ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 妊活あるある【261】町で見かける働く妊婦さんをただただ尊敬!

妊活あるある【261】町で見かける働く妊婦さんをただただ尊敬!

結婚を機に夫とともにあらゆる治療にチャレンジ。転院6回、治療歴10年……長きに渡る妊活のあれこれを、前向きにほんわかと描く『ベビ待ち★Diary』。インスタグラム(@babycome_picdiarypre)フォロワー5000人突破!今後とも応援よろしくお願いします♪

2020-02-21更新

ベビ待ち★Diary あさのなぎさ

今まで見ていた光景だったけど実は物凄いことと気がつく

妊活絵日記261
町で見かける働く妊婦さん。こちらは歩くのもままならない受精卵を戻したばかりの状態。常に緊張状態の私からは想像できない凄いことをしている!とただただ尊敬し、頭が下がる思いでした。

#妊活絵日記 #ベビ待ち #不妊治療 #体外受精 #妊活Diary #ベビカム

※私が不妊治療をしていた期間は、2007年9月~2016年5月です。この体験記に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談です。
*あさのなぎさ*
神奈川県出身、石川県在住。10代のころから生理不順、おおらかな性格から(?)あまり深く考えてこなかったこともあり、不妊症であることが後に判明。転院6回、治療歴10年の間に、治療中の息抜きのしかた、病院や医師・スタッフとの巡り合わせの大切さを知る。自身の不妊治療経験を雑誌『赤ちゃんが欲しい』で4年に渡りマンガ連載。ときにしんどいベビ待ちさんの気持ちをほんわかと前向きに吹き飛ばす。現在、2児の母。Instagramアカウント:picdiary-pre