ベビカムニュースベビカムニュース

検索
>
> 2019年に人気の子どもの習い事は?「ピアノ・エレクトーン離れ」も

2019年に人気の子どもの習い事は?「ピアノ・エレクトーン離れ」も

4月に入園・進級を迎え、そろそろ生活も落ち着くころ。子どもの習い事を検討中の家庭も多いのではないでしょうか。「2019年子どもの習い事調査(子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』調べ)」の結果から人気の習い事や始める年齢・予算について紹介します。

2019-04-25更新

2019年習い事調査

人気NO.1は水泳!ピアノ・エレクトーンの人気は低迷…

「2019年子どもの習い事調査(子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』調べ)」によると、最も人気のある習い事は「水泳」で、調査対象となった586人のうち約4割の子どもが水泳を習っているという結果に。「水泳」は同調査で2017年・2018年・2019年と3年連続1位となっており、根強い人気がうかがえます。

第2位は「学習塾・公文」、第3位は「英語」と続き、第4位は「ピアノ・エレクトーン」。注目すべきは「ピアノ・エレクトーン」で、2017年は第2位、2018年は第3位と、年々順位が下がっています。「ほとんどの習い事が時系列で見てそれほど変動がない中、『ピアノ・エレクトーン』は年々減ってきている」そうで、「ピアノ・エレクトーン離れ」が進んでいると言えます。

そのほか、スポーツ系では体操やサッカーやチアダンス、文科系では書道・習字やそろばんなどが人気を集めました。

子どもに習い事をさせる理由については、「継続することや努力することの大切さを学んでほしい」「好きだと思えることや夢中になれることをみつけてほしい」という意見が多く見られました。子どもの心の成長や、習い事を通じて好きなことを見つけることを重視しているパパママが多いことがわかります。

始める年齢・予算・習い事の個数もチェック!

「子どもに習い事をさせていますか」という質問では、2歳で3割、3歳で4割の子どもが習い事をしているという結果になりました。その後、4歳になると習い事をしている子どもの割合が半数を超え、5歳では8割近くに。自立心や理解力が高まる4歳〜5歳頃に習い事を始める子どもが多いようです。

子ども一人にかける習い事の月額費用は、2万円未満が8割以上を占め、5000円〜7000円未満が18%、7000円〜1万円未満が21%、1万円〜2万円が26%と1万円前後を負担している家庭が多いよう。

習い事の個数は、2歳以下は7割の家庭で1つのみですが、年齢が上がるにつれて数が増え3歳〜5歳では2つが29%、6歳〜8歳では2つが39%、3つ以上が26%という結果になりました。

子どもの習い事を検討中のパパママはぜひ参考にしてくださいね!

関連情報
https://iko-yo.net/press/releases/384
▼合わせて読みたい記事もチェック!

powerd by babycome