> > > > > 出生前診断の進歩で治療も早くなりました

出生前診断の進歩で治療も早くなりました(しゅっせいぜんしんだんのしんぽでちりょうもはやくなくなりました)

 近年は妊娠中の超音波診断で、水頭症(「水頭症」)、水腎症(「水腎症」)、先天性消化管閉鎖、先天性心疾患などの胎児の異常がわかるようになりました。
 早く治療することが予後をよくすると判断されれば、水頭症や水腎症の水を抜くなどの胎内治療を、妊娠中に行うこともあります。もしくは分娩を早めたり、分娩に小児外科医が立ち会ったりし、出生後ただちに手術を行うことで救命できる病気もふえてきました。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

出生前診断 出生前診断 生まれつき 先天的 妊娠中の検査 出生前診断 出生前診断

関連記事

「先天性食道閉鎖症(新生児)」
「先天性食道閉鎖症(消化器)」
「先天性肥厚性幽門狭窄症(消化器)」
「先天性腸閉鎖症(消化器)」
「鎖肛(消化器)」
「出生前診断は十分に話し合う」
「先天性心疾患(新生児)」
「先天性心疾患(心臓)」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome