ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 「手」と「あいさつ」がテーマ!木梨憲武さんの書き下ろし絵本が発売

「手」と「あいさつ」がテーマ!木梨憲武さんの書き下ろし絵本が発売

木梨憲武さんによる書き下ろし絵本『きもちのて』が、2019年7月12日(金)に発売されました。色彩鮮やかな「手」と、テーマとなる「言葉」で構成されたストーリーのない絵本は、親子で一緒に読みながら会話を楽しむ“コミュニケーション絵本”としてオススメです。

2019-08-04更新

きもちのて

あいさつやさまざまな感情を「手」で表現した絵本

木梨憲武さんは、お笑いコンビ「とんねるず」で芸人として活躍する一方、自身のアトリエを持ち、画家としても活動しています。株式会社双葉社より発売された『きもちのて』は、木梨さんがこれまで絵のモチーフとして大切に描いてきた「手」と、「あいさつ」をテーマにした絵本。

「こんにちは」「おはよう」などのあいさつ、喜怒哀楽や「すきだよ」といったさまざまな感情が、鮮やかな色彩で描かれた「手」で表現されているのが特徴です。

親子で一緒に読みたい“コミュニケーション絵本”

絵本の出版にあたり「うれしいときも、悲しいときも、あいさつしたら心がつながる。ママもパパも、ボクもワタシも、ともだちも。この絵本を通じてたくさんきもちを伝えあってほしい」とコメントした木梨さん。

決まったストーリーがない『きもちのて』は、親子で一緒に読みながら会話する“コミュニケーション絵本”として、まだ言葉を知らない小さな子どもから大人まで、幅広い年齢の人が楽しめるのが大きな魅力です。

2019年7月13日(土)~9月8日(日)に、浜松市美術館で開催中の「木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-」では、この絵本のために描いた作品の原画が展示中です。木梨さんの展覧会には親子での来場者も多いそう。お近くの方は、親子で実際の作品を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

関連情報
https://www.futabasha.co.jp
▼合わせて読みたい記事もチェック!

関連するキーワード

powerd by babycome