ベビカムニュースベビカムニュース

検索
>
> 花粉症の親を持つ子どもの約6割が発症…!?幼児での発症が最多

花粉症の親を持つ子どもの約6割が発症…!?幼児での発症が最多

花粉症の方々にとって、花粉の季節はとても辛いものです。近年の調査結果では、幼児が花粉症を発症するケースが増加しており、若年化が懸念されています。親子で花粉症に苦しまないよう、屋内外での花粉症対策が必要です。

2019-03-05更新

親が花粉症だと子どもも花粉症になる可能性が高い!

花粉対策と床掃除に関する意識調査
長年花粉症に悩まされているママは、子どもも花粉症になるのではないかと心配になるもの。

「アイロボットジャパン合同会社」が育児中の30代~50代の既婚女性で自身が花粉症であると回答した600名を対象に「花粉対策と床掃除に関する意識調査」を実施したところ、「花粉症の親を持つ子どもも花粉症である/花粉症と思われる」と回答した人が66.2%と、親が花粉症だと子どもも高い割合で花粉症になる可能性があることがわかりました。

また、子どもの花粉症発症時期については、乳児5.5%、幼児27.2%、小学校低学年21.4%と幼児期が一番多く、10歳以下での発症が半数以上を占める結果となりました。

今や国民病とも呼ばれる花粉症ですが、子どもが小さいうちから親子で花粉症に苦しむケースも増えているようです。

ママたちがしている花粉症対策は?掃除は水拭きが大切!

屋内の花粉症対策同調査では花粉症対策方法についても質問しており、「外出時にマスクや花粉用メガネを着用」が72.2%と最も多く、「薬の服用」が59.3%、「 洗濯を外に干さない」が38.3%と続きました。

また、室内での花粉対策も約半数が実施しているという結果で、空気清浄機を使用している家庭が最多となりました。

その一方で、「室内の持ち込み花粉が床に溜まりやすいことを知ってはいるが、意識的に掃除をしていない」という家庭が42.0%という結果に…。2日に1回以上床掃除を行う家庭は約6割いるものの、花粉の除去に効果的な水拭き掃除をしている家庭は15.4%と2割以下でした。

専門家によると「家に入ったらすぐに手洗い、うがい、洗顔、をおすすめします。また、洗髪入浴も効果的ですし、窓も閉めておくのがおすすめです。布団を干すのも、このシーズンは室内干しにしましょう。また、まめにお掃除することは大切で、最後に水拭きで仕上げると床の花粉が除去されやすくなります」とのこと。

最近は床拭きができるロボット掃除機も発売されているそう。上手に活用しながら、屋内の花粉対策に努めましょう!

関連情報
https://www.irobot-jp.com/
▼合わせて読みたい記事もチェック!

powerd by babycome