>
>
>
>
【ベビカム相談室】親が花粉症だと子どももなる?専門家が回答

【ベビカム相談室】親が花粉症だと子どももなる?専門家が回答

1歳8カ月の子どもを育てるママからの「花粉症の遺伝」に関するお悩みに、渋谷紀子先生(愛育クリニック小児科部長・アレルギー専門医)がアドバイス!「ベビカム相談室」は、妊娠出産・子育てに関する悩みに専門家や先輩ママたちが回答するコーナーです。

2019-03-11更新

花粉症の遺伝

「花粉症の遺伝」に関するお悩み…

花粉飛散のピークを迎えたこの時期、くしゃみや鼻水の症状に悩むパパママも多いはず。親が花粉症だと「子どもも花粉症になるのでは?」と心配になるものですが、今回の相談者(33歳女性)もその1人。

「1歳8カ月の子どもがいます。私が花粉症で、すでに症状がかなり出ている状態です。毎年とても辛く、外に出かけるのが億劫になるほどなので、子どもには花粉症になってほしくないと思っているのですが、子どもも花粉症になる可能性があるのでしょうか? 花粉症にならないようにする対策を教えていただけたらと思います」とのこと。

親が花粉症だと子どもも花粉症になる可能性が高いのでしょうか? 専門家に聞きました。

渋谷紀子先生(愛育クリニック小児科部長・アレルギー専門医)のアドバイスは…

最近は花粉症の子どもが増えているといわれますが、実際のところ、どうなのでしょうか?

渋谷先生によると、「近年、成人の25-30%がスギ花粉症と言われ、子どもの花粉症も増えています。1998年と2008年の全国実態調査を比較すると、スギ花粉症の有病率は、5~9歳で7.2%→13.7%、10~19歳で19.7%→31.4%と著しい増加傾向が見られます」と、やはり花粉症の子どもは増加傾向にあるよう。

ただ、花粉症の子どもが増えている要因としては、アレルギー体質の遺伝よりも環境によるものが大きいそう。

「アレルギー疾患の発症には、遺伝因子と環境因子の両方が関与すると言われています。確かに家族性のアレルギー体質は影響するかも知れませんが、現状日本では花粉の飛散量が非常に増えているために、もともとアレルギー体質でなかった大人も花粉症を発症しています。体質を心配するより、まずは環境整備が先決」だといいます。

子どもの花粉症の症状をチェック!予防方法は?

症状については、「子どもの場合も大人と同じようにくしゃみや鼻水などの鼻症状が現れますが、小さな子どもはよく風邪をひくので、症状の見分けが難しいことがあります。さらさらした透明な鼻水が長引いたり、目のかゆみ・結膜の充血を伴ったりすることが、ある程度目安になります。また、花粉の飛散が多い日に症状が強く出れば、かなり疑わしいでしょう」とのこと。

予防方法については、「可能な限り花粉との接触を避けることです。マスクなどで予防するほか、なるべく家の中に花粉を持ちこまないよう、ドアの外で衣類の花粉をよく払ってから玄関に入るようにしましょう」とアドバイス。

回答では、子どもが花粉症を発症した場合の治療法についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼詳しくはこちら
Q.子供でも花粉症になってしまうのか、また、対策を知りたいです。

合わせて読みたい
■ベビカムニュース
花粉症の親を持つ子どもの約6割が発症…!?幼児での発症が最多
■ベビカム病気ナビ(子ども医学館)
アレルギー性鼻炎
■ベビカム病院予約:ネット予約OK!当日予約や休日診療の病院も!
耳鼻科
powerd by babycome