うつ伏せ寝は医師のOKをもらってから(うつぶせねはいしのおーけーをもらってから)

 赤ちゃんをうつ伏せ寝にするのは、基本的に避けましょう。乳(幼)児突然死症候群(「乳(幼)児突然死症候群」)というこわい病気の原因は、うつ伏せ寝、母乳以外によるほ育、お母さんや周囲の人たちの喫煙などが関係していることがわかっています。日本でこの病気で死亡した赤ちゃんは1997年に約600人でしたが、前述の3つをやめるキャンペーンを開始した1999年以降減り続け、2007年には全国で158人に減りました。
 しかし、吐きやすい赤ちゃんや未熟児の場合は、うつ伏せ寝のほうが育てやすいことがあります。胃から腸へお乳の流れがよくなり、げっぷもでやすくなって呼吸もらくになることが多いのです。したがって医師のOKがでたら、かためのふとんかマットレスの上に寝かせて、うつ伏せ寝にしてもよいでしょう。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

SIDS うつ伏せ寝 喫煙 呼吸停止 受動喫煙 人工乳 乳幼児突然死症候群

関連記事

「生まれたばかりの赤ちゃん ちょっと気になる体の心配」
「新生児の病気」
「早期産の低出生体重児に多い病気」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome