心臓マッサージ+人工呼吸(しんぞうまっさーじじんこうこきゅう)

人工呼吸と心臓マッサージを組み合わせて行う


 呼吸や反応がない場合は、人工呼吸と心臓マッサージを交互に行います。人工呼吸を省略して心臓マッサージのみ行っても効果はあります。

8歳以上の場合


 口対口人工呼吸を2回行い、呼吸や反応があるかどうかを調べます。
図「8歳以上の場合①」
 呼吸や反応がなければ、心臓マッサージを30回行います。
 つぎに、口対口人工呼吸を2回、心臓マッサージを30回行い、以後は、その組み合わせを4サイクル行ったあと、呼吸や反応を10秒以内で確認します。
 心臓マッサージを行うときのリズムは、1分間に100回ぐらいがめやすです。
図「8歳以上の場合②」

1~8歳ぐらいの場合


 人工呼吸を2回行い、呼吸や反応をみます。
 呼吸や反応がなければ心臓マッサージを5回行います。つぎからは人工呼吸1回、心臓マッサージ5回の組み合わせをくり返します。
 心臓マッサージの速さは、1分間あたり約100回です。
図「1~8歳ぐらいの場合②」

1歳ぐらいまでの場合


 1~8歳ぐらいとほぼ同様に、まず人工呼吸を行って呼吸や反応をみます。
図「1歳ぐらいまでの場合①」
 生後28日未満の心臓マッサージは1分間あたり約120回、心臓マッサージ3回、人工呼吸1回の組み合わせです。
図「1歳ぐらいまでの場合②」

1分間行い、呼吸や反応をみる


 心臓マッサージと人工呼吸を交互に、1分間くり返して行います。2~3分ごとに呼吸や反応を確認します。呼吸や反応が回復したら、人工呼吸を続けます。呼吸や反応がもどらない場合は、心臓マッサージと人工呼吸をくり返します。
 呼吸や反応が十分に回復するまで、そして救急車や医師がくるまでがんばりましょう。
図「人工呼吸と心臓マッサージを行うときの回数とリズム」

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

救命手当て 心臓マッサージ 人工呼吸 リズムと回数 息をふきかえす 蘇生法 救急 呼吸困難 心肺停止 心肺蘇生法 心停止 脈拍
ベビカム医学辞典
powerd by babycome