

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

三日ばしか 感染症 うつる病気 発疹 のどのはれ 耳のリンパ 耳のリンパの痛み 予防接種 目が赤い 結膜の充血 風疹ウイルス 先天性風疹症候群 風疹症候群 学校伝染病 ウイルス感染 飛沫感染 全身の発疹 風疹

関連記事

「妊娠初期の感染は、先天性風疹症候群の可能性も」
「学校伝染病の場合は、欠席にならない」
「妊娠中の感染に注意したい風疹とりんご病」
「予防接種のじょうずな受け方」
「予防接種の種類と予防できる病気」
「予防接種を受けるときの注意」
「予防接種に関する素朴な疑問」
「感染症にかかったときの小児科のかかり方」
「発疹がでたときの受診のめやす」
「おもな感染症の登園のめやす」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome