お役立ち健康ニュース

診療科別おすすめに関するおすすめの記事一覧です。「お役立ち健康ニュース」では、ママ&子どもの病気・健康に関する記事を配信中。記事下のリンクから「ベビカム病院予約」でその場で診察予約も!

診療科別おすすめ

  • 耳におもちゃや虫が入ったとき、どうやって取る?絶対にNGなことは?
    耳におもちゃや虫が入ったとき、どうやって取る?絶対にNGなことは?

    子どもが耳の中に小さなおもちゃなどを入れてしまったり、外で遊んでいて虫が入ってしまったり…。そんなとき、つい「取れるかも!?」と思って、耳かきなどで深追いしがちですが、無理は禁物。ママがすぐにできることと受診のめやす、また「絶対にやってはいけないこと」をまとめました。

  • 子どもの目に何かが入った!?ゴミ・洗剤…状況によって異なる対処法
    子どもの目に何かが入った!?ゴミ・洗剤…状況によって異なる対処法

    まつげやほこり、あるいは薬品などが目に入ってしまったら、子どもはとっさに目をこすってしまいがちです。でも、強くこすると目を傷つけるおそれもあります。ふだんから、目に何か入ったと思ってもこすらないよう、お子さんに言い聞かせておきましょう。目に異物が入ったときの対処法をまとめました。

  • 目のようすがおかしい、視力の低下が気になる…眼科を受診する目安は?
    目のようすがおかしい、視力の低下が気になる…眼科を受診する目安は?

    子どもの目の異常で気になるのは「病気」と「視力低下」。目やにや涙のほか、かゆみや痛みがある場合はウイルスや細菌など感染している可能性がありますので、早めに受診しましょう。また、視力は6歳頃までに完成します。近視や遠視などの屈折異常は、早期発見で治療効果が上がる場合もあるので、気になることがあれば医師に相談しましょう。3歳児健診で目のチェックを受けることも忘れずに。

  • 「健診まで待たずに病院に行くべき?」こんなときは受診しましょう
    「健診まで待たずに病院に行くべき?」こんなときは受診しましょう

    「何かいつもと赤ちゃんのようすが違うけど、病院に行ったほうがいい?」「でももう少ししたら健診があるし…。」病院を受診するべき、気になる症状の目安をまとめました。言葉を話せない赤ちゃんは、調子が悪くても口に出して伝えることができないので、ふだんの様子をよく観察しておきましょう。

  • 【専門家監修】子どもに多い肌トラブルの症状と皮膚科受診の目安
    【専門家監修】子どもに多い肌トラブルの症状と皮膚科受診の目安

    デリケートな赤ちゃんの肌トラブルは皮膚科を受診すべきか迷うことも。そこで、発疹や虫刺され、やけどなど、子どもの皮膚疾患について、症状や受診の目安、応急処置の方法などをまとめました。※この記事は皮膚科医監修のもと作成しています。

  • 【専門家監修】鼻水が出る、耳が痛い…子どもの耳鼻科受診の目安
    【専門家監修】鼻水が出る、耳が痛い…子どもの耳鼻科受診の目安

    赤ちゃんや幼児はよく鼻水・鼻づまり、耳が痛いなどの症状を起こすものですが、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診すべきか悩むもの。そんなときのために受診の目安を覚えておきましょう。耳や鼻に異物が入ったときなど、病気以外のトラブルについても紹介します。

  • 【専門科監修】視力が心配、目に異物…受診目安と眼科選びのポイント
    【専門科監修】視力が心配、目に異物…受診目安と眼科選びのポイント

    子どもの目は発達段階にあり、近視の他にも、弱視や斜視など、注意すべき目の異常はたくさんあります。まだ症状をうまく説明できない子どもの眼科受診はママやパパがキャッチしたい目の異常のサインと受診の目安、眼科選びのポイントをまとめました。

  • 【専門家監修】子どもの虫歯予防に!小児歯科を選んで定期健診を
    【専門家監修】子どもの虫歯予防に!小児歯科を選んで定期健診を

    小児歯科は子どもの歯を専門に診る歯医者で、治療だけでなく虫歯予防にも力を入れています。定期的な歯科健診のメリットや歯の生えるタイミング、歯医者に何歳から行くのかなど新米ママが知りたい情報をまとめて紹介します。歯科選びのポイントも!

  • 【小児科医執筆】赤ちゃんの肌トラブル、受診の目安は?<後編>
    【小児科医執筆】赤ちゃんの肌トラブル、受診の目安は?<後編>

    乳幼児の主な肌トラブルについて、2回にわけてまとめます。感染症について紹介した前編に引き続き、後編ではおむつかぶれ・あせもなど、感染症ではない乳幼児の皮膚トラブルの受診目安やホームケアの方法を紹介します。※この記事は「愛育クリニック」小児科・母子保健科部長の渋谷紀子先生に執筆いただきました。

  • 【小児科医執筆】赤ちゃんの肌トラブル、受診の目安は?<前編>
    【小児科医執筆】赤ちゃんの肌トラブル、受診の目安は?<前編>

    赤ちゃんの肌は大人に比べて薄くて傷つきやすいため、いろいろなトラブルが起きる可能性があります。ここでは乳幼児の主な肌トラブルと受診の目安について、2回にわけてまとめます。前編は赤ちゃんの肌トラブルがあるときの病院受診の目安(感染症編)です。※この記事は「愛育クリニック」小児科・母子保健科部長の渋谷紀子先生に執筆いただきました。

  • 【専門家監修】信頼できる婦人科の選び方と受診のポイントまとめ
    【専門家監修】信頼できる婦人科の選び方と受診のポイントまとめ

    婦人科系の病気は性器に関連する症状が多いことから、受診をためらうケースもあるようですが、気になる体の変化や症状に気付いたらすぐに相談することが大切です。産婦人科の選び方と受診のポイントをまとめました(※監修:元愛育病院院長で産婦人科医の堀口貞夫先生)。

  • 【専門家監修】出産できる施設の種類と産院選びのポイント
    【専門家監修】出産できる施設の種類と産院選びのポイント

    妊娠期間の約10ヶ月という長期間通い、お産の瞬間を素晴らしい思い出にするためにも、産院選びは重要です。そこで、病院や助産院など各施設の出産スタイルの違いや産院選びのポイントを紹介します。※この記事は元愛育病院院長で産婦人科医の堀口貞夫先生に監修いただきました。

  • 【専門家監修】赤ちゃんの小児科選びは「信頼できる医師」かが重要
    【専門家監修】赤ちゃんの小児科選びは「信頼できる医師」かが重要

    赤ちゃんのかかりつけの小児科医を見つけることはママやパパの大事な役目です。病気はもちろん、予防接種や健診などで長くお世話になる「小児科選びのポイント」をまとめました。※記事監修:埼玉医科大学総合医療センター新生児科教授、小児科医・加部一彦先生

  • 子どもの鼻水・鼻づまり・鼻血。病院を受診する目安は?
    子どもの鼻水・鼻づまり・鼻血。病院を受診する目安は?

    子どもは鼻の粘膜が敏感なので、鼻血や鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状を起こしやすいもの。それぞれの症状の受診の目安をまとめて紹介します。鼻の症状だけでなく全身状態をチェックして、受診が必要かどうかを見分けましょう!

  • 敏感な子どもの肌はトラブルも多発!こんなときは早めの受診を。
    敏感な子どもの肌はトラブルも多発!こんなときは早めの受診を。

    子どもの肌に出た発疹にはさまざまな原因が考えられます。感染症の疑いもあるので、皮膚だけでなく全身状態も見ましょう。あせもやオムツかぶれ、じんましんなど、発疹の種類別に原因と対処法を紹介します。

powerd by babycome