ベビカムニュースベビカムニュース

検索
>
> コミュニケーションが身に付くあいさつ絵本『こんにちは、ばいばい』

コミュニケーションが身に付くあいさつ絵本『こんにちは、ばいばい』

大人気絵本作家のサトシンさんと北村裕花さんがタッグを組んだあいさつ絵本「こんにちは、ばいばい」が2019年6月3日(月)に発売されました。コミュニケーションの基本となる挨拶を、クイズをしながら楽しく学べる絵本です。

2019-06-04更新

『こんにちは、ばいばい』

人気絵本作家がコラボ!楽しく挨拶を学ぼう

創業111年の歴史ある老舗出版社「株式会社神宮館」が絵本の出版をスタート! その第1弾として『うんこ!』などの絵本で有名なサトシンさんと、『おにぎりにんじゃ』で第33回講談社絵本新人賞佳作を受賞した北村裕花さんがコラボした絵本『こんにちは、ばいばい』が、2019年6月3日(月)に発売されました。

主人公が森で出会ったいろいろな動物たちに挨拶をしていくストーリーで、絵本を読むことで自然とコミュニケーションの基本が身につきます。カラフルな色を使った明るいイラストが特徴で、登場する動物もネズミやネコなど身近な小動物が多く、子どもが親近感を持ちやすいよう工夫されています。

子どもの大好きな動物とクイズがたくさん!

『こんにちは、ばいばい』は、ただ挨拶をするだけではなく、動物の鳴き声をヒントに動物を当てるクイズも楽しめます。絵本の最後には、登場した動物を振り返るクイズもあり、親子のコミュニケーションを育むと同時に子どもの記憶力育成にも繋がります。

「株式会社神宮館」では今後、自然や生き物、四季、食、しつけ、遊びをテーマにした絵本を刊行予定とのこと。「あいさつ絵本」シリーズ2作目となる『みんなありがとう』も2019年7月下旬に発売予定とのこと。こんにちは・ばいばい・ありがとう…コミュニケーションの基本となる挨拶を親子で楽しみながら学べる絵本なので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

関連情報
https://shop.jingukan.jp/konnichiha-baibai
▼合わせて読みたい記事もチェック!

powerd by babycome