>
>
>
>
3歳までのシュガーコントロールが、その後の嗜好に大きく影響!?

3歳までのシュガーコントロールが、その後の嗜好に大きく影響!?

甘いお菓子やジュースは、子どもには魅力的なもの。でも、小さなころからきちんとルールを決めて、お菓子やジュースの与え過ぎを防ぎましょう。

2017-11-30更新

むし歯の予防 シュガーコントロール

3歳までは甘味を遠ざけよう

人間は2歳ぐらいで味を覚え、5歳ぐらいまでに味覚が完成するといわれています。3歳ぐらいまで、あまり甘いものを与えないで育てるか、そうでないかで、5、6歳になったときに食べ方に違いが出てきます。
たとえば、ジュースを飲みながら平気でケーキ1個を食べる子と、麦茶を飲みながらケーキは半分で十分な子、というような違いです。
親だけでなく、祖父母にも協力してもらい、3歳ぐらいまではできるだけ甘味をさけて育てるようにするのが良いでしょう。

大量の砂糖が含まれている飲み物に気をつけましょう

缶ジュース1本でも、20gもの砂糖が含まれているものがあります。また、炭酸は甘さを感じにくくする作用があるので、炭酸飲料はとくに注意が必要です。果汁100%のジュースも、防腐剤のかわりに砂糖が添加されているものがあるので、表示をよく見ましょう。
できるだけ、麦茶や牛乳など、無糖の飲み物がよいでしょう。

ルールを決めて、だらだら食いをストップ!

かといって、甘いものを完全に絶つのも無理があります。お楽しみのひとつとして、摂り方に気をつけて与えるようにしましょう。砂糖は長時間口の中にとどまると、むし歯の発生率が高くなりますので、歯につきやすい粘着性の高いお菓子は要注意。おやつは時間を決めて無糖の飲み物と組み合わせるなど、工夫が必要です。
「これぐらいはいいか」とゆだんせずに、親子でルールを決めて、きちんと守ることが大切です。

合わせて読みたい
■ベビカム病気ナビ(子ども医学館)
むし歯予防の基本 シュガー・コントロール
むし歯を防ぐ歯みがきのコツ
仕上げみがきのポイント
powerd by babycome