乳児HIV感染症(にゅうじえいちあいぶいかんせんしょう)

どんな病気?


いわゆるエイズと呼ばれる性感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。

原因


子宮内での感染は確率が低くて3割程度ですが、経腟分娩で生まれると、その過程で母親の血液にふれて感染する可能性があります。その場合の発症率は約3割です。

治療


妊娠中の検査で、母親が陽性であれば、帝王切開で出産します。赤ちゃんは出生直後に3回の沐浴、耳の穴の洗浄、胃の洗浄、腸の洗浄をして母親の血液をよく洗い流し、予防のために薬剤を投与します。その後は小児科で、定期的に血液検査をしながら経過をみていきます。妊娠中に有料または無料で検査します。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

エイズ 性感染症 HIV HIV 赤ちゃんのエイズ STD 母子感染 出産 産道 分娩 乳児HIV感染症 乳児HIV感染症

関連記事

「性感染症の場合(妊娠中)」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome