カポジ水痘様発疹症(かぽじすいとうようほっしんしょう)

どんな病気?


単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児にかぎらず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。

症状


発熱、食欲不振とともに、赤い小水疱が多数できます。水疱がいくつか集まって膿疱化し、ただれて潰瘍になることもあります。水疱が多数みられる部位の近くのリンパ節がはれて、強い痛みをともないます。
 顔や首、上肢などに多発し、重症になると強い脱水症状を起こしたり、乳児では、大泉門(前頭部の骨が合わさるやわらかい部分)がふくらむなど、髄膜炎症状を引き起こしたりします。

原因


単純疱疹ウイルスが、アトピー性皮膚炎のような、皮膚のバリア機能が低下している人に感染して起こります。かつて、この病気は、乳幼児が単純疱疹ウイルスに初感染したときの重症型の病気とされていました。しかし、最近では成人にもよくみられ、再発をくり返します。

治療


軽症では、抗ウイルス剤を服用します。重症の場合は、抗ウイルス剤の点滴を行います。初感染で重くなると、命にかかわります。早く皮膚科医を受診することが重要です。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

皮膚 子どもの皮膚 子どもの皮膚病 皮膚のトラブル 発疹 単純疱疹 アトピー性皮膚炎 発熱 食欲不振 水疱 赤い水疱 膿疱 ただれる 潰瘍 リンパ節のはれ 強い痛み 脱水症状 大泉門がふくらむ 単純疱疹ウイルス ウイルス感染 肌のトラブル カポジ水痘様発疹症

関連記事

「単純疱疹(単純ヘルペス)」
「アトピー性皮膚炎(皮膚)」
「発疹がでたときの受診のめやす」
ベビカム医学辞典