秋に注意したい体のトラブル(あきにちゅういしたいからだのとらぶる)

かぜ症候群

(「かぜ症候群」)
 9~10月ごろは、鼻かぜ程度ですんでいることが多いのですが、11月ごろからはそろそろ発熱をともなうかぜがはやりだします。衣類の調節をまめにしながら、うがいと手洗いを習慣にして、予防に努めましょう。

気管支ぜんそく

(「小児ぜんそく(気管支ぜんそく)」)
図「無題」
 春と同様に、季節の変わりめになるとぜんそく発作を起こす子どもがふえてきます。
 気圧の変化や、急に気温が下がることがきっかけになることもあります。室温の調節や空気の乾燥に注意して、発作が起きたら、すみやかにかかりつけの小児科医を受診します。そのとき日ごろのケアをしっかりと確認しておきます。

夏バテ


 暑さによる体力消耗、エアコンの冷風の浴びすぎ、不規則な生活や乱れた食生活など、夏のツケが疲労感や食欲不振として現れることがあります。
 小さな子どもでは、発熱することもあるので、体調をよく観察し、場合によっては受診しましょう。

胃腸のトラブル


図「無題」
 食欲の秋といわれるように、秋はなにを食べてもおいしい季節です。
 しかし、食欲にまかせて食べていると、消化不良など、胃腸のトラブルを起こすことがあります。食事は3食をきちんととり、よくかんで、おやつはほどほどにすることです。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

胃腸のトラブル かぜ 季節の変わりめ 消化不良 ぜんそくの悪化 夏バテ

関連記事

「冷気による障害(冷房病)」
「秋の健康管理のポイント」
「読書や音楽鑑賞のすすめ」
「家族で温泉旅行もいいけれど……」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome