便を調べる(べんをしらべる)

どんな検査?


便の形、色、におい、血液の混入、細菌などを調べることで消化管の異常を見つけたり、疑われる病気の原因をさぐったりします。

検査のしかた


病院でもらった容器に家で便をとっていく場合と、病院で浣腸してとる場合があります。また、肛門から綿棒でとる方法(肛門採便)もあります。
 子どもの便に異常を感じたら、おむつごと持っていくか、小さい密閉容器にとって持っていきます。トマトを食べたあとの便や、薬による赤い着色を血便と思ってしまうこともあります。

検査でわかること


①菌やウイルスの種類の特定

 下痢がひどく、腸炎が疑われる場合に、細菌培養検査やウイルス検査を行います。鶏卵や食肉につくサルモネラ菌、鶏肉につくカンピロバクター、そしてO‐157などの病原性大腸菌などによる細菌性腸炎、またはロタウイルス、アデノウイルスなどのウイルス性腸炎の判別がつきます。

②血便の有無

 便に血液が混じっていると、消化管の出血が疑われます。腸重積症の場合は、肉眼で判断できるほどの鮮血(イチゴジャムのような血)がでます。肛門の傷や細菌性腸炎でも鮮血がみられます。ほかに胃・十二指腸潰瘍やメッケル憩室などが疑われます。どこで出血しているかを特定するには、さらにX線検査や内視鏡検査が必要になります。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

ウイルス検査 ウイルス性腸炎の判別 ウイルスの種類の特定 菌の種類の特定 血尿の有無 血便の有無 細菌培養検査 検便 便検査

関連記事

「下痢・腹痛のときの対処法」
「便がゆるい・下痢のときの受診のめやす」
「子どもの胃潰瘍・十二指腸潰瘍」
「子どもの下痢」
「感染性胃腸炎(感冒性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)」
「ロタウイルスによる胃腸炎(白色便性下痢症・乳児嘔吐下痢症)」
「病原大腸菌食中毒」
「サルモネラ食中毒」
「腸重積症」
「血便の種類と消化管の病気」
「メッケル憩室」
「食中毒による急性胃腸炎」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome