ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> パパも寝ずに一緒に乗り越えた!立ち会い出産でよかった【出産体験談】

パパも寝ずに一緒に乗り越えた!立ち会い出産でよかった【出産体験談】

お産の際に家族が分娩室に付き添う「立ち会い出産」。最近は立ち会い出産ができる病院も増えてきました。今回は旦那さんがお産に立ち合い、結果的に「とてもよかった!」と感じているママ2人の体験談を紹介します。

2020-02-12更新

立ち合い出産

体験談はベビカムに会員登録しているママたちの投稿です。あくまでも一個人の経験としてお読みください。症状や対処の判断は、医師にご相談ください。

生みの苦しみ・感動を共有できて、夫婦の絆が強くなった

妊娠発覚時から出産まで迷うことなく一貫して「立ち会い出産」を希望していた。旦那さんとは10年近く一緒に過ごしてきて、一番頼りにして甘えられる人だったし、いろんな経験もしてきているので、出産のときの必死な顔を見られるのが恥ずかしいとかも特に思わなかった。旦那さん自身も職業柄、血などに抵抗もなさそうだったし、何より出産に非常に強い関心をもってくれていた。

「立ち会い出産」を選択して、本当に良かったと実感している。陣痛から出産までの苦しさや大変さを理解し、子どもが生まれてきた時の感動を共有できた体験は、その後の生活や育児にも大きく影響しているように思う。何より、2人の大切な思い出として、出産の日を振り返り夫婦で会話することができて、本当に良かったと思う。

24時間という長丁場のお産だったが、旦那さんが飽きたり眠ったりせず、私の痛みや苦しさに寄り添って声をかけ、呼吸法を一緒に行い、マッサージし続けてくれたという経験は、夫婦の信頼や絆を強くしたと思う。
(大阪府/ねぎとろ太郎/31歳)
#妊娠39週 #初めての出産 #立ち会い出産

立ち会い出産がおすすめ!一緒に頑張ったという実感!

妊娠がわかった当初夫は仕事もあるし「俺、休まないでいいよね」なんて言っていたので立ち会いなしのつもりでした。ところが20週の健診時に夫もついてきて、助産師さんの「立ち会い希望されますか?」の問いかけに「はい」と答える夫。「え?聞いてないけど!!」私はどちらでもよかったので本人の希望を尊重し立ち会ってもらうことになりました。

この時は「どちらでも」のスタンスでしたが、出産を終えた今、「立ち会ってもらってよかった」と思っています。なんといっても心細くない! 痛くて痛くて耐えて耐えて、長い1日。いるという存在だけで大きかったです。私はお尻が痛くてたまらなかったのでテニスボールで押してもらっていました。すっごく痛くて柵をつかんで「痛い~」と悶絶する私に「痛くても涙は出ないんだね」という夫の冷静なツッコミで我に返れたり(笑)。

出産が深夜だったので私も夫も疲労困憊で生まれた我が子を見てる時間は一緒に頑張ったという実感が持てました。とても良い思い出です。
(東京都/ちゃろみつ/33歳)
#妊娠40週 #初めての出産 #立ち会い出産

*********************************

長時間のお産でも、2人で乗り越えたことで夫婦の絆がより深まったようですね!パパが、医療的な手助けをするわけではありませんが、お産という大仕事にのぞんでいるママに寄り添うことは、大きなサポートになります。
立ち会い出産ができない病院もあるので、立ち合いの希望がある場合は病院を決める際に確認しておくと良いでしょう。

ベビカムでは、みなさんからの出産体験談を定期的に更新しています。

合わせて読みたい
■ベビカム 妊娠・出産
バースプラン「立ち会い出産」の体験談を読む
ママの出産体験談まとめ「みんなの出産体験記」

powerd by babycome