心臓マッサージを行う(しんぞうまっさーじをおこなう)

 呼吸や反応がないときは、心臓マッサージと人工呼吸を行います。

心臓マッサージを行う部位をさがす


1歳以上の場合


①圧迫する部位をさがす


 心臓マッサージで圧迫する部位のめやすは、左右の乳頭を結ぶ線のまん中の胸骨です。

②両手を組み合わせて置く


 圧迫する部位がわかったら、そこに、手のひらをかさねて置きます。これで心臓マッサージの準備がととのいます。
図「心臓マッサージで圧迫する部位」

1歳ぐらいまでの乳児


 両乳首を結んだ線のほぼまん中の胸骨が、心臓マッサージで圧迫する部位です。

心臓マッサージを行う


8歳以上の年長児


①両腕を胸に垂直に置く


 8歳以上の小児に対する心臓マッサージは、成人のそれに準じます。
 両肩が子どもの胸の真上に、両腕が子どもの体に垂直になる位置で、片方の手のひらの肉の厚い部分を置き、その上にもう一方の手のひらをかさね、指を組みます。
 その際、組んだ指先は、子どもの胸につかないように、少し浮かせるようにします。
図「年長児への心臓マッサージ①」
図「年長児への心臓マッサージ②」
8歳以上になると体重は25kgを超えるようになり、体格的にもたとえば心臓マッサージを片手で十分に行えなくなることが多いため、成人と同じ心肺蘇生法が適応できる年齢をおおよそ8歳以上としました。ただし、10歳以上でもきわめて小柄であれば、小児の心肺蘇生法を適用したほうがいいでしょう。

②肘を伸ばして胸を押す


 肘を伸ばしたまま体重をかけ、胸が3.5~5cmへこむくらいに押します。肘を曲げたり、力が足りなければ、効果があがりません。

③手を胸から離さず、力を抜く


 手のひらを子どもの胸から離さないようにして、胸が元の高さにもどるまで力を抜いていき、そのままの位置で、再び圧迫する動作をくり返します。その際、1分間に約100回のリズムがめやすです。
 押す時間と力を抜く時間が同じになるようにリズミカルに圧迫します。

1~8歳ぐらいまで


 片方の手のひらの肉厚の部分で、1分間に約100回の速さで、胸の厚さのおよそ3分の1の深さにくぼむまで圧迫します。ただし、心臓マッサージを行う人の力の強さはまちまちなので、片手にこだわらず両手で圧迫してもかまいません。胸の厚みが3分の1程度へこむ力で押すことが大切なのです。
図「1~8歳くらいまでの心臓マッサージ」
指先は胸につけません。

1歳ぐらいまでの乳児


 2~3本の指で、胸の厚さのおよそ3分の1の深さにくぼむまで、1分間に少なくとも約100回(生後28日未満では約120回)の速さで圧迫します。
 心臓マッサージと人工呼吸は、呼吸や脈が十分に回復するまで、救急車や医師が到着するまで続けましょう。
図「乳児への心臓マッサージ」

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

救命手当て 心臓マッサージ 人工呼吸 リズムと回数 息をふきかえす 蘇生法 救急 呼吸困難 心肺停止 循環のサイン 心肺蘇生法 心停止 脈拍

関連記事

「人工呼吸を行う」
「心臓マッサージ+人工呼吸」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome