災害(火事・地震・水害など)(さいがい)

子ども連れで逃げるときの危険を避けるポイント

火事の場合


 気道熱傷や煙による窒息など、子どもは大人より被害を受けやすいので、注意します。
図「火事の場合」
 煙より体を低くして、ぬれタオルなどで口をおおい逃げます。

地震の場合


 重量物からなるべく離れ、子どもが押しつぶされないように保護します。

水害の場合


 かならず子どものそばにいて、子どもだけにならないようにします。また水にぬれたとき、低体温にならないように保温に気をつけます。

子どもがけがをしたとき


子どもを安全な場所に避難させます。
図「子どもがけがをしたとき」
救護施設や医療機関へいければ、そこでけがに応じた処置が行われます。
 意識障害や骨折など、大きなけがだと親も動揺します。すぐに手助けしてくれる人をさがし、きてもらいます。
 やけどをした場合は、まず冷やし、水疱(すい・ほう)はつぶさないことが大事です。
 軽いすり傷、切り傷では、水があれば汚れを流し、消毒します。出血していれば止血(「大出血を止める」)をします。
 医療機関へいくことができるような状態でなければ、できるだけ安全な場所に運び、復旧を待ちます。

心構えのポイント!


★集合場所の徹底


 子どもにとって、親がいっしょにいるということはなによりも安心なことです。災害時の集合場所、連絡の取り方など、きちんと決めておきましょう。

★家具の固定と必需品の備蓄


 地震に備え、家具や食器棚の扉などはしっかり固定しておきます。
 赤ちゃんのいる家庭では、人工乳と調乳用の飲料水、おむつなどは、最低限必要です。そのほか、衣類、飲料水、食料、医薬品などは常備しておきます。
図「必需品の備蓄」

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

応急手当て 災害時 火事 地震 水害 備蓄 地震の備え 台風
ベビカム医学辞典
powerd by babycome