ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 吐き気やだるさ…つわりの種類別の対策を先輩ママの体験談でチェック

吐き気やだるさ…つわりの種類別の対策を先輩ママの体験談でチェック

吐きづわりや匂いづわりなど、つわりの種類は人それぞれ。ここでは、妊娠中・育児中の女性につわりの症状についてアンケートで聞いた調査結果をご紹介します。吐き気やだるさなど、つわりの症状を少しでも楽にする方法・対策もあわせてチェックしましょう。

2019-10-25更新

つわりの症状

約8割の妊婦さんが経験するつわりの症状は、吐き気!

妊娠するとホルモンバランスの変化から、女性のからだにはさまざまな変化が起こります。なかでも多くの人が経験する妊娠初期症状が「つわり」です。つわりの種類は人それぞれで、吐きづわり・食べづわり・匂いづわりなどが知られています。

「ベビカムリサーチ」では、妊娠中・育児中の女性を対象に「つわりの症状」についてアンケートで聞きました(調査期間:2019年9月27日(金)~10月3日(木)有効サンプル数 474)。その結果、妊婦さんが経験するつわりの症状のTOP3は、吐き気(74.3%)・匂いの感じ方の変化(61.6%)・だるさ(60.0%)となりました。

つわりの症状

つわりを少しでも楽にする方法は?種類別の対策方法

人によってつわりの症状や程度は違いますが、なるべくなら軽く済ませたいもの。先輩ママの体験談から、つわりを軽減する方法を症状の種類別にご紹介します。

▼吐き気(吐きづわり)の対策方法
・トマトだけはおいしく食べられたので、トマトばかり食べていました。(ふゆのたままさん)
・固形物は受け付けなかったので、ゼリーやドリンクタイプのヨーグルトなどでしのいでいた。(ぴさん)
・フルーツはすっきりしていて食べやすかったです。またフライドポテトも無性に食べたくなりました。(えりいさん)
・気持ちが悪くなると飴をなめれば少し落ち着けた。 あとは座るか横になって休む。(なんさん)
・水すら飲めなくなり、病院で点滴を受けた。対処法をネットや本で調べて試したがなかなか効かず、りんご味のベビー用飲料水を少しずつ飲みながら耐えた。(しゅーママさん)

▼匂いの感じ方の変化(匂いづわり)の対策方法
・マスクをしたり換気をしたり、家事を手伝ってもらったりして乗り切りました。(ゆうままさん)
・匂いがいろいろとダメになってしまったので、洗剤や柔軟剤を無香料のものに変えました。ヤシの実を使った自然派の洗剤がおすすめです。(ハロウィンさん)
・マスクをしたり鼻を摘んだりしながら自炊しましたが効果はなく、無理な時は自炊せず、出来合いのものを食べました。(たーさん)
・黒マスクが良いと先生から聞き、中にさらにポケットテッシュを2枚重ねて入れて使いました。(はるひさん)
・匂いづわりで、家の匂いがダメでした。なので、実家に帰りました。実家の匂いは大丈夫でした。(まゆさん)

▼だるさの対策方法
・体調が悪くて寝たいのに、吐き気やだるさがひどくて眠りにつくことも困難だった。仕事を遅刻したり休んだりして眠れるときに寝てた。(いくらママさん)
・全身のだるさが、旦那さんが足の裏~ふくらはぎのマッサージをしてくれるとすごく楽になったのでお願いしていた。(みーさん)
・吐き気、だるさでずっと起き上がれず…。幸い仕事をしていなかったので、つわり中はほぼ横になっていました。(nutteさん)
・仕事中に眠かったりだるかったりしたので、血行を良くするために、なるべく座りっぱなしにならないように席を立ったり、ストレッチをしたりしました。昼休みに仮眠もとりました。(いりこ★さん)
・少し動いただけですぐ疲れてとにかくだるくて、上の子を散歩に連れ出したり買い物に行くのが億劫でした。夫の仕事帰りに買い物してきてもらい、最低限の家事だけしていました。(hisa+さん)

「ベビカムリサーチ」では、今回のアンケート調査の詳しい結果を紹介中。ここで紹介した以外にも、つわりの時期の回答データや体験談・アドバイスを多数掲載しています。先輩ママたちの体験談を元に、つわりを少しでも楽にする方法を見つけてくださいね!

▼詳しくはこちら
【リサーチ】つわりはいつまで続く?多くの人が感じる症状・対処法は?

▼合わせて読みたい
■妊娠体験談
つわりで2ヶ月寝たきり…吐き気と戦う日々【妊娠3ヶ月の体験談】
■ベビカムニュース
妊娠中にひたすら食べていたものは?トマト、みかん、たこ焼きも…!?

powerd by babycome