ジフテリア(じふてりあ)

どんな病気?


病原菌にのどや気管の粘膜や筋肉がおかされ、死亡率の高い感染症です。予防接種によりいまはまれな病気です。

症状


感染する場所によって症状は異なります。いちばん多いのが咽頭に感染するジフテリアです。発熱、倦怠感からはじまり、のどが赤くはれ、扁桃が、白っぽい膜のようなもの(偽膜)でおおわれます。頸部のリンパ腺がはれることもあります。
 喉頭に感染するジフテリアは、発熱や声がれ、イヌの遠吠えのようなせきをします。偽膜がのどから気管支をおおい、呼吸困難になることがあります。
 鼻の粘膜に感染するジフテリアは、かぜの症状と似ていますが、しだいに膿性または血性の鼻汁となり、鼻がつまり、鼻孔がただれます。

原因


ジフテリア菌が感染し、菌の毒素が組織をおかして偽膜をつくり、障害を与えます。潜伏期間は2~5日で、冬に発症します。かつて幼児や学童に多くみられる病気でしたが、現在は、予防接種により、日本では年間に患者が1人でるかでないかのまれな病気になりました。ただ、輸入感染症として流入することが心配されています。

治療


発病初期であれば、抗毒素血清療法で菌の毒素を中和します。また菌を除くために抗生物質を投与します。
表「予防接種のスケジュール表」

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

ジフテリア菌 輸入感染症 海外旅行 外国旅行 海外で感染 外国で感染 海外感染 外国感染 声がれ 声がかれる イヌの鳴き声 イヌの遠吠え のどのはれ のどの偽膜 予防接種 三種混合 三種混合ワクチン 二種混合 DPT DT 感染症 感染 うつる病気 飛沫感染 ジフテリア

関連記事

「三種混合(DPT)」
「海外旅行で流行地から輸入してくる感染症」
「予防接種のじょうずな受け方」
「予防接種の種類と予防できる病気」
「予防接種を受けるときの注意」
「予防接種に関する素朴な疑問」
「新しい感染症予防法の対象疾患」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome