新生児仮死(しんせいじかし)

どんな病気?


酸素が胎盤から十分に供給されず、胎児が仮死状態で生まれてくるものです。

症状


仮死の程度は、全身症状でみるために評価がむずかしく、世界的にアプガースコアを使って診断されています。表「アプガースコア」アプガースコアとは、心拍数、呼吸、筋肉の緊張、反射、皮膚の色の状態を点数で表すもので、合計点数が低くなるほど仮死の程度が重く、危険な状態といえます。

原因


分娩の途中で臍帯がねじれたり、圧迫を受けたりして血液の流れが悪くなり、酸素が胎盤から胎児へ十分供給されない場合に起こります。

治療


アプガースコアの点数に応じて、蘇生などを行います。命をとりとめても、仮死状態は全臓器や脳に強い影響を与えるため、重い障害が残ることがあります。最悪の場合は死亡します。

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

死産 仮死 新生児 赤ちゃん 胎児 新生児仮死

関連記事

「胎児仮死への医学的な対応」
「分娩時のトラブルと赤ちゃんの健康」
「帝王切開でも赤ちゃんは元気」
ベビカム医学辞典
powerd by babycome