> > > > > 先天性肥厚性幽門狭窄症(幽門狭窄症)

先天性肥厚性幽門狭窄症(幽門狭窄症)(せんてんせいひこうせいゆうもんきょうさくしょう)

どんな病気?


胃の出口である幽門部の筋肉が厚くなり、内腔がせまくなって、乳汁がとおりにくく、よく吐く病気です。

症状


ミルクをよく飲み、順調に体重がふえていた乳児が、生後2~4週ごろからミルクを吐くようになります。
 最初は1日に1~2回、飲んだミルクが口の中にあふれる(溢乳)ようにみえていたのが、しだいに回数がふえ、やがて飲んでまもなく、鼻や口から噴水のように吐くようになります。
 吐いたあとはケロッとしており、おなかがすくのでミルクをほしがりますが、与えると、また吐きます。
 嘔吐が進行するにつれて、排便が減ります。
 体重はふえず、ときには減少し、脱水症状を起こして、栄養障害がみられるようになります。

原因


生後しばらくから幽門部の輪状筋層が肥厚してきますが、その原因はよくわかっていません。4対1で男児に多くみられます。

治療


超音波で幽門部を観察することにより診断されます。
 ひんぱんな嘔吐によって、脱水症状や電解質異常をきたすので、輸液を行い、幽門部を切開するラムステット手術が行われます(「電解質」)。
 約1週間で退院できます。
図「先天性肥厚性幽門狭窄症」

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

嘔吐 体重 体重減少 体重がふえない 吐きやすい 噴水のように吐く よく吐く 幽門狭窄 幽門 先天性肥厚性幽門狭窄症 幽門狭窄症

関連記事

「吐いたときの対処法」
「吐いたときの受診のめやす」
「先天性食道閉鎖症/先天性肥厚性幽門狭窄症(新生児)」
「新生児期の体と心の発達と日常のケア/吐乳、溢乳」
「染色体の病気/遺伝子病には3つのタイプがあります」
「生後1か月までの健康づくり」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome