ベビカムニュースベビカムニュース

検索
>
> 時計の読み方&英語を学べる絵本が発売!「とけいワーク」無料DLも

時計の読み方&英語を学べる絵本が発売!「とけいワーク」無料DLも

時計の読み方を子どもに教えるときに役立つ知育絵本『こどもずかん とけい 英語つき 新装版』が、学研プラスから発売されました。QRコードから無料ダウンロードできるワークも付属しているので、楽しみながら時計の読み方&英語を身につけましょう!

2019-03-06更新

『こどもずかん とけい 英語つき 新装版』

カチッと針が動く!時計で遊びながら学べる絵本

株式会社学研プラスから、幼児~小学校低学年の子どもを対象とした『こどもずかん とけい 英語つき 新装版』が発売されました。シリーズ累計200万部を突破した「こどもずかん英語つき」シリーズの、時計や時間が学べる知育絵本です。

最大の特徴は、短針と長針が連動して1分刻みでカチカチ動く精度の高い時計です。針を触って合わせながらカチカチと動く針の音や指先の感覚を通して、楽しみながら時計の読み方を学べます。お子さんと一緒に、絵本のストーリーに合わせて時計の針を動かしてみましょう。

時間の表記にはそれぞれデジタル・アナログ両方の表示があるので、どちらの読み方もしっかりと学ぶことができます。また、目覚まし時計は「alarm clock」、腕時計は「wrist watch」など、英語にも自然にふれることができます。

無料ダウンロードできる30問の「とけいワーク」も!

付属リーフレットのQRコードからダウンロードできる「とけいワーク」は全30問あり、すべて無料でダウンロードできます。外出先での待ち時間などにスマホやタブレットに表示すれば、楽しみながらお子さんの学習をサポートすることもできますね。また、プリントアウトして、ワークに直接答えを書き込めば、より一層お子さんの理解も深まります。

ワークの問題は「○じ」を問いかける難易度の低い問題から、「○じ○ふん」・「○じ○ふんまえ」と、2通りある答えを問いかける難易度の高い問題も用意されています。ワークを通して、時計の読み方をさらにしっかりと定着させることができます。

時計が読めるようになると、生活リズムを整えたり、時間を決めて何かをする習慣をつけたりすることがしやすくなります。お子さんの入園・入学前の時計の勉強に、ぜひチェックしてみてくださいね!

関連情報
https://hon.gakken.jp/book/1020492700
▼合わせて読みたい記事もチェック!

powerd by babycome