ネコひっかき病(ねこひっかきびょう)

どんな病気?


ネコにひっかかれ、リンパ節がはれる病気です。ネコは発病せず人に感染します。人から人にはうつりません。

症状


ネコにひっかかれた部位に赤い丘疹ができ、水疱化し、化膿して潰瘍をつくります。2~3週間すると全身がだるくなり、傷の近くのリンパ節がはれてきます。ときに、高熱が続く場合があります。

原因


病原菌はバルトネラ・ヘンゼレと呼ばれる菌です。

治療


多くの場合、数か月で自然に治ります。
 化膿した傷口には抗生物質、リンパ節のはれには湿布薬を用います。発熱が続く場合は、抗生物質を飲んだり、静脈注射します。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

接触感染 ネコ ネコから感染 ひっかかれた ペット 感染 感染症 うつる病気 ひっかき傷 リンパのはれ リンパ節のはれ 発疹 水疱 バルトネラ・ヘンゼレ 動物から感染 ネコひっかき病

関連記事

「動物にかまれた」
「感染症を予防するペットとのつきあい方」
ベビカム医学辞典