生後1か月まで(せいごいっかげつまで)

体温の変化には十分注意して


 新生児は体温調節が未熟なため、外気温の影響を受けやすく、すぐに体温が上下します。発熱だけでなく低体温にも注意し、体温に異常がみられたらすぐに受診するようにしましょう。
 またお母さんからもらった免疫も完全ではなく、新生児でも感染症にかかることはあります。
 外界との接触に注意し、家族も感染予防を心がけましょう。

見つかりやすい体のトラブル


 病気や異常の多くは健診でみつかります。生まれつきのものが多く、尿道下裂、停留睾丸、全身の各部位の形態異常、先天性心疾患、胆道閉鎖症や肥厚性幽門狭窄症などの先天性消化器疾患、小頭症、水頭症などがあります。

この時期に気になること


授乳後によく吐くのは?


授乳直後に吐くのは、赤ちゃんにはよくあることです


 赤ちゃんの胃は、とっくりのような形をしていて、ちょっとしたことですぐに逆流してしまいます。少量をたびたび吐く子でも、苦しそうでなく、きげんもよければ気にしないこと。成長につれてだんだん吐かなくなります。ただし吐いたものが緑色だったり血液が混じっていたら、吐いたものを持参して、小児科を受診します。
 また、生後3~4週間ころから、授乳のたびに噴水のように吐くようなら肥厚性幽門狭窄症(「先天性肥厚性幽門狭窄症(幽門狭窄症)」)の可能性があります。

母親がかぜのときの授乳は?


母乳で、かぜは感染しません


図「無題」
 母乳を介して、かぜのウイルスは感染しません。感染するとしたらお母さんがせきやくしゃみをしたときの飛沫感染です。かぜをひいたからと、授乳をやめることはありません。うがいや手洗いを十分に行い、まずは体を休めて早く治すように努めましょう。
 また、お母さんもかぜ薬程度なら飲んでもかまいませんが、くわしくはかかりつけの医師に相談しましょう。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

生まれつきの異常 生まれつきの病気 授乳後によく吐く 新生児 新生児の気になること 先天性の異常 先天性の形態異常 母親のかぜ 母乳

関連記事

「新生児の外科的な病気」
「先天性心疾患」
「先天性食道閉鎖症」
「先天性肥厚性幽門狭窄症(幽門狭窄症)」
「先天性胆道閉鎖症」
「先天性胆道拡張症(総胆管拡張症)」
「先天性腸閉鎖症」
「尿道下裂」
「停留睾丸(停留精巣)」
「先天性の代謝異常」
「染色体の病気」
「乳児期の発達と接し方・1か月」
「1か月のころの発達と日常のケア」
「乳児期(1~4か月)の体・生活習慣の心配と対処法」
「1か月健診」
「身長・体重の発育のようす(0~15歳)」
「発育のようす(0~6歳・乳幼児身体発育曲線)」
「乳幼児の発達のめやす(0~1歳6か月)」
「新生児期の体と心の発達と日常のケア」
「赤ちゃんの基本のお世話」
「新生児期の体・生活習慣の心配と対処法」
ベビカム医学辞典