ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 新型コロナワクチンが始まった今、医療従事ママの現状は?感謝・応援メッセージも。

新型コロナワクチンが始まった今、医療従事ママの現状は?感謝・応援メッセージも。

ベビカムでは医療従事者のママたちへ、コロナ禍における現状について2回にわたりアンケートを実施しました。新型コロナワクチンの接種も始まった今、医療現場のママたちの現状をお伝えします。また、多くの人から届いた医療従事者への応援メッセージもご紹介します。

2021-02-18更新

ベビカムではコロナ禍の現在、医療職に従事するママたちに2回にわたりアンケート調査を行いました。

新型コロナワクチンの先行接種も始まった今、医療従事者のママたちはどのように感じ、どのような思いで医療現場へと向かうのでしょうか。
今回の調査では、コロナ禍で大きく影響を受けた生活に“ママとして”向き合う気持ちなどの回答もいただきました。

ベビカムでは、医療現場の現状と回答者のリアルな声を届けることで、多くの方に感染予防への理解、意識を高めるきっかけにして欲しいと考えています。
医療従事者への応援となるよう、ぜひ最後までお読みください。

【アンケート開催期間】
第一弾:2020年12月25日(金)~1月6日(水)
第二弾:2021年2月5日(金)~2月12日(金)
【回答数】
のべ295名の医療従事者ママが回答

新型コロナワクチン接種について

先日、医療従事者への新型コロナワクチンの先行接種が開始されました。
そこで「医療従事者のワクチン優先接種が始まりますが、接種についてどう思いますか?」との質問をしたところ、回答者の約4割の40.8%が「接種を受けたい」と答えました。(回答数/76:第二弾アンケートより)

Q. 医療従事者のワクチン優先接種が始まりますが、接種についてどう思いますか?(回答数/76:第二弾アンケートより)

接種したいと考える理由としては、次のようなコメントが寄せられています。
・患者さんにうつさないためにもワクチンを受けて少しでも効果を期待したいです。
・ワクチンの副作用よりも、新型コロナウイルスの症状の方がリスクが高いと思います。
・副反応も含めてデータが少なく不安もあるがインフルエンザと同じように予防できるものはした方が良いと思う。また、受けることでデータ件数も増えるためです。
・自分がかかったときの重症化のリスクを減らす目的よりも、感染を広げない可能性を信じて接種を受けたいです。

自分の感染リスクを減らすことで周りの人の感染を防ぐという声や、接種についてのデータが増えるから、など「誰かのために」という考えのコメントが多く、医療従事者のみなさんの優しさがわかる結果となりました。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの影響で仕事に変化があった人は9割以上の94.7%で、その中でも「大きく変わった」との回答が53.9%もありました。(回答数/76:第二弾アンケートより)

また、「コロナ禍の影響があった方にお聞きします。仕事が以前より大変になりましたか?」の質問へは、97.2%の回答者が「はい(大変になった)」と答えました。(回答数/72:第二弾アンケートより)
そして9割以上が「精神的負担が増えた」と回答しています。(回答数/70:第二弾アンケートより)

Q. 仕事が大変になった方にお聞きします。大変になった理由として当てはまるものをご回答ください。(回答数/70 ※複数選択可:第二弾アンケートより)

「コロナ禍で大きく変わったことを教えてください。」という質問へは、下記のようなコメントが寄せられました。

・職場の指示で保育所の行事(大人数で集まる)に親として参加できないことがほとんど。子どもに迷惑をかけている。休みの日も外出できなかったり、旅行や外食ももっての他。
・家族内で発熱者がいる場合も出勤停止で解熱後24時間以上が経過しないと出勤できない、もし自分自身が発熱した場合は解熱後72時間経過しないと出勤できない。なお、前者後者ともにPCR検査は必須。3歳と1歳の子どもを抱える身としては、子どもたちの体調不良が重なると有給消化ばかりでかなり厳しい状況です。
・コロナ患者は出ていないが、入院時に一定期間を個室隔離対応するなどしているため、対応が変わり業務が増えている。それに伴い、定時で上がれることが少なくなり、家事育児に少なからず影響が出ている。

など、コロナ禍で医療従事者への節制がより求められる一方で、ママとして家庭への影響に悩む声が多く見られました。

また、『医療従事者のお仕事は誇りに思っていますか?』という質問では、9割近くの86.8%の人が、「はい(思っている)」との回答でした。(回答数/287:第一弾アンケートより)

このように困難な状況の中、多くの医療従事者のママたちが誇りを持って仕事と向き合っていることがわかりました。
その意識のおかげで、私たちは安定した医療を受けることができています。

ベビカムでは、医療に従事するママたちのリアルな声を社会に発信することで、今後も医療従事者を応援していきます。

医療従事者へ感謝・応援のメッセージ

今回のアンケートでは、医療従事者への応援メッセージも多く寄せられています。
ここで、その一部をご紹介します。

・コロナ禍で自分の家族たちも守らなければならない中、ギリギリの状況下で従事されている方々に心から感謝しています。
・いつもありがとうございます。みなさんの勇気と優しさで救われています。微力ながら、手洗い除菌、密回避などできることで感染拡大を食い止めたいです。
・あなた方がいてくれるおかげて、安心して暮らすことができています。直接感謝を伝えられませんが、いつもありがとうございます。
・毎日毎日、本当にありがとうございます。きっともう少しでコロナに打ち勝てる日がくると信じて私たち家族は毎日家で過ごしてます。気力も体力もギリギリのところで働いてくださってると思います。きっとあと少し。応援しています!
・時に避難を浴びたり心ない言葉を言われるかもしれませんがそんな一部の人よりはるかに多い人たちがみなさんに感謝し、応援し、尊敬している事を忘れないでください。
・医療従事者のママは子どもたちとの交流の時間もあまりなく限られていたりすることを思うと、ママもその子どもたちもたくさんの我慢をされていると思います。同じ母親として胸が痛みます。無力の私ですが常に心の中で感謝と応援をしています!

など、本当にたくさんの方たちから感謝と応援の言葉がありました。
また、同じ医療従事者のママからも応援メッセージが届いています。その一部もご紹介します。

・まだ先は長いと思いますが同じ医療従事者のママとして応援しています! 子どもたちや自分たちの明るい未来の為にもこれからも共に頑張りましょう!
・私自身育休明けで復帰しますが仕事と子育ての両立ができるか不安もあります。しかし最前線で踏ん張ってくれている人たちの少しでも力になれればと思い4月から働きます!
・必ず終わりがあります。一緒に頑張りましょう!
・私も出産まではコロナの患者さんをケアしていました。お子さんと暮らしながら、コロナ禍で働くのはとても大変だと思いますが、医療従事者の方々のおかげで社会が支えられていると思います。本当にありがとうございます!

新型コロナウイルスという言葉を耳にするようになって1年近く経ちますが、これからも感染予防の意識を緩めることなく、一人一人ができる最善の行動をしましょう。

日本中のママたちが、マスクなしで子どもと笑って過ごせる日が来ることを心より願っています。

powerd by babycome