ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 予定日超過で誘発に!産む痛みより陣痛の方が大変…【出産体験談】

予定日超過で誘発に!産む痛みより陣痛の方が大変…【出産体験談】

出産予定日からしばらくたってもお産の兆候がない場合、陣痛促進剤を使用することがあります。今回は40週を過ぎて入院し、その後陣痛促進剤を使用したママの体験談を紹介します。

2020-03-15更新

出産体験談 入院

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

誘発分娩は、産む時より陣痛に耐える時間が苦痛…

私は40週3日で入院→誘発分娩で40週4日に出産しました。
入院してから、まず子宮内にバルーンを入れ、その後は1時間毎に陣痛を誘発する錠剤を飲みました。バルーンはすごく痛かったです…。でも、その甲斐あってか、バルーンを入れてすぐに陣痛がきて、10分間隔に。一方、子宮口は4cmまで開いたものの、そこからは中々開きませんでした。

入院した夜に、旦那と旦那のお母さん、私の母が来てくれましたが、その時はまだ喋る余裕がある痛さでした。夜も意外と眠れて、途中痛みで起きることはありながらも、トータルで7時間は眠れたと思います。

しかし、翌日10時頃になってもまだ子宮口は4cmしか開いておらず、陣痛促進剤の点滴をすることになりました。陣痛の痛みはそこからがツラかったです。11時くらいから痛みが増し、お昼ご飯はほとんど手がつけられませんでした。15時くらいからは、もうずっと叫びっぱなし…。旦那と実母が腰を揉んでくれたり、うちわで扇いでくれたりしました。17時頃からはどんな体勢でもツラくてツラくて…。先生が見に来る度に「帝王切開にしてください!」とお願いしましたが「帝王切開も大変よ?(笑)」と即却下。その頃、子宮口の開きは7cmくらいでした。この痛みがあとどれくらい続くんだと、本当に今すぐにでも死にたい気持ちになりました。18時半か19時頃になって、やっと子宮口が9cmまで開きました。いきみたくて仕方なかったです。

そして、19時半頃に破水し、ようやく分娩台へ! そこからは早かったです。分娩台に上がってから、10分もかからずに誕生しました。会陰切開もせず、かすり傷程度で済みました。産むときの痛みより、長い長い陣痛の方が苦痛でした…。

(兵庫県/さーさこ/19歳)
#妊娠40週 #初めての出産 #その他

*********************************

今回の体験談を紹介してくれたママは、子宮口を広げるバルーンを入れたときはさほどでもない痛みだったのが、陣痛促進剤を使用したことによって急激に陣痛の強さが増して、とても痛い思いをしたとのこと。一方で、産むときの痛みは少なかったようで、お産の痛みの感じ方にもいろいろなパターンがあるようですね。何より無事に出産できてよかったです!

ベビカムでは、みなさんからの出産体験談を定期的に更新しています。

合わせて読みたい
■ベビカム 妊娠・出産
出産方法別「その他」の体験談を読む
ママの出産体験談まとめ「みんなの出産体験記」