ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> まだ大丈夫と思っていたら…初産でものんびりは要注意【出産体験談】

まだ大丈夫と思っていたら…初産でものんびりは要注意【出産体験談】

陣痛の際に感じる痛みの強さや、お産がすすむスピードには個人差があります。今回の体験談は、病院に到着してから2時間ほどで出産したという初産のママたちのヒヤヒヤするエピソードを紹介します。

2020-02-19更新

出産体験談 陣痛 スピード

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

生理痛ぐらいの痛みがまさかの本陣痛!

前日から前駆陣痛がありました。産院で「陣痛は“これだ!”ってすぐわかるくらい痛いから、痛くなったら来てください」と言われて様子を見ていました。生理痛くらいの痛みが、気付けば10分間隔に!

「痛くないけど心配だし、もしまだならまた家に帰ればいいや」と思い産院へ。病院到着時点(午後7時ごろ)では子宮口が1cmしか開いておらず、医師からも「生まれるのは早くて夜中か、明日の朝かな」と言われました。

しかし、「ちょっとくるのが早かったかな〜」なんて言ってたら、あれよあれよという間にお産が進んで、産院についてから2時間くらいで生まれました。

おなかの中の状態があまり良くないから赤ちゃんが早く出ようとしてお産が急に早まったのか、元々そういう体質だったのかはわかりませんが、初産は時間がかかるというふうに決めつけないで病院に行ってよかったなと思いました。あまりにも展開が早くバタバタしていたため、パニックで陣痛の痛みはよくわかりませんでした…。産道が裂けたため縫うのに時間がかかり、それがとても痛かったです。
(海外/りよたんまま/38歳)
#妊娠37週 #初めての出産 #陣痛

「まだ我慢できる痛み」は要注意!

夜中に目が覚めたとき、お尻に突き刺すような痛みがあって眠れなくなったので陣痛かなと思いました。10分おきに痛みが襲ってきたのですが、まだ我慢できるレベルでした。
朝になってからも「部屋の掃除もしたいし、しばらく様子を見て、夕方頃病院へ連絡しよう」と、呑気なことを考えていました。その日は夫がたまたま休みの日で、「早めに連絡したほうがいい」と言われて、病院に連絡して受診することに。
まだ歩ける状態だったので、電車で病院まで行くことにしました。病院へ着くと子宮口がすでにだいぶ開いていたようで、そのまま入院に…。
1回帰ることになるだろうと思っていたので、何の荷物も持って来なかったことを後悔しました。

それからしばらくして、お尻の痛みがだんだん強くなってきました。「これが本物の陣痛かぁ」と思ったけど、この時点ではまだ我慢できる痛みでした。分娩室に入ってからは、痛みの間隔がだんだん短くなり、声も出せないぐらいつらくなりました。

結果的に病院に着いてから2時間ほどで出産したので、そこまで陣痛に苦しむ事はありませんでしたが、もし夫が休みじゃなくてそのまま家で過ごしていたらどうなっていたんだろうと思うとぞっとします。妊婦の方は少しでもからだに異変を感じたら早めの電話をおすすめします。
(埼玉県/キラキラ星/32歳)
#妊娠41週以上 #初めての出産 #陣痛

*********************************

体験談を紹介してくれた2人とも、病院に到着してから2時間ほどで赤ちゃんが生まれたとのこと。陣痛が始まったら自己判断せずに、早めに病院に連絡をして指示を仰ぐと安心ですね。

ベビカムでは、みなさんからの出産体験談を定期的に更新しています。

合わせて読みたい
■ベビカム 妊娠・出産
お産のはじまり「陣痛」の体験談を読む
ママの出産体験談まとめ「みんなの出産体験記」