新生児ヘルペス(しんせいじへるぺす)

どんな病気?


性器ヘルペスは性感染症の一種で、赤ちゃんが感染すると、全身のヘルペスで多臓器不全におちいり、1日~数日で死亡します。

原因


母親の性器についたヘルペスウイルスが、経腟で出産することにより、生まれてくるときに赤ちゃんに感染します。母親にとっては自覚症状がほとんどない軽症の病気です。母親がはじめて感染した場合は免疫がないので、妊娠中に胎児に免疫が移行せず、胎児への感染の確率が高くなります。しかも胎児のほうに症状が強くでます。

治療


 母親の性器にヘルペスが発見されれば帝王切開で出産しますが、病気に気づかないまま経腟分娩で生んで感染し、赤ちゃんを死亡解剖して病気がわかることがあります。
 赤ちゃんの治療薬には点滴の抗ウイルス剤がありますが、容体が悪化してからの治療では間に合う可能性は少なく、死亡することがよくあります。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

ヘルペス 性感染症 赤ちゃんのヘルペス STD 母子感染 出産 産道 分娩 新生児ヘルペス

関連記事

「性感染症(STD)」
「性感染症の場合(妊娠中)」
ベビカム医学辞典