感染症を予防するペットとのつきあい方(かんせんしょうをよぼうするぺっととのつきあいかた)

 動物は細菌を保菌していたり、体内に寄生虫が生息していたりして、その糞便をとおして人に感染することがあります。
 子どもにはペットの糞を直接手でさわらないように教え、ティッシュペーパーでつまんで処置したら、そのあと、手を石けんで洗うように指導します。
 子どもたちが遊ぶ砂場には、ネコやイヌの糞が放置されていることがあります。親は砂場を点検して、糞などは取り除いてやりましょう。
 また、砂場で遊んだあとは、手足を石けんで洗い、汚い手で食べ物を食べさせないようにします。
 また口うつしで、ペットに食べ物を与えないようにしましょう。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

ペット 感染症 ペットの感染症 うつる病気 ペットを飼う ペットから感染 ネコから感染 イヌから感染 砂場 砂遊び 糞便 ペットの糞 ウンコ うんち ペットのうんち ペットのウンコ

関連記事

「動物にかまれた」
「鳥につつかれた」
「ネコひっかき病」
「泉熱」
「Q熱」
ベビカム医学辞典