ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 3人目は無痛分娩で計画的に。体力も温存できた!【出産体験談】

3人目は無痛分娩で計画的に。体力も温存できた!【出産体験談】

産の方法を決めるとき、無痛分娩に興味があるという妊婦さんは決して少なくないのではないでしょうか? でも、無痛分娩にしようかな…と思っても、周囲に体験した人がいないと、お産のようすがイメージできないかもしれませんね。今回は実際に無痛分娩をした妊婦さんの体験談を紹介します。

2019-09-08更新

赤ちゃんを抱っこするママ

バルーン→無痛分娩→吸引分娩でスムーズなお産でした!

3人目を産む時のお話です。
年子の上の子を義実家に預けるため、無痛分娩で計画的に出産しました。夕方に子ども2人を預けてから病院へ向かい、夜20時頃に入院し、バルーンを入れました。あとはひたすら陣痛が来るのを、ひとりベッドの上で待ちました。医師の話では「12時間後の午前8時に陣痛促進剤を使い、陣痛を誘発→お昼までには出産できるでしょう」とのことでした。

翌朝まで病室でゆっくり寛げると思っていたのですが、22時頃になるとおなかがジクジク痛いような、痛くないような…そんな感じに。午前2時頃になると、立つことができないくらいの痛みに変わりました。こんな真夜中に看護師さんを呼んでは迷惑だと思い、しばらく我慢していましたが、午前4時頃、意識が飛びそうなくらいの痛みに変わったのをきっかけにナースコールを押しました。痛みで歩くことができないので車椅子で分娩室に移動しました。

5時頃、担当医が到着しました。バルーンを外し、子宮口の開き具合を見るとすでに全開で麻酔を入れました。麻酔のおかげで痛みは遠のきましたが、前日まったく眠れていなかった私は、途切れ途切れに意識が飛びうまくいきめません。「あまり時間をかけると赤ちゃんに負担がかかるから」とのことで、最終的には吸引分娩となりました。するんとキレイに出てきた赤ちゃんをカンガルーケアさせてもらい、へその緒を切りました。午前6時でした。麻酔で体力を温存でき、しっかり周りの状況を把握することもできました。

生まれてきた赤ちゃんはとてもかわいくて、印象深い出産でした。ただ、予定よりも6時間も早く出産となったので、看護師さんは皆さん大慌てでした。旦那もなんとか出産10分前に到着し、立ち会うことができました。陣痛促進剤も使うことなく陣痛がきたので、からだの負担も少なかったです。無痛分娩、吸引分娩でしたので、産後の回復も早かったです。
(京都府/なの/27歳)
#妊娠38週 #3人目の出産 #無痛分娩

*********************************

この体験談の妊婦さんは、無痛分娩のメリットをしっかり体感できたようですね。麻酔を打つタイミングや、麻酔の効き方などによって、無痛分娩を選択しても痛みを感じる場合もあります。無痛分娩を希望する場合は、事前によく医師の説明を聞き、納得した上で決めるようにしましょう

ベビカムでは、みなさんからの出産体験談を定期的に更新しています。

合わせて読みたい
■ベビカム 妊娠・出産
出産方法別「無痛分娩」
ママの出産体験談まとめ「みんなの出産体験記」
powerd by babycome