はしか(麻疹)(はしか)

どんな病気?


それまでの高熱が下がり、再び上昇するときに発疹がでます。乳幼児がもっとも多くかかります。

症状


38~39度の発熱ではじまり、鼻みずやせきなど、ぐじゅぐじゅしたかぜ症状や目やにがみられます。発熱して3日ごろから口の中のほおの内側に、小さな白い水疱が数個~数十個できることがあります。これをコプリック斑といい、はしかに特有の症状です。
 その後、熱が一時的に下がりますが、再び上昇するとともに、淡紅色の発疹が、顔や首に現れ、胸やおなかから手足へと広がります。発疹は時間がたつにつれてふえ、色も濃くなってきます。
 熱は発疹が現れたのち、約3日くらい続きます。その後、熱が下がり、快方に向かいます。
 発疹は色が薄くなり、色素沈着を残すこともありますが、およそ1か月後には消失します。
 なお、はしかに引き続いて、中耳炎(「中耳炎」)や重い呼吸困難をともなう肺炎(「肺炎」)、脳炎(「急性脳炎」)を合併するケースがあり、死亡することもあります。

原因


病原体は麻疹ウイルスで、口からのしぶきなどから感染します。潜伏期間は10~12日で、感染しやすい期間は発熱時から発疹が現れたのちの5日めくらいです。

治療


特効薬はありません。症状に対して、解熱剤や鎮咳薬を用い、体力の消耗を防ぎます。また、ほかの呼吸器系への二次感染を予防する目的で、抗生物質を投与します。

家庭でのケア


高熱に対しては水まくらなどをあてて快適にしてやり、脱水症状を防ぐために水分を十分に補給します。口の中が痛み、食欲がないので、果汁やスープ、プリンなど刺激が少なく口あたりのよいものを与えましょう。
グラフ「はしかの熱、発疹の出方と特徴的な症状」
表「予防接種のスケジュール表」

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

麻疹 発疹 感染症 予防接種 水疱 口の中の水疱 コプリック斑 麻疹ウイルス 口の中が痛い うつる病気 学校伝染病 ウイルス感染 空気感染 ほっぺの内側の水疱 胸の発疹 おなかの発疹 全身の発疹 飛沫感染 はしか

関連記事

「米国と日本でちがうはしか(麻疹)の患者数」
「予防接種を受けるときの注意」
「予防接種に関する素朴な疑問」
「なぜ予防接種を受けたほうがいいのか」
「予防接種の種類と予防できる病気」
「学校伝染病の場合は、欠席にならない」
「感染症にかかったときの小児科のかかり方」
「高熱がでたときの対処法」
「発疹がでたときの受診のめやす」
「目のようすがへんなときの受診のめやす」
「口の中がへんなときの受診のめやす」
「おもな感染症の登園のめやす」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome