お役立ち健康ニュース

歯科に関するおすすめの記事一覧です。「お役立ち健康ニュース」では、ママ&子どもの病気・健康に関する記事を配信中。記事下のリンクから「ベビカム病院予約」でその場で診察予約も!

歯科

  • あなたは大丈夫?若い女性は特に注意!顎関節症になりやすい人の特徴
    あなたは大丈夫?若い女性は特に注意!顎関節症になりやすい人の特徴

    生活習慣の変化やストレスの影響で患者が増えている「顎関節症」。特に20代~30代の若い女性に多く見られ、歯並びや噛み合わせの他にも姿勢やストレスなどさまざまな原因が発症に繋がります。顎関節症になりやすい人の特徴をチェックして予防に努めるとともに、症状がある場合は歯科を受診しましょう。

  • 嗜好に影響!?虫歯を予防する考え方「3歳までのシュガーコントロール」
    嗜好に影響!?虫歯を予防する考え方「3歳までのシュガーコントロール」

    6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」。毎日の歯磨きや定期的な歯科健診など、わが子を虫歯をしないためにママたちはさまざまに工夫していると思います。そんな虫歯予防策のひとつとして、「シュガーコントロール」を意識しましょう。3歳ぐらいまで、できるだけ甘いものを控えるようにすることで、将来の味覚と食生活に影響します。

  • 歯磨きは1日何回?いつ磨く?虫歯知らずの仕上げ磨きのコツ
    歯磨きは1日何回?いつ磨く?虫歯知らずの仕上げ磨きのコツ

    いったん虫歯になってしまうと、通院やその後のケアなどが大変!毎日の歯磨き習慣や、正しいブラッシングの仕方を身につけることで、お子さんを歯のトラブルから守ってあげることができます。歯磨きをするタイミングや、ブラッシングのコツ、気をつけたいことなどをまとめました。小さな頃から親子でいっしょに習慣づけしたいですね。

  • 親子で覚えておきたい「よく噛んで食べる」ことの5つのメリットとは?
    親子で覚えておきたい「よく噛んで食べる」ことの5つのメリットとは?

    「よく噛んで食べなさい」と言いますが、よく噛んで食べることは消化に良いというだけではなく、からだ全体の健康を整えるために大切です。そのメリットを理解し、日ごろの食事から噛む力をつけるように親子で心がけていきましょう。

  • 乳歯は永久歯を導くナビゲーター!むし歯で抜けるとどうなる?
    乳歯は永久歯を導くナビゲーター!むし歯で抜けるとどうなる?

    乳歯はどうせ抜けるから…とケアをおろそかにしていませんか? 乳歯がむし歯になって抜けてしまうと、永久歯の歯並びにも影響します。どのような影響があるのか、また、乳歯の歯のあいだにできる、大切なすき間「発育空隙」についてなど、生え変わり前のお子さんをもつママたちにぜひ知っておいてほしい、乳歯と永久歯の関係をわかりやすく説明します。

  • 「6歳臼歯」は永久歯の歯並びの中心!むし歯になりやすい原因と予防法
    「6歳臼歯」は永久歯の歯並びの中心!むし歯になりやすい原因と予防法

    6歳頃になると、永久歯への生えかわりがはじまります。12歳前後で28本が生えそろいますが、新しく生えてきた永久歯をむし歯にしないように心がけたいもの。歯の位置ごとに、乳歯が永久歯へ生え変わる時期の目安を紹介します。また、永久歯の歯ならびの中心となる「6歳臼歯」は、特にむし歯になりやすいので要注意!日頃から子どもの口の中をよく観察し、生え変わりの時期を見逃さないようにしましょう。

  • 赤ちゃんの歯が生えてきた!乳歯をむし歯にしないための基礎知識
    赤ちゃんの歯が生えてきた!乳歯をむし歯にしないための基礎知識

    赤ちゃんの乳歯が生える時期は、だいたい生後6~8ヶ月の間。下の前歯から顔を出し、上下4本の前歯が揃ったら、そのほかの歯も順番に生えていき、3歳前後で20本の乳歯が生えそろいます。ここでは、乳歯の生える順番や月齢の目安、乳歯の役割について紹介します!

  • むし歯になりやすい場所は変化する!年齢別にみる歯磨きのポイント
    むし歯になりやすい場所は変化する!年齢別にみる歯磨きのポイント

    上下の前歯が生えそろった頃、奥歯が生え始めた頃、6歳臼歯が生えた頃、乳歯が永久歯に変わる頃…。個人差はありますが、子どもの年齢によって、歯の生えてくる箇所とむし歯になりやすい場所は変化していきます。年齢別に、歯磨きで特に気をつけたいポイントについてまとめました。

  • 子どもが顔から転んでケガ!口の中を切ったり歯を折ったりしたら?
    子どもが顔から転んでケガ!口の中を切ったり歯を折ったりしたら?

    危ない!と思ったときには、子どもが顔から転んでしまっていたり、何かにぶつかっていたり。「子どもにケガはつきもの」と知っていても、口から出血したり歯が折れたりすると、ママは慌ててしまいますよね。いざという時のために、子どもの口の中のケガに対する応急処置の方法を覚えておきましょう。処置後は歯科医の受診を!

  • 女性に多い歯周病の症状とは?妊娠中にかかると早産のリスクも…!
    女性に多い歯周病の症状とは?妊娠中にかかると早産のリスクも…!

    ホルモンの影響で女性は男性よりも歯周病になりやすいことが知られています。特に妊娠中は歯周病のリスクが高まる時期。妊婦が歯周病にかかっていると早産リスクが高まるという調査結果もあるため、注意が必要です。

  • 乳歯から治療が必要なことも!歯並びや噛み合わせが悪い「不正咬合」
    乳歯から治療が必要なことも!歯並びや噛み合わせが悪い「不正咬合」

    子どもの歯並びや噛み合わせが悪い「不正咬合(ふせいこうごう)」。乱ぐい歯・上顎前突(出っ歯)・反対咬合(受け口)など、さまざまな症状がありますが、程度や原因により、治療方法はさまざまです。乳幼児期に治療をスタートさせたほうがよい場合もあるので、乳歯の時期から、歯並びや噛み合わせも要チェックです。

  • あっという間に進む乳歯のむし歯。4つの原因と気をつけたいポイント
    あっという間に進む乳歯のむし歯。4つの原因と気をつけたいポイント

    乳歯だからといって、むし歯を放っておくと永久歯にも影響します。むし歯の原因や進行度合い別の症状を紹介します。また、哺乳びんで果汁や乳酸飲料を飲むことも、むし歯の原因になりやすいので注意!早いうちから、むし歯を防ぐことを意識した生活習慣がつくと良いですね。

  • 舌の表面がまだらに、地図のように見える「地図状舌」は自然に治る?
    舌の表面がまだらに、地図のように見える「地図状舌」は自然に治る?

    舌の表面に白い斑が現れ、やがて赤いまだら模様に見えるのが特徴の地図状舌(ちずじょうぜつ)。痛みはなく、自然に治るため治療は必要ありませんが、いつもとようすが違ったら、ほかの病気の可能性もありますので、歯科を受診しましょう。

  • 子どもの歯列矯正を始めるなら、時期はいつ頃?
    子どもの歯列矯正を始めるなら、時期はいつ頃?

    お子さんがの歯の噛み合わせや歯並びが気になるとき、矯正するべきなのか、何歳ぐらいから治療を始めるべきなのか、悩むところですよね。早めに矯正を始めるべき症状や、年齢によって治療の選択肢が異なってくる場合もありますので、小児歯科や矯正歯科を受診しましょう。

  • 子どもにも増えている顎関節症。あごだけでなく全身にも影響が!
    子どもにも増えている顎関節症。あごだけでなく全身にも影響が!

    最近、子どもにも増えている「顎関節症」。進行すると、あごだけでなく、だるい、疲れるといった全身症状も現れます。子どもが「口を開けるときに変な音がする」「痛い」などと訴えたら、なるべくあごに負担をかけないようにして、専門医に相談しましょう。

  • 【専門家監修】子どもの虫歯予防に!小児歯科を選んで定期健診を
    【専門家監修】子どもの虫歯予防に!小児歯科を選んで定期健診を

    小児歯科は子どもの歯を専門に診る歯医者で、治療だけでなく虫歯予防にも力を入れています。定期的な歯科健診のメリットや歯の生えるタイミング、歯医者に何歳から行くのかなど新米ママが知りたい情報をまとめて紹介します。歯科選びのポイントも!

  • 妊娠中から実践!赤ちゃんの歯を丈夫にする食事&生活習慣をチェック
    妊娠中から実践!赤ちゃんの歯を丈夫にする食事&生活習慣をチェック

    乳歯の芽がつくられるのはなんと妊娠7週目ごろから! 生まれてくる赤ちゃんの歯を丈夫にするためには、妊娠中の栄養バランスや正しい生活習慣がとても大切です。妊娠中からできる赤ちゃんの虫歯予防に目を向けてみませんか?

  • 子どもの大切な歯を守ろう!虫歯予防のために親子でできること
    子どもの大切な歯を守ろう!虫歯予防のために親子でできること

    生えたばかりの子どもの歯は大人の歯と比べると傷つきやすく、虫歯にもなりやすい特徴があります。家庭で子どもの虫歯を防ぐためにできることを紹介します。親子で正しい歯磨きのやり方をチェックしてみましょう!

powerd by babycome