腟カンジダ症(ちつかんじだしょう)

どんな病気?


 カンジダという真菌(カビの一種)が腟内に繁殖して炎症を起こします。抗生物質の長期服用後、真菌が増殖して起こることが多く、セックスによる感染は少ないようです。

症状


 豆腐やカッテージチーズのような白いパサパサしたおりものがふえ、腟内や外陰部に強いかゆみをともなう炎症が起こります。外陰部も赤くなり、外陰カンジダ症をともなうことも。

原因


 カンジダ・アルビカンスというカビ(真菌)の一種が腟内に繁殖して起こります。そもそもカンジダは、ふだんから常在菌として皮膚や口、性器などに寄生しています。ところが、からだの抵抗力が落ちたときや妊娠、抗生物質の長期投与、腟内を洗いすぎたときなどに、カンジダが増殖し、炎症を起こしてしまうのです。そのため、セックス未経験の女性や子ども、高齢者でも発症することもあります。セックスによる感染では、おもに女性が感染源になります。

治療


 顕微鏡検査や培養検査でおりものを調べて診断します。陽性の場合は、抗真菌性の腟錠や内服薬で治療します。外陰部に炎症を起こしている場合は、抗真菌性の軟膏やクリームを塗ります。1週間から10日ほどで完治します。

あなたへのひとこと


 腟カンジダ症は、再発しやすいため、完全にカンジダがいなくなるまで根気よく治療することがたいせつです。セックスによる感染なら、パートナーもいっしょに治療しなければ、いつまでも再発をくり返します。また、感染していなくても、長期間抗生物質を飲んでいるときや疲れたときなど、抵抗力が落ちているときは、カンジダが増殖することがあります。そんなときのセックスはひかえ、日常生活では、腟洗浄をしないように心がけましょう。

関連するキーワード

腟カンジダ症 性感染症 カンジダ 真菌 カビ 炎症 抗生物質 セックス 性行為 性交 パサパサしたおりもの 白いおりもの おりもの 外陰部 かゆい 外陰カンジダ症 カンジダ・アルビカンス 常在菌 抵抗力 妊娠 顕微鏡検査 培養検査 抗真菌性 腟錠 内服薬 軟膏 クリーム 再発 パートナー 恋人 彼氏 配偶者 疲れ 疲労 腟洗浄
ベビカム医学大辞典
powerd by babycome