ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 出産は最高のイベント!ポジティブママの出産【出産体験談】

出産は最高のイベント!ポジティブママの出産【出産体験談】

陣痛の痛みは、お産の進み具合やママの体質によって違ってきます。動けないほど激痛だったというママも、思ったより痛くなかったというママもいるようです。今回紹介するのは大変な出産イメージをプラスに変え、我が子と出会える最高のイベントと思い、楽しんで挑んだポジティブママの出産体験談です!

2020-05-17更新

お産の始まり 出産体験談
体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

ポジティブなお産!? 娘に会える最高のイベントを楽しむ!!

39週を迎え、 今か今かとソワソワ過ごしていました。
「あれ?これついに陣痛?? …いや気のせいか」 などと妄想に妄想を重ねイメージトレーニングは万全でした。

その日も何事もなく終わったと思い、眠りにつきました。 深く眠っていましたが「下半身がぬるい何かで濡れている! お漏らししちゃった! ヤバい!」と大慌てで布団から出て、とりあえずトイレに行こうと立ち上がり歩き出しましたが「あれ、あれれれれれ…まだ出てくる、止まらない」廊下で驚いて、座り込みました。

そして、やっと理解した私(あ! これが破水かーついに私の初お産キターーー!)とテンション上がり、隣に寝ていたパパに声をかけ、陣痛は全くなく慌てることもなく、 病院へ電話し、タクシーで病院に向かう事に…。

パパが立ち合いの予定だったため、出産ムービーを撮る事を思い出し、メイクをし髪を巻き、病院に着いたのは1時間以上が経った頃でした。警備員さんと看護師さんが外で待っていました。

すごく申し訳ない気持ちになり平謝り。
「メイクしてたら遅くなりました」と言ったら、先生と看護師さん警備員さんに爆笑されました。

割と痛みに鈍感な私は、歩いたりスクワットしたり階段上り下りしたり動き回りました。おなかにいた娘も親孝行でスムーズに降りてきてくれ、4時間半で元気な女の子が生まれました。
とはいえ、さすがに最後の1時間半は死闘でしたが、助産師さんに 「自己紹介で特技はお産って言った方がいい」なんて言ってもらえました。
お産に対して舐めてると思われるかもしれませんが、ポジティブに「出産=娘に会えるイベント」を楽しみたかったのです。

こんな体験談をお伝えしましたが、今私のおなかには第2子がいます。
次はどんなふうにさらに楽しもうかと日々考えてます…ニヤリ。

(東京都/ポジティブママ/26歳)
#妊娠39週 #初めての出産 #陣痛
**************************

投稿してくれたママのように、出産を楽しめるといいですよね! ボジティブな気持ちで迎えられた赤ちゃんもきっと喜んでると思います。
そして2人目の妊娠、おめでとうございます。次も明るく楽しい出産体験談をお待ちしています。

ベビカムでは、みなさんからの出産体験談を定期的に更新しています。

合わせて読みたい
■ベビカム 妊娠・出産
お産のはじまり「破水」の体験談の体験談を読む
ママの出産体験談まとめ「みんなの出産体験記」

powerd by babycome