若年性関節リウマチ(じゃくねんせいかんせつりうまち)

どんな病気?


16歳未満の子どもにみられる関節炎で、多関節型の病型は関節の障害を残すことがあります。

症状


病型には3タイプがあります。「全身型(スチル病)」は10歳以下に発病し、発熱に続き関節症状が現れます。リウマトイド疹といってサーモンピンクの斑がでたり消えたりし、リンパ節や肝臓・脾臓のはれが現れます。胸膜炎や心筋炎(「心筋炎」)をともなうこともあります。「多関節型」は手指の小関節を含む多くの関節がおかされ、痛みやはれ、熱感があり、関節の運動が制限されます。朝のこわばりといって、起床後30分くらい、手の関節が曲がりにくくなるのが特徴です(「胸膜炎」)。
 「少関節型」は6歳以下の女児に多く、膝、肘など大きな関節がおかされ、目の虹彩毛様体(黒目)に炎症を起こします。視力が低下することもあります。

原因


風疹などの感染や免疫異常などが考えられますが、まだ、はっきりしていません。

治療


アスピリンのほか、症状により非ステロイド系抗炎症剤、遅効性抗炎症剤を投与します。
 心筋炎や虹彩毛様体炎には、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を使用します。

家庭でのケア


安静を心がけ、家の中で静かにすごします。炎症がおさまってきたら、積極的に手足の関節を動かす体操、リハビリテーションを行います。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

関節炎 関節の障害 スチル病 リウマトイド疹 サーモンピンクの斑 リンパ節のはれ 胸膜炎 心筋炎 関節の痛み 関節のこわばり 手が曲がりにくい 虹彩網様体 視力の低下 風疹 免疫異常 免疫反応 自己免疫 脾臓のはれ 肝臓のはれ 朝のこわばり 膠原病 若年性関節リウマチ

関連記事

「風疹(三日ばしか)」
「慢性病のある子どものケア」
「小児慢性特定疾患医療とは」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome