性感染症の場合(せいかんせんしょうのばあい)

 性交で細菌などに感染して起こる病気を性感染症(STD)と呼びます。昔からある梅毒などは減る傾向にありますが、最近はクラミジア腟炎、性器ヘルペスなどがふえています。B群溶連菌感染症、B型肝炎、HIV(エイズ)は性行為でも感染します。
 また、これらの病気は母子感染します(「母子感染による病気」)。胎内感染は少なく、ほとんどが分娩時の産道感染です。多くは妊娠中に完治すれば問題ないのですが、気づかず手遅れになることもあります。なにより感染予防が大切です。感染がわかったときは、パートナーもいっしょに治療します。

クラミジア腟炎

 お母さんが感染しても無症状のことが多いため、治療が遅れることがあるので注意します。流・早産や前期破水の原因になり、また産道感染すると赤ちゃんが肺炎や結膜炎を起こすので、病院で処方された抗生物質を飲んで妊娠中に完治させます。

性器ヘルペス

 お母さんが感染すると37~39度の熱がでて、外陰部や腟に水疱ができ、太もものリンパ節がはれます。産道感染すると新生児ヘルペス感染症になり、進行すると70%は死亡します。薬で治療しますが、産道感染が心配な場合は帝王切開になります。

尖圭コンジローマ

 お母さんの外陰部や腟内に良性のイボがたくさんできて、かゆみや痛みをともなうことがあります。産道感染すると、新生児ののどに良性の腫瘍ができます。分娩時までに完治させれば問題ないので、イボを電気で焼くなどの治療を行います。

梅毒

 お母さんが感染すると太もものリンパ節がはれるなどしますが、多くは血液検査でみつかります。赤ちゃんへは胎内感染がほとんどで、産道感染が起こるのはまれです。妊娠中に薬を使って治療すれば、母児ともに問題が起こることはほとんどありません。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

HIV HIV STD クラミジア クラミジア腟炎 産道感染 性器ヘルペス 性行為感染 前期破水の原因 早産の原因 胎内感染 梅毒 B型肝炎 B群溶連菌感染症 ヘルペス 母子感染 流産の原因

関連記事

「性感染症(STD)」
「妊娠中のトラブルと赤ちゃんの健康」
「切迫流産・切迫早産」
「前期破水は早産の原因に」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome