公衆電話・移動電話での通報のしかた(こうしゅうでんわいどうでんわでのつうほうのしかた)

緊急通報用ボタンつき電話(縁色)


 受話器を上げ緊急通報用ボタンを押し、119番をダイヤル(プッシュ)します。
 10円・100円硬貨やカードを入れた場合も通話できます。

デジタル公衆電話(灰色・緑色)


 受話器を上げ、119番をダイヤル(プッシュ)します。
 10円・100円硬貨やカードを入れた場合も通話できます。

赤電話


 店の人や電話を管理する人に申し出て緊急通話用に切り替えてもらい、119番をダイヤル(プッシュ)します。
 切り替えずに硬貨を入れてダイヤルすると、こちらの声は相手に聞こえません。

移動電話(自動車電話・携帯電話)


 移動電話の場合、かならずしも現場を管轄する消防本部につながるとはかぎりません。管轄外の本部につながった場合は、管轄の本部へ転送されるシステムになっているところもありますが、自治体や地域によっては、まだ整備が完全とはいえないところもあります。
 そのため、できるだけ電話する前に現場の住所を確認しておきましょう。できれば、公衆電話や一般の取り付け電話で通報しましょう。110番に電話するのも1つの方法です。
 移動電話から通報したときは、自動車(携帯)電話であることを最初に告げましょう。また、119番のほうから確認をとる必要性が生じることもあるため、通報後10分間は電話を切らないようにするか、電話番号を伝えておきましょう。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

青色電話での通報 赤電話での通報 移動電話での通報 黄色電話での通報 携帯電話での通報 公衆電話での通報 自動車電話での通報 ピンク色電話での通報 緑色電話での通報 119番 救急 救命 救急車

関連記事

「手当ての援助を頼む」
「119番に通報する」
「公衆電話からの救急車の呼び方」
「乳幼児の事故防止10か条」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome